TOEICリスニングで450点を越える勉強法と参考書おすすめ

englishリスニング
この記事は約9分で読めます。

TOEICリスニングの難易度は英語初心者にとってかなりキツいはずです。

ナレーションのスピードも速いですし、使われている表現なども学校英語で習ったものとは全く異なります。

しかし、TOEICリスニングは対策が立てやすくもあります。適切な勉強を続けていれば、スコアが必ずと言っていいほど上がるからです。

そこで、この記事では僕がTOEICリスニングで450点を取った勉強法を紹介します。この記事の通りに勉強が進めれば、リスニングPARTのスコアも上がるはずです。

スポンサーリンク

TOEICリスニング勉強法.1 まずは語彙と文法を勉強する

リスニングの勉強と聞くと、聴き取りの勉強に力を入れてしまいがちですが、まずは語彙力と文法力がないといけません。

語彙力と文法力がないと、耳で音を聞き取れたとしても、意味が理解できないからです。

TOEICリスニングを強化する単語帳おすすめ

高校初級の英語力がある前提ですが、英単語帳のおすすめはこれです。

Z会が出している速読速聴シリーズのTOEIC版です。CDが付いていて、長文の中で英単語を覚えることができます。

英文がPART別の形になっているので、PART毎に勉強することもできます。そして、音声もそれぞれのPARTに合っているので、語彙力の強化だけでなく、リーディング力、リスニング力も鍛えることができます。

繰り返し勉強して、音声と単語と意味を学習します。

TOEICリスニングを強化する文法参考書おすすめ

リスニングを強化する文法参考書と言っても、頭で文法をいちいち考えて理解しているようでは、リスニングのスピードにとてもついて行けません。

ここで言う文法理解というのは、瞬間的に文法の意味がわかることを言います。

次の参考書は英文法の力をリスニングに活かすのに最適です。

文法・構造・構文別 リスニング完全トレーニングの初級編です。

初級編とは言えそれなりに難しいので、リスニング初心者の人には大変かもしれませんが、ぜひこの参考書でリスニングが得意になって欲しいと思います。

僕はこの参考書の初級編ではない方を勉強して、リスニング力がかなり上がりました。

かなりの集中力を使う参考書ですが、その分勉強効果も高いです。リスニングの勉強の早い内に、文法とリスニングをリンクしておくと上達が早くなります。

後で述べますが、音読の勉強まですると完全に内容が身に付きます。

TOEICリスニング勉強法.2 音読で聴き取る力を改善する

音読はスピーキングの勉強じゃないかと思う方もいるかもしれませんが、実は音読はリスニングの勉強に向いているのです。

リスニングで、

「発音できる音は聴き取れる」

という格言があるのをご存じでしょうか。この格言が音読の重要性をまさに表しているのです。

発音のススメ

音読の勉強には発音の勉強が不可欠です。

発音の勉強には参考書を一冊こなしておけば十分なはずです。おすすめは次の参考書です。

最強英語発音メソッドの良いところは、インターネット上で動画で発音の仕方をチェックできるところです。
DVDなども必要ないので、声が出せるところなら、どこでも発音の勉強ができます。
この一冊で発音の勉強を終えてしまいましょう。

シャドーイングを学ぶ

ここからいよいよ音読のトレーニングを行っていきます。

シャドーイングとは、同時通訳者の勉強法で、耳で聞いた英語を少し遅れて発音する勉強法です。

集中が必要なため一度に長時間勉強するのは難しいですが、短時間でも聴き取る力が抜群に良くなります。

ただ、シャドーイングも独学でいきなりやろうとするのは難しいです。

最初は簡単なシャドーイングの参考書で練習してみるのをオススメします。

次の参考書は、シャドーイングのやり方をマスターできる優秀な参考書です。

TOEICリスニング勉強法.3 問題の解き方は究極のゼミで覚える

TOEICリスニングPARTで高得点を取るには、各PARTの参考書が必要です。

各PARTのベストな解き方を知らないと実力があってもスコアが伸びないことがあるからです。

そこでおすすめしたい参考書が究極のゼミシリーズです。リスニングPART対策には二冊あります。

究極のゼミはわかりやすいゼミ形式の解説が特徴です。

また問題のパターン毎に学習するのですが、TOEICのリスニングは問題のパターンがある程度限定されているので、リスニングPARTのほぼ全てのパターンを網羅できます。

難易度的には、公式問題集と同じかやや難しいレベルです。リスニングが得意な人なら、TOEICのリスニング対策の一冊目に持ってきても問題ないでしょう。

一冊毎の分量はかなりありますが、二冊しっかり勉強して、TOEICリスニングの解き方をしっかり身に付けておきましょう。

さらに、シャドーイングで仕上げておけば、この時点でTOEICリスニングPARTで400点レベルの実力が付きます。

TOEICリスニング勉強法.4 公式問題集で本番慣れを作る

TOEICリスニングで公式問題集はマストなアイテムです。日本では、TOEIC公式問題集が過去問のような存在なので、問題の傾向などをつかむには必須なのです。試験の時に過去問を解くのが当たり前なように、TOEICでは公式問題集を解くのです。

2018年12月現在で最新の公式問題集を二冊紹介します。

公式問題集は基本的には新しいものからやることをオススメします。

公式問題集はまずリスニングPARTもリーディングPARTも通しで時間を計って解きます。

解いて答え合わせをするところまでは誰もが同じだと思うのですが、実はここからの勉強方法が大切なのです。

公式問題集のリスニングPARTの勉強では、

  1. 分からない表現を確認する
  2. 聴こえなかった音を聴きとれるまで聴く
  3. シャドーイングなどの音読のトレーニングをする

というステップを踏みます。

公式問題集の詳しい勉強法については以下のリンクを参考にしてみてください。

TOEIC公式問題集勉強法|点数アップの必須ルール13選
TOEIC公式問題集は、TOEICを制作しているETSという機関が公式に作成した問題集です。 TOEICを受けたことがある人、TOEICの勉強をしたことがある人の多くは、公式問題集がTOEICを攻略する上で欠かせない問題集だと知ってい...

TOEICリスニング勉強法.5 難易度の問題集で高地トレーニングをする

TOEICリスニング勉強のラストは、難易度の高い問題集を使っての高地トレーニングです。

具体的には、次のような参考書を使って勉強をします。

「解きまくれシリーズ」はTOEIC参考書の中でも屈指の難易度を誇ります。

まず、ナレーションのスピードが抜群に速いです。公式問題集などよりもはるかに速いスピードで音声が流れます。

問題も作り込まれているので、半端な理解では正解できません。

残念な点は、問題集が旧形式だというところですが、そこには目をつぶってでも使う価値があります。

僕は「解きまくれ」を解いてからリスニングが450点に達しました。

もっと英語の実力があれば、公式問題集を解いたところで450点取れる人もいるでしょう。

でも、壁にぶつかってなかなか目標点数に到達できないという人もいると思います。

そういう人には、高地トレーニングをオススメします。

効果は抜群です。

シャドーイングまでできたら完璧だと思いますが、このスピードのシャドーイングは難しいかもしれません。

TOEICリスニングは努力次第で伸びる

TOEICリスニングPARTは努力が目に見えて結果に出てきます。

勉強方法が正しければ、勉強すればするほどスコアが伸びます。

ここで紹介した順番で、毎日勉強すればリスニングPARTは結果が付いてくるでしょう。

コメント