TOEICリスニング 驚くほど聞き取れるようになる対策がこれだ!

TOEICリスニングを初めて聞いて面食らった人は多いのではないでしょうか。初めてでは速度の速い会話とテンポで圧倒されてしまうのです。

それまであまりリスニングの勉強をしていなかった人ならなおさらです。

ではTOEICのリスニングはセンスがないと聞き取れないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません!

正しい勉強をして、正しい教材を使えばTOEICリスニングは聞き取れるようになるのです。

この記事では、TOEICリスニングが聞き取れるようになる勉強法やツールを完全紹介していきます。

TOEICリスニングが聞き取れない原因とは

TOEICリスニングが聞き取れない原因はなんでしょうか?

ここでは主な5つの原因を紹介します。1つでも当てはまった人は要注意です。

1.語彙力が足りない

語彙力が足りないとリスニングは理解できません。

なぜかというと、リスニングでいくら音がある程度正確に聞き取れたとしても、聞き取れた音が何を意味するかが分からないと、リスニングした音声全体の意味もわからないからです。リスニングはリーディング同様、語彙力が無ければ理解することが難しいのです。

TOEICリスニングに出てくる英単語のレベルはそれほど高くないですし、ある程度決まっているので、早いうちに意味を覚えてしまいましょう。

2.文法力が足りない

英文の意味を理解するには文法の力が必要です。リスニングでも同じことが言えます。

文法力が足りないと、リスニングの音が聞き取れて聞き取れた単語の意味がわかったとしても、英文として何を意味するかがわからないということになるのです。

これではいくらリスニングの勉強をしても、意味を理解できるわけがありませんよね。

TOEICリスニングの内容は文法的にはそれほど難しいことはありません。高校初級程度の英文法が分かっていれば、文法力としては十分です。

これも早いうちに勉強しておいて、リスニングの勉強にスムーズに入れるようにしましょう。

3.聞いた量が足りない

今度は音が聞き取れない場合です。

英語は音が結合したり消失したりするリエゾンという現象が頻繁に起こります。いくら単語を知っていても、英文法を分かっていても、単語の音自体が変わってしまうので聞き取ることは難しいです。

またTOEICリスニングはナレーションのスピードがそれなりに速いです。

聞いた量が少ないとリエゾンとTOEICリスニングのスピードには対処できないのです。

4.精聴した量が足りない

リスニングの勉強は初期の内は聞き流して勉強しても実力が付きません。しっかり1つ1つの音に集中して、精聴しなければならないのです。

「ネイティブの人や、海外で育った人は精聴なんかしてないじゃないか」

と思うかもしれませんが、そういう人たちは聞いた音の量が日本にいる人とは比べものにならないほど多いのです。とてもじゃありませんが、日本にいてはそういった環境は作ることができません。

日本で英語の勉強、特にリスニングの勉強をする場合、精聴をして知っている音を増やす期間がかならず必要になります。

TOEICリスニングが聞き取れるようになる3つのコツ

リスニングが聞き取れない原因は分かりました。それではどうすれば聞き取れるようになるでしょうか。

ここではリスニング力を上げる3つのコツを紹介します。

スキマ時間を活用してリスニングする

みなさんはリスニングの勉強をどこでしているでしょうか?

もちろん机に向かって音声を聞く時間も必要です。しかし、まとまった勉強時間が取れないという人も多いでしょう。

そういう人たちはスキマ時間を活用してリスニングすることをおすすめします。携帯型音楽プレイヤーやiPhoneなどに音声を入れて、普段の生活の中で空いている時間を見つけてはリスニングの勉強をするのです。

通勤・通学時間や、昼休みなど探してみればスキマ時間はいくらでも見つかるはずです。

リスニングに関しては、スキマ時間の活用が非常に大切です。

継続して勉強する

リスニングの勉強は継続が命です。

何日か集中して勉強しても、その後数日勉強を休んでしまっては実力は上がりません。

毎日少しずつでもいいので集中して勉強する時間が必要なのです。

勉強時間の確保には上にも書いたスキマ時間の活用が役に立ちます。いくら忙しい人でも、電車の中など、移動時間にリスニングを勉強することは可能なのです。

そして、勉強を継続してしばらくすると途端に英語が聞こえるようになってくる瞬間があります。それがリスニングのコツをつかんだ瞬間です。

意外とリーディング力が大事

リスニングを勉強する際に、忘れがちなのがリーディングの勉強です。

リーディングができないと、リスニングはできません。

なぜかというと、リーディングは同じ英文を何度も見直すことができますが、リスニングは1回限りしか聞くことができません。つまり、英文を1度見ただけで理解できる程度の英文理解力がないといけないのです。そして英文理解力はリーディング力と言い換えることができます。

TOEICリスニングではそれほど複雑な英文が流れることはないので、簡単な英文が読めるリーディング力を身に付けておくと、リスニングの勉強でスムーズに実力が伸びていきます。

TOEICリスニングが聞き取れるようになる具体的な対策

リスニングを聞き取るには、聞き取れない原因を無くして、継続して勉強することが大切です。ここでは具体的な参考書と対策を紹介していきます。

語彙力を身につける

 

語彙力が足りないとリスニングが聞き取れないということでしたが、ここでは語彙力を身に付ける最適の単語帳を紹介します。

金のフレーズはTOEICに頻出の単語をほぼ網羅していて、音声ダウンロードも無料でできるという優れものの単語帳です。

もし、語彙力が原因でリスニングが聞き取れないのなら、金のフレーズを1冊やるだけで、リスニング力がグンと上がります。

金のフレーズについて、詳しくは以下のリンクを参考にしてみてください。

TOEIC金のフレーズのレビューと正しい使い方【最新版】
多くのTOEIC受験者が使う英単語帳である通称「金のフレーズ」。 金のフレーズを使ってスコアが大きく上がったという人も少なくありませんが、使い方次第によってはその効果があまりでない人もいます。 そこで、この記事では金のフレーズの...

文法の基礎をマスター

文法力もリスニングを支える柱だと言いましたが、英文法はなかなか独習が難しい分野でもあります。

そこでここでは映像授業で勉強できるアプリを紹介します。

「スタディサプリENGLISHTOEIC対策コース」です。

スタディサプリTOEIC無料体験はこちらから

わかりやすく、頭に残りやすい映像授業で英文法が勉強できます。

1週間無料体験ができるので、その間に英文法をマスターするのもありですね。

また、後でも紹介しますが英文法を覚える以外にもスタディサプリTOEICはいろいろな使い方ができます。1週間無料体験をやって気に入ったら延長するというのもありだと思います。

発音も勉強する

発音の勉強はリスニングにおいて非常に大切です。発音ができると音も聞こえやすくなりますし、後で出てくるオーバーラッピングやシャドーイングなどの音読トレーニングの時に役に立ちます。

最強英語発音メソッドはウェブ上で動画を見て発音の勉強ができたりと、発音のポイントを非常に詳細に解説してくれるので初心者におすすめです。

発音の参考書は早めに1冊仕上げておくことをおすすめします。

リーディング力を付ける

リスニングの勉強でリーディング力が大切だと説明しました。そこでリーディングの勉強におすすめなのがこの「毎日の英速読」です。

リーディング本として難易度がそれほど高くなく、英文を早く読むことにフォーカスしているので、英文を読み上げるスピードの早いTOEICのリスニング対策に有効です。

もちろんリーディングPARTにも有効な1冊です。

少しずつ続けて、リーディングスピードを上げましょう。リーディングスピードが上がると、リスニングで英語を理解するスピードも上がります。

ディクテーション

リスニングの勉強法として有効なのが「ディクテーション」です。リスニングした音を字に起こしていくのですが、集中して聞かないと全ての音を聞き取るのが難しいため、ディクテーションをすると自然と集中してリスニングができます。その結果、リスニング力がぐいぐい上がるのです。

ただし、紙とペンだとなかなかやりづらい。

そういうとき、このRe-Startのディクテーションソフトが有効になるのです。

ディクテーションソフトはパソコンにインストールして使うソフトなのでパソコンが必須なので、もしパソコンがない場合は、「スタディサプリTOEIC」のディクテーション機能が役に立ちます。

スタディサプリTOEIC無料体験はこちらから

オーバーラッピング・シャドーイング

鬼の変速リスニング1

鬼の変速リスニング2

オーバーラッピングとシャドーイングは実際に発音してリスニングの勉強をする音読のトレーニングです。どちらも音声を聞いて、その音を真似て発音するトレーニングなので、集中力を使って音声を聞かないといけないため、リスニングが上達します。

また、正しい発音が身に付くため、発音を覚えるのが早くなります。

ただし、自己流でオーバーラッピングやシャドーイングをしてもなかなか身に付きづらいところがあります。

そこで紹介するのが「鬼の変速リスニング」です。

この参考書はシャドーイングやオーバーラッピングのやり方を音声で指示してくれる上、発音のポイントなども著者陣の会話の中で紹介してくれます。

会話の内容も楽しいので、楽しく勉強できます。

1冊が1ヶ月で完成するようになっているのですが、この本で紹介されている勉強法はこの先ずっと使えます。ぜひ手に入れて、オーバーラッピングやシャドーイングのやり方を学んでおきたいところです。

TOEICリスニングPART別おすすめ教材・参考書

TOEICリスニングPARTは1~4まであり、それぞれ内容が違います。

そのため、TOEICリスニングの参考書はPART別になっているものが多く、それぞれ手に入れる必要があります。

ただし、TOEICリスニングといっても参考書は山のようにあるので、自分で選ぶのは一苦労です。

ここからは、各パート別のおすすめ参考書と模試問題集を紹介していきます。

PART1.2

特急シリーズ

TOEIC参考書の中でも有名な特急シリーズの中のPART1.2の参考書です。

難易度は決して易しくはありませんが、ある程度基礎ができているなら初心者でも十分挑戦できるレベルになっています。

この2冊をしっかり聞き込んで解き方のコツまで学べば、PART1.2で8割近い点数を取ることができるようになります。

ボリュームはありますが、無駄な問題が一切無いので、全問全力で勉強しましょう。

音読して仕上げておくことを忘れずに。

TOEICテスト最強攻略PART1&2

最強攻略はPART1&2の参考書の中ではかなり難しめの部類に入ります。

1冊の中でもさまざまな音読のトレーニングを組み込んでいるので、全てやり切るにはかなり時間が掛かるはずです。

しかし、最強攻略に書いてある通りに勉強していけば、PART1.2で9割近い点数を取ることも可能です。

1つの問題から数問分のエキスを取り出すような音読のトレーニングはTOEICだけでなく実務でも役に立ちます。

内容が充実している1冊です。

PART3.4

究極のゼミPART3&4はTOEICリスニングPARTのPART3&4対策にもってこいの参考書です。

難易度は公式問題集と同じくらいで、本番に近いレベルです。

従って、全くのTOEIC初心者がリスニングの勉強の1冊目に選ぶのにはやや難易度が高めではあります。

究極のゼミが優れている点は、問題の解き方のコツと解説が非常に詳しいところです。どの問題もかなり詳しく解説してあるので、問題の理解がスピーディーに進みます。

また、ゼミ形式で問題の解き方のコツを紹介しているので、それがTOEICに慣れていない人には本当に参考になります。

PART1.2をある程度勉強して、リスニングの基礎ができたら、PART3&4用に究極のゼミPART3&4をやると良いでしょう。

解きまくれ

解きまくれシリーズは難易度が高いTOEIC対策本で有名なシリーズです。

このPART3&4ももちろん難易度が非常に高い参考書になっています。

まず、リスニングのスピードがとても速いです。とてもじゃないですけどシャドーイングができなさそうなレベルの速さです。

ただし、この速さに慣れると、本番のリスニングがとても簡単に感じます。慣れるまでには相応の時間が掛かりますが、慣れてしまえばTOEICリスニングPARTで9割以上のスコアが狙えます。

問題はそれほどひねりがないのですが、速い音声に耳を慣らすためのトレーニングとして解きまくれを使うのは非常に有効です。

リスニング模試

精選模試

TOEICテスト 新形式精選模試 リスニングはリスニングの厳選された問題だけ5セット、計500問解くことができます。

模試の難易度としてはやや難しめですが、ここまでに紹介した参考書でしっかり勉強していれば十分戦える力は付いています。本番よりやや難しい問題を解いて、レベルアップを図りましょう。

リスニングがある程度できるようになった人が、本番に似た環境の問題を解くために使うのが好ましいです。

でる模試700問

TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング700問はTOEICテストと同じ問題のセットが7セットも勉強できるというボリューム満点の模試問題集です。

もちろん中身も凝っていて、本番に出てきそうな問題ばかりで構成されています。

難易度はこちらもやや難しめで、本番より難しめの問題が出題されています。

難しいと言っても、「解きまくれ」ほど難しくはないので、その点は安心してください。

TOEIC800~900点台の人が本番用にトレーニングするのに向いています。

TOEICリスニングに役立つアプリ

ここからはTOEICリスニングに役立つアプリを紹介していきます。

無料

EnglishUpgrader

TOEIC presents English Upgrader

TOEIC presents English Upgrader
開発元:The Institute for International Business Communication
無料
posted withアプリーチ

EnglishUpgraderはTOEICの開発元が作っているアプリです。

無料にしてはボリュームがあり、さまざまなシチュエーションでのリスニングを体験することができます。どのシチュエーションもTOEICに出てきそうなものばかりですので、アプリで経験しておくことで、スコアアップにつながります。

無料のTOEICリスニングアプリを探しているなら、第一候補に上がるアプリです。

NHK WORLD RADIO JAPAN

NHK WORLD RADIO JAPAN

NHK WORLD RADIO JAPAN
開発元:NHK (Japan Broadcasting Corporation)
無料
posted withアプリーチ

NHK WORLD RADIO JAPANはNHKの外国の方に向けたラジオで、もちろん音声は英語です。

内容は日本国内のものが多いので理解はしやすいはずです。

そうは言っても、ラジオですので音声のスピードは速いです。少なくともリスニングPARTのスコアが350点以上の人向けのアプリです。

有料

スタディサプリTOEIC

スタディサプリTOEICはTOEIC対策アプリとして、有料のものでは一番といっていいほどコンテンツが豊富です。しかもコンテンツ1つ1つがスコアアップに直結するようになっているので、このサイトでもかなりオススメしています。

リスニングPART対策としても、ディクテーションやシャドーイング、パーフェクト講義での解き方のコツの説明と、隙が無いといっていい内容です。

1週間無料体験ができますので、一週間試してみて、続けられそうだったら有料会員になるといった使い方がよいでしょう。

スタディサプリTOEIC無料体験はこちらから

意外と知らないTOEICリスニングPARTの時間配分

リーディングPARTでは時間配分は自分次第ですが、リスニングPARTでは時間配分はあらかじめ決まっています。

PART1

PART1は最初に90秒程度の問題のディレクションがあったあと、約3分間で6問を解きます。

最初のディレクションは聞いてもあまり意味がないので、その間に写真を全て見ておきましょう。

PART2

PART2も最初に90秒のディレクションがあります。これも聞く意味はあまりないのですが、ディレクションが終わるタイミングは意識しておかなければいけません。

そうしないと最初の設問から聞くタイミングを逃してしまいます。

PART3

PART3からは先読みが重要です。設問を読み上げられる時間が1つにつき8秒程度なので3つの設問で計24秒の間に問題を解答し、次の設問の先読みを行います。

PART4

PART4もPART3と同様で、設問が1つ8秒で流れると言うことだけがポイントです。

後は先読みとリスニングと解答とをひたすら繰り返します。

TOEICリスニングを正しい勉強法と教材で聞き取れるようになろう

ここまで

  • リスニングが聞き取れない理由
  • リスニングが聞き取れるコツ
  • リスニングを聞き取るための対策
  • おすすめ参考書・アプリ
  • TOEICリスニングの時間配分

と盛りだくさんで紹介してきました。

内容が多岐にわたっていましたが、どれもリスニングの能力アップに役立つものばかりです。

TOEICリスニングといっても、基本はリスニング力が大切です。先読みなどのテクニックもリスニング力がなければ意味がありません。

まずは正しい方法で勉強し、リスニング力を上げ、聞き取れるようになることを目標にしましょう。

コメント