僕がTOEIC885点を2ヶ月で取った勉強法と参考書 2

english

前回の記事、

僕がTOEIC885点を2ヶ月で取った勉強法と参考書1
これからいくつかの記事に分けて、僕が2ヵ月でTOEIC885点をとった方法を紹介していきたいと思います。短期間でTOEIC高得点を取りたいと...

に続いて、僕がTOEIC885点を2ヶ月で取った勉強の道のりを紹介していきます。

記事内広告



TOEIC勉強時間の割り振り

僕はその時一日5時間程度をTOEICの勉強に充てられました。そこで毎日の勉強内容を、おおざっぱに考えてみました。2ヵ月後にTOEIC本番を受けるわけですから、およそ60日勉強できるわけです。時間にすると300時間くらいです。
そこで、5時間を

  • 2時間は集中して単語を覚える
  • 2時間半はリスニングをひたすら勉強する
  • 残りの30分は文法をひたすら解く

という風に、割り振りました。

TOEIC英単語の勉強

2時間単語を覚えるとなると、途中でモチベーションが折れそうになりますが、頑張りました笑

単語の覚え方としては、

  • 1時間は前日までに覚えた単語をCDで聴きながら、意味を思い出す
  • 残りの1時間は新しい単語を覚えることに集中する

というやりかたをしました。キクタンTOEICは1日16語を覚えるような構成になっているのですが、僕は時間がなかったので1日で4日分の64語を覚えるようにしていました。ただ、このやり方はかなり根性がある人か、よっぽど英語が好きな人、切羽詰まっている人じゃないと続かないです笑
僕は、英語が好きなのと、かなり切羽詰まっていたのとでダブルできていたのでできたのだと思います。

TOEICリスニングの勉強

リスニングに関しては、聴こえなかったところをひたすらリピートして繰り返し聴いて、細かい音まで覚えました。ただこのやり方は今思うと効率が悪かったです。なぜかというと、音読などの発声練習を一切しなかったからです。
そのため、結局本番当日までリスニングの能力はあまり伸びませんでした。ただ、パターン慣れはしたので、リスニングPARTの点数はあるていどは伸びました。

音読はリスニングの勉強に取り入れるべきだったと思っています。それに加えて、僕は音読の練習をしなかったので、実は英語が喋れません笑
TOEIC885点なのにもかかわらずです。正確に言うと、喋る機会を持ったことがないのもあるのですが、実際発音も良くないですし、もし喋る機会があったとしても、たどたどしい英語になると思います。
ですので、音読練習は確実にリスニングの勉強の際に取り入れるべきです。これは僕の経験からすると間違いないです。

TOEICの文法の勉強

文法に関してはあまり力を入れませんでした。

をできるだけ早く頭を使って解くという作業を1日30分に詰め込んだだけです。ただ、この本を一冊こなしておけば後の文法の勉強はかなりはかどると思います。英文法で理解できないところがあったら、

を参照してました。

ただフォレストに関しては、あまり使うことはなかったかなという感じです。文法特急に載ってる問題は、文法特急の解説で十分理解できたので、後の公式問題集などを解いたときにわからないところがあったときに使ったくらいです。

続きの記事は、

僕がTOEIC885点を2ヶ月で取った勉強法と参考書 3
前回の、に引き続き、僕がTOEIC885点を2ヶ月で取った勉強法・参考書を紹介していきたいと思います。 2回目に買った参考...
Amazon Unlimited

シェアする

フォローする