新TOEICとは 新TOEICの基本的な特徴や内容を知ろう!

english

TOEICは対策が取りやすいテストです。しっかりとした勉強をしていれば、ハイスコアを短期間で狙うことも可能です。そのためには、まずTOEICテストがどういう内容で、どういう解き方をすれば良いのかを知らないといけません。この記事では、TOEICの内容を紹介したいと思います。

記事内広告



知っておくべき新TOEIC全体の特徴

TOEICは全7PARTから成る

ご存じの方も多いと思いますがTOEICは全7PARTでできています。PART1からPART4までがリスニングPARTでPART5からPART7がリーディングPARTです。それぞれの問題数は以下の通りです。

  • PART1 6問
  • PART2 25問
  • PART3 39問
  • PART4 30問
  • PART5 30問
  • PART6 16問
  • PART7 54問

合計すると200問で、リスニングPARTとリーディングPARTがそれぞれ100問ずつになっています。

新TOEICの試験時間

TOEICの試験時間は若干前後しますが、リスニングPARTが45分、リーディングPARTが75分のトータル120分です。2時間集中していないといけないので、かなりの集中力と持続力が必要になってきます。

TOEICは問題冊子に書き込みができない

TOEICでは問題冊子に書き込みをすることが一切禁止されています。そのためリスニングの内容をメモしたり、リーディングPARTで重要なところにアンダーラインを引いたりすることが出来ません。このことを知った上で勉強をしましょう.

TOEICは全問マークシート方式

これは知っている方がほとんどだと思いますが、TOEICは全問がマークシート方式になっています。そのため問題は客観式の問題で構成されています。

知っておきたい新TOEICリスニングの特徴

TOEICではリスニングは一回しか流れない

TOEICリスニングのナレーションは一度きりしか流れません。ですので、聞き漏らさないように常に集中していることが必要になってきます。

TOEICリスニングはイヤホンではなくスピーカーで流れる

TOEICの本番の試験ではリスニングはイヤホンなどではなく、スピーカーでナレーションが流れます。試験が近づいてきたら、リスニングをスピーカーで聴くようにすると良いでしょう。

知っておきたい新TOEICリーディングの内容

以前と比べて読む量が非常に増えてきている

リーディングPARTは短文のPART5の問題数が減り、長文のPART6とPART7の問題数が増加しています。またPART7の1問の英文の量が増えてきているので、リーディングPARTは時間との戦いになります。

以上が最初に知っておきたい新TOEICの問題の特徴や内容です。より具体的な解き方のコツや問題の解き方については、以下のリンクを参照してください。

新TOEIC対策 新TOEICリスニングの解き方のコツを知ろう!
新TOEICになってからリスニングPARTは難化しました。ここではリスニングPARTのPART別の問題の特徴や内容に加えて、解き方のコツを紹...
https://goh-english.com/strategy/toeic80/
Amazon Unlimited

シェアする

フォローする