TOEIC勉強のコツ8選 これを知れば勉強の効率も上がる

toeic

TOEICの勉強をするとき、どういった勉強がスコアアップに繋がるのかわからないということはないでしょうか?

TOEICの勉強は実は基本的なコツを押さえておけば、スコアアップ自体はそれほど難しくないのです。

この記事では、TOEICの勉強で最も大事な8つのコツをまとめてみました。

これを見ればもうTOEICの勉強の仕方で悩むことはなくなるはずです。

TOEICの勉強をするときの8つのコツ

コツ1.最初にTOEICの内容を知る

まずはTOEICの内容を詳しく知りましょう。TOEICの勉強をする前に、TOEICのテストの性格を知るのです。

ただし、ここではそれほど細かく問題の数などを知る必要はありません。問題の出題ポイントを知る程度で結構です。このステップを踏むことで、TOEICの勉強のポイントがわかってきます。勉強のポイントがわかると、何をどう勉強するべきかが見えてくるのです。

このコツを実践するだけで、TOEICの勉強効率が大きく変わってきます。

TOEICについて詳しく知るには以下のリンクを参考にしてください。

TOEICが新形式になった!新しくなったのはここだ!
TOEICは対策が取りやすいテストです。しっかりとした勉強をしていれば、ハイスコアを短期間で狙うことも可能です。そのためには、まずTOEIC...

コツ2.基本英単語と文法を最初に勉強する

次にTOEICの勉強に入っていきますが、英語の勉強が久しぶりだったり、今まで英語をあまり勉強してこなかった人は、基本英単語と文法から勉強していきましょう。

なぜこの2つを最初に勉強するかというと、基本英単語と文法がないと英文を聴くのはおろか、読むことさえできないからです。

基本的な英単語がわからないと、英文の意味は全くわかりません。同時に、文法がわからないと英文の構造がわからないため、英文を読んでもただの英単語の羅列としか見られなくなります。

要するに、英語を理解する一番大切な要素が基本的な語彙力と文法の力というわけです。

ですので、まずはこの2つを勉強していきます。

基本英単語と文法の勉強法については以下のリンクを参考にしてください。

TOEICの準備 初心者が最初にやっておきたい参考書
TOEICを受ける前・対策をする前に英語の基本がある程度できていないといけません。TOEICでは、それほど難しい英単語や文法、構文解析などを...

コツ3.参考書は一度に3冊まで

三つ目の勉強のコツですが、これは一度に使う参考書の冊数についてです。

一度に3冊までとなっていますが、これより多くの参考書を勉強しようとすると、どれもが中途半端になってしまう可能性が高いです。

参考書は数多くやるよりも、少ない冊数でも100%利用したほうが勉強になりますし、自信にもなります。これはどのレベルの人にも当てはまります。

参考書は一度に3冊までというルールを守りましょう。

コツ4.毎日少しでもいいので勉強を続ける

疲れている日など、勉強をするのが億劫になってしまう日もありますが、勉強は少しでも良いので毎日続けましょう。特に初心者の人に、このコツはあてはまります。

英語など、普段それほど使う機会がないものだと、1日2日勉強が途切れただけでも実力が急に下がってしまうことがあります。それを防ぐためには、毎日勉強をするしかないのです。勉強といっても、本当にやる気の出ない日は、リーディングを1問解くだけ・リスニングを軽く聴いてみるだけ、でも十分です。

全く勉強しない日を作らないというのが4つ目の勉強のコツです。

コツ5.基本ができたら早めに公式問題集を解いてみる

これはTOEIC初心者にあてはまるコツですが、基本語彙と文法の勉強が済んだ段階で、早めに公式問題集を通しで1回解いてみましょう。

この時、点数が取れなかったといって悲観的になる必要はありません。これから勉強を続けていけば解けるようになりますから。

ここで大事なのは、自分の弱点を把握することです。どこのPARTで沢山間違えたのか、どこのPARTで時間が掛かったのか、などを知っておきましょう。

そうすると、これからどの分野から強化していくべきかがわかります。このコツを実践することで、勉強の指針が立てやすくなると言うことです。

コツ6.1つの問題に徹底して取り組む

このコツもどのレベルの受験者にも言えることです。

問題は解いたら解きっぱなしにせずに、何度も復習や音読をしましょう。

TOEICの勉強のコツは復習をしっかりして、1つの問題から2問分も3問分も学ぶことにあります。そうすることで、少ない冊数の参考書でも十分な力が付いてくるのです。

逆に解きっぱなしにすると、解いたことがあっても、近いうちに解いたことすら忘れてしまう可能性すらあります。そうすると、もはや勉強した意味すら無くなってしまいます。

解いた問題はキチンと復習して、次は間違えないように、次はより早く解けるようにしておきましょう。

コツ7.音読を中心に勉強する

コツ6でも少し触れましたが、TOEICの勉強で音読は大きなウェイトを占めます。

音読といっても、様々な音読が英語の学習法には存在します。

これらを取り入れることによって、勉強の効率が増し、1つの問題を深くまで掘り下げることができ、1つの問題から多くのことを学ぶことができるようになります。

TOEICの学習で特に大事なのは、リスニング強化のためのシャドーイングやオーバーラッピングです。この2つを実践するとしないとでは、リスニングの勉強効率が段違いに変わってきます。

シャドーイングについては以下の参考書に詳しいです。

コツ8.アプリも活用して勉強する

最後にアプリを使って勉強することをおすすめします。アプリの中でも僕が特にオススメしたいのは「スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース」です。

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースではTOEIC対策アプリにしては珍しく、映像授業を見ることができます。

TOEICの勉強を独学でしている人にとっては、映像授業を見ることは、今まで以上の理解に繋がりますし、モチベーションも上がってきます。

有料アプリですので月会費はかかりますが、十分元を取れる内容です。

毎日の勉強に、こうしたアクセントを取り入れても良いでしょう。

終わりに

TOEICの勉強のコツを8つ紹介しましたが、どれもが勉強の効率につながる大事な内容でした。

TOEICはできることなら短期間でスパッと成績を出すのが良いです。

ここで紹介したコツを上手く取り入れて、TOEICの勉強を加速させましょう!

シェアする

フォローする