TOEIC900を狙え! TOEICリーディングで450点を越える勉強法と参考書おすすめ1

english
記事内広告



TOEICリーディングで450点を越えるとTOEIC900点が安定して狙える!

TOEICリーディングで450点を越えてくるとTOEIC900点が安定して狙えるようになります。TOEICリーディングは一般的にTOEICリスニングより点数が低いことがほとんどだからです。ですのでTOEIC900を狙うためにはTOEICリーディングで450を取ることはかなりのアドバンテージになるのです。

TOEICリーディングでは精読からはじめるのがおすすめ

リーディングPARTは時間との勝負になります。特にPART7の長文問題ではある程度のリーディングスピードがないとハイスコアは取れません。しかし、ここで質問したいと思います。PART7は速読だけに走っていても良いのでしょうか?
答えはNOです。

速読もTOEIC900を狙うには大切な要素ではありますが、それ以上に大切なことがあります。それは文章を正確に読み、内容をしっかり頭に入れることです。「なんだ、当たり前じゃないか!」とおしかりを受けそうですが、案外それが出来ていない人が多いのです。
僕がこの考え方を持ったのはこの参考書を読んでからです。この参考書を読んでからリーディングの点数が安定して高くなりました。

この本は旧形式の参考書なのですが、非常に負荷の強いリーディングの練習が含まれている参考書です。例えば、時間を計って文章を一度しか見ないで問題を解く、といったような内容です。問題自体は難しくはないのですが、文章を一度しか見ないで解くというのは非常に負荷が高く、集中して読まないと内容を覚えきれません。この参考書の言いたいことは、つまりリーディングスピードがいくら速くても、内容が頭に入っていなければ速く読んでも意味がないということです。なぜなら、内容が頭に入っていなければ選択肢を選ぶのに非常に時間が掛かってしまいますのでいくらリーディングスピードが速くても問題を解くのにそれ以上に時間がかかってしまいます。逆に言えば、リーディングスピードがそれほど速くなくても、問題をパッと見てパッと解ければ、時間の短縮につながるということです。これは正答率のアップにもつながりますし、スコアアップの大きな要素になります。

TOEICの英文の内容を頭に残すためにはどうすれば良い?

では英文の内容を頭に残すためにはどうすればよいでしょうか。英文の内容を頭に残すというのは、英文と質問文の目の行き来を少なくするためですよね。ですので、まずは1問目だけ質問文を読んでしまいましょう。それで、問われているところを覚えておいて、それが書いてある箇所に近づいてきたと思ったら、強く集中して読むのです。つまりメリハリをつけて読むと言うことです。TOEICは問われる内容がある程度パターン化されているので、ある程度問題をこなせば勘が働いて問われるところもわかってくるようになります。これが出来れば、PART7で問われている情報を正確にキャッチできます。
この続きの記事は次のリンクを見てください。

TOEIC900を狙え! TOEICリーディング450点を越える勉強法と参考書おすすめ2
TOEICリーディングで450点を越える方法の続きです。 前回の記事は以下のリンクで読めます。前回はTOEICリーディング...
Amazon Unlimited

シェアする

フォローする