TOEIC600点を最短で取るための参考書5冊と勉強法

reading TOEIC600点

TOEIC600点は英語初級~中級といったレベルのスコアです。それでも就職試験や転職の際に武器となります。

しかし参考書によっては、スコアアップがなかなか達成できないこともあります。TOEICの参考書は数多く出ているので、選ぶのも難しいですよね。

そこで、この記事ではTOEIC600点を最速で取るためのおすすめ参考書と、その勉強法を紹介していきます。

スポンサーリンク

TOEIC600点おすすめ参考書5冊+アプリ1つ

TOEIC600点おすすめ単語帳

TOEIC600点を取るのに最適な英単語帳は、TOEIC(R)テストやたらと出る英単語クイックマスターです。

この参考書は音声でそれぞれ英単語の解説がしてあるので、まるで英単語の授業を受けているかのような勉強ができることができる英単語帳です。解説を受けると、頭に残る定着度も高いですし、英単語の使い方もよく分かることができます。

収録単語数がそれほど多くはないのがデメリットですが、TOEIC600点レベルには十分対応しています。

TOEIC600点おすすめ文法参考書

TOEIC業界ではもう完全に知名度を確立したプラチナ講義シリーズの一冊、TOEIC(R)テスト英文法 プラチナ講義をおすすめします。

この参考書は、普段気付かないようなポイントに気付かせてくれる良書です。

受験者が間違えやすいポイントから、是非正解しておきたいポイントまで、TOEIC英文法の全分野がカバーされています。ボリュームはありますが、1冊こなしてしまえばTOEIC英文法で8割以上の点数が期待できます。

この参考書に限りませんが、TOEIC英文法の参考書を勉強するときは、解説を理解することを目標にしましょう。理解してしまえば、英文法を丸暗記する必要がありませんし、丸暗記するより頭に残るからです。

TOEIC600点おすすめリスニング・リーディング参考書

リーディング・リスニングの参考書にはALL IN ONEがオススメです。

TOEIC600点に向けてALL IN ONE のおすすめリスニング勉強法

上で述べたとおり、TOEIC600点を狙うにはリスニングで350点は欲しいところです。そこで、リスニングにはALL IN ONEを使いましょう。ALL IN ONEと後で紹介する公式問題集を2冊しっかりと勉強すれば十分です。

ALL IN ONEは少し長めの例文がたくさん並んでいて、それを覚えながらリーディングやリスニング、そして語彙力を付けていく参考書です。例文を読んだり、リスニングしたりする他にも、ディクテーションや、シャドーイング、スラッシュリーディングなどさまざまな勉強方法があります。その中でも、パソコンで使えるディクテーションソフトが付属していることがリスニング力を上げられること挙げられます。

ディクテーションとは、聞こえた英文音声を文字に起こしていくトレーニングです。集中してディクテーションをすればリスニングの力は一気に上がります。

TOEICリスニングで350点取るためには、普通レベルの問題をミス無く正答することが必要です。そのためには基礎的なリスニングの力がなければいけません。基礎的なリスニングの力を身に付けるためには、ALL IN ONEのディクテーションがベストなのです。

ただし先読みなどのテクニックはできた方がベターです。先読みとはPART3.4でディレクションや設問の音声が流れているときに、次の設問を読んでおくテクニックのことを言います。

ただし、先読みが有効になるのは音声が聞けてこそです。リスニングの基礎である聴解力がないまま、先読みの練習をしてもスコアは上がりません。まずはALL IN ONEのディクテーションで力をつけましょう。シャドーイングはこのレベルでは飛ばして構いません。

TOEIC600点に向けてALL IN ONEのおすすめリーディング勉強法

ALL IN ONEはリーディングの勉強にも役に立ちます。

使い方としては、スラッシュリーディングをすることがおすすめです。スラッシュリーディングとは、英文を細かく区切って読むことで、頭から順番に意味をつかむ読み方です。スラッシュリーディングをすることによって、英文を右から左に読み返すことがなくなり、リーディングスピードが上がります。ALL IN ONEに掲載されている英文はそれほど長くありませんが、1冊読み込めば、英文を理解する力とリーディングスピードは飛躍的に上昇します。

TOEICの問題の解き方については、公式問題集を解いて学習しましょう。

パソコンを持っていない人がディクテーションをするには

パソコンを持っていない人はALL IN ONEのディクテーションソフトが使えません。

そういう人は「スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース」を代わりに使いましょう。スマホ一台でどこででも、ディクテーションができるので、ALL IN ONEより使い勝手が優れています。

映像授業が見放題なので、TOEICの問題の解き方から文法まで、しっかりと理解して勉強することができます。

一週間無料体験ができますので、興味がある方は以下のリンクから、無料体験授業を試してみるのも良いでしょう。

スタディサプリTOEIC無料体験はこちらから

公式問題集

皆さんご存じの公式問題集の最新版です(2018年11月4日時点)。

できれば公式問題集は二冊ほどこなしておきたいところです。

TOEIC600点を取るための公式問題集の使い方

TOEIC600点を取るために有効な公式問題集の使い方を紹介します。

まずは1回通しで時間を計って公式問題集を解いてみましょう。

そして答え合わせをします。

答え合わせをしたら、各PART毎に正答数を出しましょう。そうすると苦手なPARTや得意なPARTがわかるはずです。

TOEIC600点を狙うには弱点を伸ばせ!

TOEIC600点レベルだと、苦手なPARTを対策する方が点数が上がりやすいです

ただしPART7は別です。あまり解けていなくても、PART7に時間をつぎ込むのは効率がよくありません。PART7は半分正解していれば十分でしょう。

その他のPARTは6割以上正解するのが目標です。特にPART1.5.6は苦手でも7割程度の正解を狙いたいところです。

TOEIC600点はリスニングを伸ばせば取れる!

前述の通り、TOEIC600点を取るにはリスニングPARTに重点を置いて勉強する必要があります。

PART1.2は点数が稼ぎやすいところですので、出題パターンを十分に把握して高得点を狙いましょう。特にPART2には頻出の問題パターンがあります。公式問題集を解けば、頻出パターンはほぼマスターできますので、何度も復習してパターンを覚えましょう。

PART3.4は先読みの練習と、聴き取りの練習を別にしてやっていきましょう。

まずは聴き取りの練習。何度か聞いたら音読も取り入れると効果的です。

そして先読みの練習。先読みのタイミングをつかみましょう。

リーディングPART対策

リーディングPARTは時間配分とイージーミスに気を付ければ、プラチナ講義と単語帳だけでPART5.6は十分7.8割正解できます。

PART7は公式問題集の解説と和訳を読みながら、何度も英文を読んでみましょう。この時は時間をかけてじっくり読みます。そして、正解の根拠になりそうなところなど、自分で癖をつかみましょう。

例えばEメールの問題だと、日付や宛名、差出人が正解の根拠になりやすい。などです。

これを公式問題集2冊でせめて2週はしてください。正答率がグッと上がります。

スポンサーリンク

TOEIC600点は通過点

TOEIC600点を取るための参考書を5冊とアプリ、そして勉強法を紹介しました。

TOEIC600点を取るためにそんなに参考書が必要なのかというと、絶対に5冊全てが必要なわけではありません。3冊やっただけでTOEIC600点を取れる人もいると思います。

でも、TOEIC600点はあくまで通過点です。ここから更にレベルアップするためには、この時点で地力を身につけておく必要があります。ここで基礎をしっかり固めておくと、そのあとのスコアの伸びも速いのです。

TOEIC600点はあくまで通過点だと思い、ここで紹介した5冊をマスターしましょう。

TOEIC600点
スポンサーリンク
ごうをフォローする
TOEICスコア完全向上委員会

コメント