TOEIC700点|リスニング力を身につける参考書2選

english

TOEIC700点を目指すとなるとリスニングPARTで400点近い点数が欲しいところです。そんなレベルに自分がたどり着けるのか、と疑問に思う人がいらっしゃるかもしれませんが、これは努力すれば必ず達成できる点数です。

記事内広告



TOEIC700点を越えるためにするリスニングの勉強法とは

TOEIC700レベルに達するレベルになると、ある程度自分でもTOEICのリスニングのパターンや頻出フレーズを覚えておかなければなりません。ですので、このレベルではTOEICの頻出パターンを網羅したリスニング参考書が必要になってきます。この参考書でTOEICではどういう問題が主に出てくるのかということをしっかり把握してしまいましょう。ここさえ覚えてしまえば、標準レベルの問題は解けるようになりますし、応用問題にも手が付けられるようになってきます。

TOEIC700点を越えるリスニング参考書おすすめ2選

他のページでも紹介していますが、次に紹介する究極のゼミという参考書がTOEICのパターンを覚えるのには適しています。

以上の2冊でTOEICの頻出リスニングパターンはマスターできます。

まずは頻出パターンの解説を読む

これらの参考書のウリは何といっても解説の詳しさです。参考書の中ではTOEICのリスニングのパターンをカテゴリ別に分けてあり、それがあらゆるパターンを網羅しています。それらの解説が充実しているので、初めてTOEICを受ける人でも、「こんな問題が出るんだな。」とすっきり分かるようになっています。さすがにTOEIC700点を初受験で目指す人はかなりレアだと思いますが、そのくらい解説の濃度が濃いです。著者の方々がTOEICをよく研究しているんだなとわかる内容になっています。

TOEICリスニングの解答の仕方のコツをつかむ

TOEICリスニングにはちょっとした解答のテクニックが存在します。PART3&4ではいわゆる「先読み」というテクニックをしないと中々高得点は取れません。

先読みというのはナレーションが流れる前に次の問題を読んで把握しておくということですが、TOEICの解答力を高めるためには必須のテクニックです。

もちろん圧倒的な英語力があれば「先読み」をする必要はないのですが、ある時期までにTOEIC700点取らないといけない、など点数が必要となる場合はそういったテクニックも必要になってきます。

僕自身の考えではTOEICは800点台が取れたら、その後はTOEICの解答力を高める練習より、実際に英会話を学んだりする方が良いと思うのです。

しかし、TOEICで絶対に900点以上取りたい人などはTOEICの解答力と英語力を同時に高めていかなければなりません。そういった人にとっては先読みは点数アップの最高のPARTナーになってくれます。

音声で音読トレーニングをする

解答のコツをつかんで、パターンも覚えたと思ったら、リスニング力を高めていきましょう。

いくらTOEICの解答力が高くても、リスニングが聴こえないのではTOEICリスニングの点数はある程度のところで止まってしまいます。

そこで音読をするわけですが、まずはPART1&2のオーバーラッピングに挑戦してみましょう。

PART3&4は一度音声について行けなくなると置いて行かれたままになってしまいますが、PART1&2に関しては短文なのでオーバーラッピングもしやすいはずです。

そして、その次にシャドーイングに進むのが良いと思います。上で紹介した参考書はボリュームもかなりありますので、シャドーイングの素材には持って来いだと思います。

スピードもちょうど本番のリスニングと同じくらいですし。PART1&2の音読が十分に出来たと思ったら、PART3&4の音読に入りましょう。

難易度はぐっと上がりますが、ある程度音読をしている人なら出来るレベルです。この時もオーバーラッピングからシャドーイングに進みましょう。



スポンサーリンク

仕上げのミニ模試をこなせばTOEIC700点が見えてくる

音読が終わったら巻末にあるミニ模試に挑戦してみましょう。

きっと自分のリスニング力が上がっていることに驚くと思います。

それはパターンを覚えたり、英単語力が増えたり、音読で耳を鍛えた結果なのです。

TOEICリスニングパートは正しく勉強すればスコアの伸びが実感しやすいPARTです。

ぜひ頑張ってトレーニングしましょう!

Amazon Unlimited

シェアする

フォローする