TOEICリスニングの勉強をしているときに、「英単語は聴き取れるけど、これは何について言っているんだろう?」と思ったことはありませんか?その場合、英文を理解するための文法の力が弱い可能性が高い可能性が高いです。この記事ではTOEIC600点を目指すために必須な文法とリスニングのトレーニングを同時に行える参考書を紹介していきます。リスニングの英文は文法という柱の元で成り立っていますから、文法とリスニングを同時に鍛えることは相乗効果を期待出来るわけです。是非参考にしてみてください。

TOEIC600を越えるためのリスニング参考書おすすめ

先ほどの通りリスニングでも文法があやふやだと英単語が聞き取れても、意味が理解出来ない可能性があります。そういった問題を解消してくれるのがこの参考書です。

この本は、英文法の参考書として名高いForestのリスニングトレーニングバージョンです。リスニングを文法とリンクして理解することが出来るため、リスニングが単語の羅列から、有機的な文章に変わっていきます。リスニング初心者に取っては福音の書になるはずです。

TOEIC600を越えるためにはリスニングの内容を半分以上理解しておきたい

TOEICリスニングの点数は基本的に内容が聴き取れた量と比例して点数が上がっていきます。TOEICリスニング用のテクニックなどもありますが、それもある程度のリスニング力がないとテクニックだけではTOEICスコアアップは望めません。この参考書はリスニングのスピードもTOEIC初心者にはちょうどよく、リスニングのナレーションを理解する能力を開発するためにTOEIC対策の初期にこなしておきたい参考書です。TOEIC600を越えるためには、リスニングPARTで350点以上取るのが理想です。そのためにはリスニングのナレーションの半分以上は聴いて理解しておきたいところです。リスニングが苦手な人はにはこの参考書でしっかり耳を鍛えて自信を付けてもらいたいです。

TOEIC600を越えるためには文法と音声を結びつけて理解することは必須

TOEICリスニングは、ネイティブの話し言葉ほど速いリスニングが流れるわけではありません。英語ニュースよりやや遅い位のスピードで流れるものがほとんどです。ですが、文法とリスニングのつながりがあやふやなままだとリスニングがどんなにゆっくりでも意味を理解することは出来ません。この参考書を利用して、リスニングの際に意識しないでも正しい文法理解が出来ている状態まで持って行きましょう。リスニングと文法が結びつけば、多少単語が聞き取れなくてもある程度意味を推測することも出来ます。そのレベルまで行けば、TOEIC600は確実に越えられます。