TOEIC600点を確実に越える勉強法を考え出してみた。

english

この記事ではTOEIC600点を確実に越える、僕の経験上考え出した勉強法を書いてみました。

TOEIC600点を目指している人は非常に多いようです。就職の際などに有利になるので、一つの目安としているようです。

ただ実際にTOEICを受けて600点を越えるためにはある程度の勉強量が必要になります。人にもよりますが、TOEICのスコアを100点上げるために必要な勉強時間は200時間にも及ぶそうです。

例えばTOEIC500点の人がTOEIC600点を取るためには1日2時間勉強しても、100日掛かると言うことです。

そのためには継続力と根気が必要です。高いモチベーションを持って勉強に臨みましょう。

記事内広告



TOEIC600点をとるための戦略を練ろう

TOEIC600点を越えるためには、あらかじめ目標スコアを決めておくのが良いです。リーディングが得意だったら、リスニングとリーディングで300点ずつとる。リスニングが得意なら、リスニング400点、リーディング200点といった感じです。

基本的にTOEICはリスニングの方が点数が上がりやすいです。その点も踏まえて、しっかり計画を立てておきましょう。

計画を立てる際に、今までTOEIC本番のテストを受けたことがない人は、あらかじめ公式問題集や模試本などで自分の点数を把握しておくことも有効です。

特に公式問題集は本番同様のテストが受けられるので、自分の実力がよくわかるはずです。

TOEIC600点を越えるための英単語勉強法

TOEIC600点を目指すには大学受験で使うような英単語帳ではなくTOEIC用の英単語帳が必須です。TOEIC600点を目指す為に勉強効率の良いTOEIC用の英単語帳を選びましょう。

そこで紹介したい参考書がこちらです。

キクタンTOEIC600はその名の通りTOEIC600点を狙うには最適な参考書です。使い方などについては以下のリンクを参考にしてください。

TOEIC600点勉強法|TOEIC英単語を身につける勉強法と参考書おすすめ
TOEIC600点を目指すにはTOEIC用の英単語帳が必要になってきます。しかし、いきなり難易度の高すぎるTOEICの英単語帳に挑戦しようと...

TOEIC600点を取るにはTOEIC頻出語句のマスターが必須

TOEIC600点を取るにはTOEICで頻出の語句をマスターすることが必須になってきます。

例えばPART1のリスニング問題などでは、ある程度の日常英単語を知らないと全く答えがわからない場合があります。

PART1は問題数が少なく簡単だからといって侮ってはいけません。簡単なPARTほど点数を落としたくないからです。

それ以外にもPART2の会話表現や、PART5の語彙問題に対応するためには、ある程度の英単語力と英語表現の知識が必要となってきます。

TOEIC600を狙うだけならTOEICに出てくる英単語や英語表現を全て覚える必要は無いですが、最低限の頻出英単語・英会話表現を覚えておかなければなりません。

こんな時に役に立つのが改訂版キクタンTOEIC TEST SCORE 600です。TOEICに出てくる基本的な英単語はカバーできるように構成されています。

まずは一冊TOEIC英単語帳を覚えきることを目標にしましょう。

英単語の効率的な覚え方については以下のリンクに詳しいです。

TOEIC英単語勉強法|もう忘れない!英単語の効率的な覚え方
TOEICの勉強の中で最も時間が掛かり、モチベーションを維持するのが困難な勉強が英単語の学習です。1度勉強した英単語を忘れてしまうことほど嫌...

TOEICでは英単語力がものをいう

TOEICでは英単語をより多く覚えるとそれがそのままスコアアップにつながります

英会話表現や英単語をたくさん知っていれば、リスニングPARTではわからない表現や知らない英単語が減り、聴き取りがスムーズになります。

またリーディングPARTにおいては、問題の選択肢の英単語の意味がわからないとその問題は解答できないということがよくあります。またパラフレーズといって、英単語を別の英単語に置き換えられていることもあります。

ですので英単語は覚えれば覚えるほど良いです。文法・リーディング・リスニングの勉強の兼ね合いもあるので、自分の目標スコアに合った、適度なレベルの英単語をマスターするようにしましょう。

TOEIC600点を越える文法勉強法

TOEIC600点を取るためには文法の基礎を固め、その上でTOEIC用の文法参考書を一冊しあげておくのがベストです。

TOEICの文法問題は特有の穴埋め形式の問題で構成されており、慣れておかないとイージーミスを犯してしまうからです。また解答に時間がかかってリーディングパートに支障が出ます。

しかし逆に言うと、穴埋め形式の問題は対策が立てやすいとも言えます。一冊TOEIC用の文法参考書を仕上げておきましょう。文法問題でリードを取るのがTOEIC600点を取るコツの1つです。

文法参考書はこちらの本がおすすめです。

TOEIC600点を越える文法勉強法については以下のリンクが詳しいです。是非参考にしてみてください。

TOEIC600点勉強法|TOEIC文法問題の勉強法とおすすめ参考書
TOEIC600点はスコアとしては中級の部類に入ります。就活生でも、社会人でも英語を使う仕事に就きたいなら是非取っておきたいスコアです。そし...

新TOEIC TEST文法特急はAmazonでもTOEICの文法参考書の中でトップクラスの人気を集めている参考書なので知っている方も多いかと思います。そしてTOEIC文法問題で高得点を取るためには避けて通れない参考書の一冊です。

TOEICの文法の基本からスタートして、TOEIC700点レベルくらいまでこの参考書一冊で対応できるようになります。

新TOEIC TEST文法特急をマスターすれば文法問題は完璧

文法は得意・不得意の差が現れやすい分野です。苦手な人はとことん苦手だし、得意な人はスピーディーにミス無く解いていきます。では、その差はどこで生まれるのでしょうか?

その答えは一つ一つの文法項目をキチンとマスターしているかどうかにあります。

文法が苦手な人は文法問題の本質をキチンと理解していません

また問題を解く回数が少なすぎて、本番で問題を見た瞬間に答えが頭の中に浮かんでこないのです。

新TOEIC TEST文法特急を一冊キチンとマスターすれば、文法は確実に得意になります。そして何回も繰り返し解くことによって解答スピードがあがります。リーディングPARTの中で文法問題に使う時間を減らすことが出来るのです。

そうすると、長文リーディングで時間が大きく使えるので、リーディングのスコアが圧倒的に伸びます。

文法参考書はキチンと繰り返し解きマスターしないと意味がありません。何度も同じ本を復習するようにしましょう。

文法の力が付くとリーディングやリスニングにも応用が利く

僕が英単語と文法をリーディングやリスニングより先に勉強するのを薦めているのは、英単語と文法はリーディングやリスニングの理解の下地になるからです。

リスニングやリーディングは文法の基本がなってないと、キチンと意味を取ることが出来ません。文法は英単語と同様率先して勉強すべきなのです。




スポンサーリンク

TOEIC600点勉強法|リーディング勉強法

TOEIC600点を目指すとなるとPART7でもある程度の点数が欲しいところです。

ですが、TOEIC600点レベルの受験者の中でPART7が得意だという人はそうはいないのではないでしょうか。

PART7はTOEICでは文章の長さが一番長く、英語をしっかり読む訓練が出来ていない人にはつらいところです。また、PART7はビジネス文章などので構成されていて、ビジネス文章などのTOEIC特有の英文を読み慣れていない人はTOEICの頻出パターンがまだつかめていないはずです。英文の内容が全く未知のものだとスコアは思うように伸びません。

そこで今回は、英文の頻出パターンを理解し、読解力を高めることができる参考書を紹介します。

TOEIC600点を越えるリーディング参考書

今回扱う参考書はTOEIC(R)テスト リーディング プラチナ講義です。この本をマスターすれば、TOEIC700以上のスコアを期待出来るリーディング力が身につきます。

この本は全5Chapterで構成されているのですが、TOEIC600点を狙うなら、前半の3Chapterをマスターすることを目標にしましょう。後半の問題は、今の時点では公式問題集をやった後に余裕があったらやっておくくらいで良いでしょう。

こちらも詳しい勉強法については以下のリンクを参考にしてください。

TOEIC参考書おすすめ|TOEIC(R)テスト リーディング プラチナ講義を徹底レビュー
TOEICが新形式になってから多くの問題集が発売されました。その中でも、TOEICリーディングの参考書おすすめとして、TOEIC(R)テスト...

TOEIC600点を越えるためには正確なリーディング力が必要

TOEIC600点レベルだと、速読というレベルほどスピード上げて英文をリーディングする必要はありません

それよりも正確なリーディングをすることによって、簡単な問題は落とさず、標準的な問題をいくつ正確に解けるかということが問題になってきます

速読をすると、リーディングスピードは上がりますが、文章の理解力が落ちてしまうことがあります。それで、問題を解く際に時間が掛かってしまっては、元も子もありません。

速読はもう少しレベルが上がってからするべきで、今の段階では必要ありません。

簡単な英字新聞を読んで、リーディングスコアを上げる

The Japan times ST は英語学習者ように向けて書かれた、簡単な英字新聞です。週刊新聞なのですが、これを使ってTOEICリーディングのトレーニングをするのも非常に有効です。

日本語訳もWEBでアップされているので非常に使いやすい上、比較的平易な語彙で書かれているので、リーディング初心者には持って来いの英字新聞です。

以下のリンクから、購読ページに移動できるので、気になった方はこれを期に英字新聞で勉強するのもTOEICリーディングスコアを上げるのに役に立つはずです。



TOEIC600点を越えるリスニング勉強法

TOEICリスニングのナレーションのスピードは初めてリスニングの勉強をする人にとってはかなり速いはずです。TOEIC初心者だと、何を言っているのか全く分からないかもしれません。

リスニングが理解出来ないのは、

  • 単語レベルを聴き取れていない
  • 英単語自体を知らないから
  • 英文の文法的解釈や構造を理解出来ていない

場合に分けられます。

単語レベルを聴き取れていないのは、まだ耳がナレーションの音声に追いついていないことが原因にあげられます。しかしこれは慣れの問題もあります。ディクテーションや音読トレーニングとリスニングの聴き取りの練習を続けていれば聴こえてくるようになるので心配は要りません。

英単語を知らないのは、英単語帳などで勉強すれば大丈夫です。英単語を音声を使って覚えるようにすれば、リスニングの音声を聴いていて英単語のイメージがつかめるはずです。

今回扱うのは三つ目の、英文の文法・構造を理解出来ていない場合です。

これも以下のリンクから詳しい勉強法について書いてありますので、是非参考にしてみてください。

TOEIC600点勉強法|リスニング力と文法力の基礎を底上げする勉強法と参考書おすすめ
TOEICリスニングの勉強をしているときに、「英単語は聴き取れるけど、これは何について言っているんだろう?」と思ったことはありませんか?その...

TOEIC600点を越えるためにはリスニングの内容を理解しなければならない

TOEICリスニングではテクニックなどもありますが、基本的には音声を聴き取れないと点数は伸びません。そして聴き取れるだけではなくて音声の意味を理解しなければ、TOEICリスニングのスコアアップは難しくなります。

そして音声を理解するためには上に書いた3つの要素がどれも必要になってきます。リンク先に書いてある総合英語Forest(7th Edition)音でトレーニング で全ての要素を勉強できますので、ぜひトレーニングをしましょう。

TOEIC600点を越えるリスニング勉強法|毎日最低30分は集中してリスニングの勉強をする

特にリスニングが苦手だという人に多いのですが、リスニングの勉強を時々しかしない人がいます。

しかし、これでは勉強初期の段階ではリスニングのスコアはアップしません。

TOEIC600点を目指すなら、相応のリスニングの勉強量が必要になってきます。

最低でも毎日30分リスニングの勉強をしましょう

しかも、何かしながらリスニングするとかではなくて、リスニングに集中して30分というのが重要です。「ながら聴き」や「聞き流し」などはいけません。

TOEIC600点を目指すならリスニングは精聴をすることに集中しましょう。

TOEIC600点リスニング勉強法|音読トレーニングをする

以前の記事にも書きましたが音読トレーニングは、リスニングの勉強の中でも最も集中力を使います。特にシャドーイングなどは最初の内は10分程度で疲れ切ってしまうかもしれません。ですが、その分リスニングのスコアはみるみるうちにアップします。音読トレーニングは是非リスニングの勉強の中に取り入れましょう。

また英単語レベルで聴き取れない人には、ディクテーションも有効です。どれも消耗するトレーニングばかりですが、その分効果は期待出来ます。

TOEIC本番前は公式問題集で実際に時間を計って解く

仕上げに公式問題集を全問通しで解いてみましょう。

公式問題集が終わってしまった人はこちらの模試本を使いましょう。

公式問題集で時間配分を考える

公式問題集や模試本で実戦での時間配分をしっかり考えておきましょう。しっかり時間を計って、実際のTOEIC対策のタイムマネージメントも立てておくことが大切です。

またTOEIC600点を狙うなら、リーディングに関しては全問解くつもりで行くのではなく、数問捨て問を作る方が良いです。時間が掛かりそうな問題や、難しい問題は後回しにしておきましょう。

公式問題集や模試を時間を計って解き終わったら、次は復習です。間違えた理由や、自信を持って答えられなかった問題に関して特に力を入れて解き直しましょう。リスニングに関しては、当然音読トレーニングも大切です。この最後の公式問題集や模試本を使った勉強はテスト一週間前くらいから始めましょう。あまり早すぎる段階でスタートしても、問題のパターンなどがわからず、自信を無くしてしまう可能性があります。

ここまでこなしておけばTOEIC600点は間違いなく達成できます。頑張って勉強しましょう。

TOEIC勉強法|初心者が確実にスコアアップする対策と問題集をまとめてみた
この記事ではTOEIC初心者の人がどういう勉強をすれば、どういう参考書に手を出せばTOEICスコアアップに繋がるかということについて書いてい...
Amazon Unlimited

シェアする

フォローする