TOEIC公式問題集勉強法|点数アップの必須ルール

toeic

TOEIC公式問題集は、TOEICを制作しているETSという機関が公式に認めた問題集です。TOEICを受けたことがある人、TOEICの勉強をしたことがある人の多くは、公式問題集がTOEICを攻略する上で欠かせない問題集だと知っているはずです。

ここではTOEIC公式問題集を効率的に使う勉強法のルールを全13にまとめてみました。

これらのルールを守って勉強すれば、スコアアップは間違いありません!

記事内広告



TOEIC公式問題集勉強法 ルール全13選

TOEIC公式問題集勉強法 基本ルール 5選

1.公式問題集が使える英語力をつける

TOEIC公式問題集を解くには、少なくとも高校レベルの英語力が必要になります。そのレベルにならないと、いくら公式問題集を解いたとしても、消化不良になってしまい点数が伸びないということもあります。

ですので、まずは高校レベルの英語力を身につけましょう。そこまでの勉強法に関しては以下のリンクが詳しいです。

TOEICの準備 初心者が最初にやっておきたい参考書
TOEICを受ける前・対策をする前に英語の基本がある程度できていないといけません。TOEICでは、それほど難しい英単語や文法、構文解析などを...

2.一周目は自力で解いてみる

まず公式問題集を初めて解くときは、時間をキチンと計って200問連続で解くのをおすすめします。それから答え合わせをしてみましょう。まずはそこで自分の得意不得意がわかりますし、目標スコアも立てやすくなります。

その際、答えはマークシートを使うか、Excelのシートに解答を入力して記録しても良いでしょう。

僕がやっていたおすすめは、ExcelにAは1、Bは2、Cは3、Dは4と数字で入力していく方法です。Excelだと解答が半永久的に残せますし、間違えた数の計算などがしやすいです。パソコンを持っている人にはおすすめの方法です。

3.答え合わせで間違えた理由を知る

答え合わせをする際に重視する点は、

どうしてその問題を間違えたのか、時間が掛かってしまったのか、理由を知る。

ということです。

なぜ間違えたのかが分かれば、次は同じ間違いをしないようになるはずです。同じように、時間が掛かってしまった問題に関しては、次は時間を短縮して解答できるようになるのが、正しい勉強法というものです。

こうして勉強していくのは時間が掛かりますが、それでも何冊も問題集を解くよりはるかに効果的で、時間の短縮にもなります。

4.知らなかった英単語・表現はしっかり覚える

公式問題集を勉強していて出会った、未知の単語・表現はしっかり覚え、難しい構文などもしっかり理解するようにしましょう。

TOEICを攻略する上では語彙力はどうしても欠かせません。PART5の語彙問題などでは、英単語や熟語を知っているかどうかがスコアに響きます。公式問題集に出てくる英単語は本番でも出てくる可能性が非常に高いです。英単語帳を使って語彙力を付けるのも大切ですが、まずは公式問題集の語彙を完全にマスターしましょう。

またPART6やPART7ではTOEIC以外の英語の試験では滅多に見ないような表現も出てきます。そういった構文もしっかり理解し、応用が利くようにしておきましょう。

5.復習が一番大切

TOEICの勉強に限らないかもしれませんが、公式問題集の勉強では何より復習が大切になってきます。リスニングにしろ、リーディングにしろ、間違えたところをどうやって復習するかが最大のポイントです。

これを知らずに次々と問題集に手を付けるのは得策ではありません。中途半端な参考書が山のようになるより、覚えきった参考書が数冊あるほうが、金銭的な面だけでなく、効率的にも良いのです。

TOEIC公式問題集勉強法リスニング編 ルール4選

リスニング編の勉強法は上から順番にこなすようにしてください。

1.聴き取れるまで繰り返し何度も聴く

TOEIC公式問題集はTOEICと同じナレーターが、本番と同じようなスピードで英文を読み上げていきます。つまりこの音声が聞こえるようになれば、本番でもリスニングが出来るようになるというわけです。

この時大切なのは、

分からないところがなくなるまで聴く。

ということです。リスニングが苦手な人はここをはしょってしまいがちですが、ここがリスニングの勉強法の最初の山場です。人によっては、何十回と聴かないとダメだ、ということもありますが、集中してリスニングを続けていれば、いずれ必ず聴こえてくるようになります。

そうなればしめたもので、その後のリスニングも余裕を持って聴こえるようになりますし、自信もつきます。

2.音読をする

1.と同じくらい大切なのが音読を使った勉強法です。まずは音声を聴いた後に、スラスラ読めるまで音読してみましょう。

この時に気を付けるのは、音声と同じような発音をする。つまり、真似るということです。

真似て発音することによって、自分のリスニング力が上がるのが目に見えてわかるはずです。それに加えて、リスニングのスピードで英文を処理できるようになるので、リーディングスピードも上がるというおまけつきです。

まずはゆっくりからで良いので、最終的には音声と同じくらいのスピードで読めるようになりましょう。

3.音声に合わせて音読する

次に、音声に合わせて音読をします。いわゆるオーバーラッピングとかシャドーイングというやつです。まずはオーバーラッピングから始めましょう。

オーバーラッピングとは、スクリプトを読みながら音声に合わせて発音する勉強法です。

オーバーラッピングが終わったら、次はシャドーイングをします。

シャドーイングは、スクリプトを見ずに、音声が流れた数語後から追いかけて発音する勉強法です。シャドーイングはかなり難易度が高いので、すぐには難しいかもしれないです。

シャドーイングがしたいけど、公式問題集でシャドーイングをするのは難しいという人には以下の参考書をおすすめします。

この本は、他のシャドーイング本と比べるとかなり難易度が低いので、シャドーイングの初めの一歩に向いています。
これでシャドーイングの基礎を学んだら、公式問題集でも試してみましょう。

4.仕上げに音声の速度を上げて聴き取る

最後に音声の速度を上げてリスニングをします。ここまでできればリスニングパートの勉強としてはほぼやることがなくなります。

さて、音声の速度の上げ方ですが、以下のサイトに詳しく紹介されています。

TOEICリスニング必勝法:L450点を超えるための速聴トレーニング - レコメンタンク
TOEICのリスニングに特化した勉強法の解説です。リスニングセクション400〜450を目指し、TOEIC900点を超えたい人にオススメの記事です。人気アプリAudacityを使った速聴トレーニングの方法も解説しています。

このサイトのページにaudacityというソフトを使ったTOEIC公式問題集のリスニング勉強法が書かれています。

ぜひ、TOEICでリスニングパート450点以上を狙う人は、このサイトを参考にして見てください!

ここまでこなせば、ほぼTOEICのリスニングに関しては、勉強をすることがなくなります。

これ以上のリスニング力を付けたい人にはアルクのヒアリングマラソンがおすすめです。


ヒアリングマラソンはその名の通りヒアリングとスピーキングに特化している英語学習教材で、1年間で1000時間リスニングをするという、すさまじい勉強をすることになります。

ただし、1年間分だけ取って、何年間かに分けて勉強するのも、もちろんありです。僕は1年間コースを3年間かけてやっています笑

価格は高いですが、実際に英語の仕事をする人や、英語力を上げたい人にはとても良い教材です。



ads by google

TOEIC公式問題集勉強法リーディング編 4選

1.文法でわからないところはForestで確認

リーディングで文法的に分からないところは、勉強初期の頃は必ずみつかると思います。

そうしたときに使えるのがForestという文法参考書です。

この参考書はかなり有名なので、すでに持っている方も多いとは思います。基本的な文法事項について、これでもかというくらい解説付きで書いてあります。

この参考書のメリットは、文法事項を網羅していること。

デメリットは、文法事項が詰まっているので覚えにくいということです。

ですので、この参考書は丸暗記しようとは思わずに、TOEIC公式問題集の勉強をする上で分からないところが出たときに、索引から文法事項を探して、それを調べる。というような使い方にしましょう。

2.PART7はまず精読し、その後速読をする

リーディングパートはタイムマネジメントがとてもシビアです。TOEIC満点保持者でも、残り時間が数分程度しか残らないといいます。

理由はPART7の問題数の多さにあります。最後まで解ききれる人はめったにいません。

そこでですが、TOEIC公式問題集のリーディングパートを勉強する順番は、

  1. 精読
  2. 速読

という風にするのがベストです。

なぜ先に精読をするかというと、TOEICのリーディング問題の半分近くはとても簡単な問題でできているので、読み間違いをするのが一番スコアに響くからです。

確かにリーディングスピードは武器になりますが、ボロボロ問題を間違えながらリーディングをしているようでは、せっかくのリーディングスピードも台無しです。

まずは精読、次に速読。という勉強の順番を覚えておきましょう。

3.同じ英文を何度も読み返す

リーディングの問題を一度読んだら満足してしまう人がいますが、それは間違っています。

リーディングパートの英文は本番でも似たような問題が出てくる可能性が高いです。間違えた問題も、正解した問題も英文を何度も繰り返し読みましょう。

そうすると、似たようなパターンの問題に強くなりますし、リーディングスピードはぐんぐん上がっていきます。

これがTOEICのリーディングパートでは力を発揮するのです。

ですので、本番と類似した問題が出てくるTOEIC公式問題集の英文は、少なくとも十回以上は読み込みましょう。

それでも読み足りないときなどに、リーディングの参考書を使うようにしましょう。

TOEICリーディング参考書は以下のリンクが詳しいです。

TOEICリーディング勉強法|全レベル対象【最新版】
TOEICでリーディングパートが苦手な人は数多くいると思います。特に後半のPART7では次から次に英文が出てきますので、相当なリーディングス...

4.PART7は毎日継続して勉強する

リーディングは毎日勉強していないと、すぐに能力が落ちてしまいます。TOEIC公式問題集のリーディング問題は問題文の長さなどが、すき間時間にやるにはちょうどいいのです。

1日3本英文を読む

などでもいいので、毎日英文を読んでみましょう。そうする内にリーディングスピードも徐々に上がっていきます。

TOEIC学習者におすすめのアプリ



学習教材大手のリクルートが出している英語学習アプリ「スタディサプリENGLISH」です。新たに「TOEIC L&R対策コース」が出て、TOEIC学習者にとって更に効果的なアプリになりました。

リスニング・リーディング・文法と全ての対策がこれ一つでできますので、すき間時間を使ってスマートフォンで効率的に勉強ができます。初心者から上級者まであらゆる人におすすめできるアプリです。



ads by google

終わりに

これまで少し駆け足でしたがTOEIC公式問題集の勉強方法の鉄則についてまとめてみました。

このルールの中で、自分に欠けているものがあるな、と思ったら、そこがスコアアップの邪魔をしているところなのかもしれません。

ここで書いたことは、どれも誰もができることです。公式問題集を解くときは上記のことを意識しながら解いてみましょう。

Amazon Unlimited

シェアする

フォローする