TOEICの準備 初心者が最初にやっておきたい参考書

studying

TOEICを受ける前・対策をする前に英語の基本がある程度できていないといけません。TOEICでは、それほど難しい英単語や文法、構文解析などを要求されない代わりに、素早く解くことが必要になってきます。そこでは、少なくとも高校レベルの英語力が身に付いていないと、本格的なTOEIC対策をしようと思っても英語の土台が揺らいで勉強が効率的に進んでいかないのです。

ここでは、高校レベルの英語力を身につける最短距離の勉強法・参考書を紹介していきます。

記事内広告



TOEIC初心者が最低限こなしておきたい参考書・アプリ6選

ここでは、英単語・発音・文法・リスニング・リーディング・アプリの六分野に分けて参考書を紹介していきます。

TOEIC初心者向け英単語帳

TOEICはもちろん英語の勉強では英単語をマスターしておかないと話にならないところがあります。英単語を知らないと、聴き取れても意味がわかりませんし、リーディングでもその部分だけブラックホールになってしまうからです。

さらに英単語にはコロケーションや語法などもありますので、面倒くさいですが基本的には一つ一つ覚えていかないといけません。

ここでは中学~高校レベルで使える英単語帳を1冊紹介します。

この英単語帳は中学レベルから高校初級レベルまでの英単語を一挙にまとめてある便利な参考書です。CDが付属しているので、英単語の音声も確認することができます。やり直し英語などで初級の英単語を勉強し直したい人にはうってつけの、まさにTOEIC初心者にふさわしい英単語帳です。

この一冊をしっかり勉強すれば、TOEIC英単語帳につなげることができます。TOEIC英単語帳については次のリンクを参考にしてください。

TOEIC英単語帳おすすめ究極の9冊を紹介【最新版】
TOEICの勉強の中でも大切になってくるのが英単語の勉強です。英単語を集中的に勉強するとなると、英単語帳は必須です。ただし、...



スポンサーリンク

TOEIC初心者用発音の参考書

学校英語などでは発音はあまり習わない傾向にありますが、TOEICの勉強をする際に発音は極めて重要です。特にリスニングの勉強には、発音ができないと音読の練習で音声を真似ることができないため、効率的に勉強が進みません。

そこでTOEIC初心者用のおすすめ発音参考書を紹介します。

この発音参考書は英語の全ての母音と子音の発音を網羅しているので、発音の勉強はこれ一冊だけで済みます。しかも、発音の口の動きがわかるようにDVDまでついているので、発音の勉強が初めての人でもとてもわかりやすいようにできています。

この参考書で発音をしっかりマスターしてしまいましょう。発音記号が読め、無意識で正しい口の動きができるようになるのが目標です。

TOEIC初心者向け文法参考書

英単語同様、文法も英語を勉強する上での柱になってきます。正しい文法の理解は、文法問題を解くだけに限らず、リーディングなどの英文の解釈にも必須だからです。

ここでは中学レベルの英文法をマスターできる参考書を紹介します。中学レベルと言っても、中には難しい項目もありますので侮らないようにしてください。

この参考書の良いところは30日間で英文法の基礎を完全にマスターできるように作られているところです。中には高校で習うような項目もあり、やり応えは十分にあります。この一冊を完全にマスターすることがTOEICの文法の勉強の基本となるので、しっかり理解しましょう。

またKindle本としても読むことができるので、単行本を買わなくても良いというメリットもあります。音声も無料でダウンロードできるので、ここでもリスニングの勉強ができます。最後の章には英文解釈の基本まで載っているので、TOEIC初心者が文法の参考書を選ぶときはこの一冊がベストです。

TOEIC初心者向けリスニング参考書

TOEICリスニング勉強の最初の一冊で最も優れている参考書を紹介します。

この参考書はTOEICリスニングの基本的な問題を全パート網羅していて、TOEIC初心者のリスニング勉強の導入には最適な一冊です。旧形式の問題集なのですが、聴き取る力を上げるには新形式も旧形式も関係ありません。TOEICのリスニングパートではどういう問題がでるのか・リスニングのスピードはどのくらいなのかなど、この参考書で慣れてみてください。この時点では完全に聴き取れるようにする必要はありません。この一冊をやっておくとTOEICリスニングの基本ができてきます。

またこの本で発音の練習などもしてみましょう。普通の音読だけでなく、オーバーラッピングやシャドーイングなどもやっておけば、後の勉強にも役立ってきます。TOEICのリスニングの勉強法を確立しましょう。

TOEIC初心者がリーディングでつまづかなくなる参考書

TOEICのパート7のリーディングは高校レベルの構文が出てきます。それを正確に読むためには文法を駆使しながら、理論的に読めるようになる必要があるのです。次の参考書で、理論的に英文解釈ができるようになりましょう。

この参考書は高校初級から、ある程度高いレベルを目指して作られているリーディング参考書です。TOEIC初心者は上に書いてある、英単語帳・文法参考書をしっかりマスターしてからこの参考書に手を出しましょう。

この本で学ぶことは、英文解釈はどのようにして行っていくかという過程そのものです。ですので、ただ参考書にある英文の和訳を知るだけじゃなく、その和訳にたどり着くまでの過程をよく研究しましょう。

余談ですが、TOEICには和訳問題が出てきません。その代わりに、英文を英文のまま理解して、テンポ良く読んでいくリーディング力が求められます。この参考書ではまず正確な読解ができているかを試すために、客観的な問題ではなく、英文和訳の力を学びます。英文を英文のまま解釈するのはもう少し後のステップになります。まずはこの参考書で正確な解釈ができるようになって、TOEIC初心者から抜け出す準備をしましょう。


スポンサーリンク

終わりに

ここまでTOEIC初心者用のTOEICの準備用参考書について書いてましたが、有名な参考書も含まれていたので、「もうこの本は持っている。」という方もいるかもしれません。ですが、有効な参考書も持っているだけでは宝の持ち腐れです。

自分で、「完全に覚えた」と思ってから、更に追い込みをかけるくらい繰り返し勉強してみましょう。そういった参考書の使い方をすると、勉強の能率は更に上がっていきます。

Amazon Unlimited

シェアする

フォローする