TOEIC700点を目指す勉強法|文法でハイレベルを狙う

toeic700

TOEIC700点を取りたいけど、リーディングPARTの点数が中々伸びないと言う人は多いのではないでしょうか?実は、リーディングPARTはある程度ならそれほど苦も無く点数を伸ばすことができます。それはPART5とPART6の文法問題で点数を伸ばすことです。

TOEICの文法問題はある程度出てくる傾向が決まっています。また文法問題は覚えてしまえば解けます。たまに応用が必要な問題もありますが、基本的には覚えるだけで解けるのです。ですので、ここからはTOEIC700点を目指す人のためのおすすめの文法参考書と、それを使った勉強法を紹介していきたいと思います。

記事内広告



TOEIC700点勉強法|文法で点数を稼ごう

先ほどの通り、文法問題は解き方を知っているか知らないか、知識があるかないかで点数が決まってきます。TOEIC700点を目指す人はそれなりの文法の知識があるということで、こちらの参考書をおすすめします。

文法特急1を他の記事でも紹介しましたが、今回紹介するのは文法特急2の方です。
文法特急1は問題の大まかな解き方などに注視して解く参考書でしたが、文法特急2はかなり細かな知識まで問題にしています。ですので、文法特急2をやる前に文法特急1を終わらせておいた方が良いでしょう。
文法特急1はこちらです。

この2冊を終えれば文法問題は9割近く解くことが出来るようになるはずです。PART5&6の文法問題で9割近く解けるとなると、TOEIC700点がかなり近くなってきます。また残りの語彙問題や熟語問題も、金のフレーズを使って勉強していれば、8割以上は簡単に取れるはずです。

そうすると自然とTOEICリーディングで6~7割が見えてきますので、TOEIC700点はもう目の前になってきます。

TOEIC700勉強法|文法問題の勉強の仕方

文法問題の勉強の仕方は至ってシンプルです。

  • 問題を解いて、間違えた問題や解答に自信が無かった問題をチェックする。
  • 全ての問題の解説を見て、間違えた理由やわからなかった理由を分析し、更に解説に書いてある関連事項などもマスターする。
  • 上の二つの事項が完璧になるまで繰り返す。

これだけです。ただ、これだけとは言うものの、参考書を完璧になるまで繰り返すのには根気が要ります。しかし、この参考書に関して言うと、音声が無料でダウンロード出来ますので、リスニングで耳から文法を覚えるということも可能です。使えるツールは何でもどんどん使っていきましょう。



スポンサーリンク

TOEIC700点勉強法|理想は勉強を好きになること

上に書いたようにして身につけた知識はTOEIC700点をも越えて、実際の英会話などでも役に立ちます。英語が出来るようになるまでには根気が要りますが、できる限りモチベーションを高く持って継続して勉強していきましょう。

勉強が毎日の趣味みたいになれば理想的です。楽しみながら英語を勉強する人は成績が伸びるのも速いのです。TOEIC700点なんてただの通過点だ!と言うくらいの気持ちで頑張りましょう。

Amazon Unlimited

シェアする

フォローする