僕が2ヵ月でTOEIC885点を取った勉強法 まとめ

english

この記事では今までに書いた「僕がTOEIC885点を2ヵ月で取った勉強法と参考書」の記事をまとめたものです。

他の記事に比べて少し長くなっていますが、ぜひ参考にしてみてください!

記事内広告



この記事の対象読者

自分のTOEIC勉強法に対して迷いを感じている人。何かのTOEIC勉強法のサンプルを得たい人。初級者から上級者まで。

TOEICの勉強をする前の僕の英語の実力

まず、TOEICの勉強をするまえの僕の英語の実力からお話ししたいと思います。TOEICの勉強をする前は大学受験以降、英語の勉強を全くしていませんでした。それでも、大学受験で英語の科目はそれなりに頑張ったせいもあって、そこそこの英語の実力はありました。語彙力はDUOなら大体わかるスコア。読解はセンター試験の英文ならほとんどは問題なく読めるスコアで、実際にセンター試験を解いたら160点台でした(間違えたのは整序作文や英語の発音の部分などのセンター試験特有の問題でした)。

英文法に関しては、細かいところは忘れていましたが、フォレストを読めば大体内容を思い出せるスコアで、この後に紹介しますが文法特急も初見で大体解けました。

唯一の弱点はリスニングで、僕は大学受験の時にリスニングの勉強を一切していませんでした。僕の時代はセンター試験ではリスニングは科目に入っていなかったのです笑
ですので、リスニングに関しては全くの初心者でした。
そして、初めてTOEICの公式問題集を解いたときの点数は600点になんとか届くくらいの点数でした。その時もやはりリーディングの点数の方がリスニングより遥かに高かったです。

最初に買ったTOEICの参考書

<h3TOEIC用のリスニング参考書

まず最初に、リスニングの勉強をしなければTOEICで高得点を取ることは無理なのではないかという思いからこちらの参考書を買いました。

最初にこの本の音声を聴いたとき、何を言っているのかほとんど分からなくて、完全に自信を喪失したのを良く覚えています笑
このリスニングの苦手意識は後々まで続いていきます。

TOEIC用の英単語帳

ネットで調べてみるとTOEICに出てくる英単語は大学受験の英単語とちょっと違うということを知ったので、単語帳を買うことにしました。
最初に買った単語帳は、

の改訂される前のものでした。今は改訂されて例文の音声も付いていますが、当時は例文の音声が付いていなかったので、覚えるのにかなり苦労したことを覚えています。
最近改訂版を購入して、参考書って進化するんだなーって思いました笑

TOEIC用の文法参考書

また文法問題の傾向を把握するために、

も購入しました。
この本に関しては、大学受験のときにしっかり文法を勉強していたので、初見で8割程度の問題が解けました。それでも一問を解くのにかなりの時間をかけて解いていたので、なるべく早く問題を解けるように何度も繰り返しました。
ちなみにこの本に関してですが、文法に全く自身がない人などは最初に使うべきではないと思います。なぜかというと、ある程度の文法用語などを知らないと訳が分からなくなるからです。本屋で立ち読みしたりしてみて、ある程度いけそうだったら購入すべきです。この本はなるべくなら通過しておいた方が良い本の中の一冊です。

文法特急の使い方の詳しいリンクは以下を参考に!

TOEIC参考書おすすめ TOEIC文法特急で文法初心者から脱出!
TOEICの文法問題初心者にはおすすめの内容の参考書、1駅1題 新TOEIC TEST文法特急について攻略していきます。 TOEICの文法...

旧形式の公式問題集

当時は旧形式のテストでしたので、公式問題集も旧形式でした。ですので、確か全6冊出ていたように覚えています。

僕は旧形式の公式問題集はvol4,vol5.vol6と三冊まとめて購入しました。理由は単純で、ネットでTOEICの勉強法を調べていたら、公式問題集をやりこむことが大事だと書いてあったからです。その当時は僕はネットでTOEICの情報を集めていました。
ただ、公式問題集は一番最初に自分の実力を測るためにvol6を1セット解いてからは封印していました。公式問題集を実力がない状態でやっても、自信をなくすだけじゃないかとその時はそう思っていたのです。ですがこれは完全に勘違いでした笑

公式問題集は、確かにTOEIC300点くらいのスコアの人が解くには向かないですが、400点以上のスコアがある人ならガンガン解いていくべきです。

TOEIC勉強時間の割り振り

僕はその時一日5時間程度をTOEICの勉強に充てられました。(ちょうど仕事を辞めて求職中だったので)そこで毎日の勉強内容をおおざっぱに配分することにしました。
その時僕は2ヵ月後のTOEICテストを受ける予定でした。ですので、およそ60日勉強できるわけです。当時、僕は語彙力のなさとリスニングのあまりの弱さを痛感していました。
というわけで、5時間を

  • 2時間は集中して単語を覚える
  • 2時間半はリスニングをひたすら聴く
  • 残りの30分は文法を集中して解く

というように、完全に割り振りました。

勉強初期のTOEIC英単語の勉強法

2時間単語を覚えるとなると、途中でモチベーションが折れそうになりますが、頑張りました笑
家で集中出来ない日はファミレスで勉強したり、喫茶店で勉強したりしましたし、その日その日で自分に合う音楽を聴いてモチベーションアップにつなげたりしました。

単語の覚え方としては、

  • 最初の1時間は前日までに覚えた単語をCDで聴きながら、意味を思い出す
  • 残りの1時間は新しい単語を覚えることに集中する

というやりかたをしました。
キクタンTOEICは1日16語を覚えるような構成になっているのですが、僕は時間がなかったので1日で4日分の64語を覚えるようにしていました。ただ、このやり方はかなり根性がある人か、よっぽど英語が好きな人、切羽詰まっている人じゃないと続かないです笑
僕は、英語が好きなのと、かなり切羽詰まっていたのとでダブルできていたのでできたのだと思います。少なくとも根性はそんなに無い方なので笑

勉強初期のTOEICリスニングの勉強法

リスニングに関しては、聴こえなかったところをひたすらリピートして繰り返し聴いて、細かい音まで覚えました。聴こえた音はもう流して聴いても理解出来るくらい反復しました。
ただこのやり方は今思うと効率が悪かったと思います。なぜかというと、音読などの発声練習を一切しなかったからです。
そのため、結局本番当日までリスニングの能力はあまり伸びませんでした。ただ、パターン慣れはしたので、リスニングPARTの点数はあるていどは伸びました。
多くの人が言うように音読などの発声練習はリスニングにダイレクトに効果があります。しかもリーディングスピードも伸びるので一石二鳥です。

ですので音読はリスニングの勉強に取り入れるべきだったと思っています。それに加えて、僕は音読の練習をしなかったので、実はその当時は英語が喋れませんでした。TOEIC885点なのにもかかわらずです笑 正確に言うと、喋る機会を持ったことがないということなのですが、実際発音も良くないですし、もし喋る機会があったとしても、たどたどしい英語になると思います。
ですので、音読練習は確実にリスニングの勉強の際に取り入れるべきです。これは僕の経験からすると間違いないです。

ちなみに今はやり直しTOEICの勉強を少しずつですがはじめています。
今回は真っ先に発音の練習をしました笑

初期のTOEICの文法の勉強

文法に関してはある程度出来ていたため、あまり心配はしていませんでした。

上にも書きましたが文法特急をできるだけ早く頭を使って集中して解くという作業を1日30分詰め込んだだけです。ただ、この本を一冊こなしたので後の文法の勉強はかなりはかどりました。
英文法の項目で理解できないところがあったら、

を参照してました。

ただフォレストに関しては、あまり使うことはなかったかなという感じです。
文法特急に載ってる問題は、文法特急の解説で十分理解できたので、後の公式問題集などを解いたときにわからないところがあったときに使ったくらいです。そのくらい文法特急はよく出来た参考書だということです。

TOEICリスニングの参考書 2回目

最初に買った公式プラクティスリスニングPARTの音声が、ほとんど聴き取れるようになった後、一度だけ公式問題集vol.4のリスニングPARTだけ解いてみました。
旧形式のTOEICではvol.4が一番難しいと言われていたので、半分チャレンジの気持ちでやってみました。
結果としては6割くらいの正解率でした。勉強をし始めた当初に比べると大分進歩したものの、ちょっとこのままじゃいけないなと思い、次のリスニングの参考書を買うことにしました。

このとき買ったのが、

この参考書の詳しいリンクは以下を参考にしてください。

https://goh-english.com/listening/toeic32/

その時の僕は、まだリスニングの解き方を確立していなかったので、TOEICの問題パターンや解き方のコツを勉強しようと思ったのが理由の一つです。また問題演習を増やそうとも思いました。これらの参考書の音声は買ったばかりの頃の僕にはほとんど聴き取ることができませんでした。それでも、毎日2時間半のリスニングの勉強をこの2冊にあてて、ひたすら聴きまくりました。
ちなみにリスニングの勉強に関してですが、僕はウォーキングしながら聴いたりもしました。これもモチベーションアップのためです。それとダイエットのため笑

ちなみに、この時もシャドーイングやリピーティングといった音読の勉強法を知らなかったので、音声を聴いて理解することに全てをかけていましたね。この時からでも音読練習をすれば今はもっと英語が出来たんじゃないかと思います。この記事を読んでいる皆さんはぜひ音読練習をしてください。僕みたいにリスニングに無駄な時間は食わなくていいし、スピーキングの練習にもなります。

PART3&4の詳しいリンクは以下を参考に!

TOEIC参考書おすすめ 究極のゼミ Part 3 & 4の内容と勉強法
TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 3 & 4の中身とは【新形式問題対応/CD-ROM付】 TOEIC(R)...

TOEICリーディングPARTPART7の対策

この頃から公式問題集を全PARTを解くようになってきました。最初見ていたTOEICの勉強法サイトとは違うサイトでも、公式問題集を中心に勉強するのが良いと書いてあったのが理由です。文法特急もマスターし時間が空いていたのでその時間を公式問題集の勉強にあてました。それで分かったことは、PART7を甘く見すぎていたということでした。多くの人がそうであるように、PART7を解く時間が足りなかったのです。
そこで買ったのが次の参考書です。

この本でPART7の対策をすることにしました。

究極のゼミシリーズの解説がわかりやすいことはリスニングPARTを買ってわかっていたので即決で買いました笑

この本では、いかに正確に早く解くかということに意識を集中して問題を解くようにしました。具体的にはPART7の問題を一問一分の計算で時間を計って問題を解きました。初見で問題を解くときは、多少わからないところがあってもぼんやり理解すれば良いと言うことにし、問題の答えの根拠を素早く見つけることを大切にしました。そして、復習の時には曖昧だったところの意味を確認し、答えが間違っていたら、なぜ間違っていたかをとことん追求し、理解するように努めました。この時は文法問題を解く時間を丸々、PART7対策にあてていました。

この本も詳しい勉強法はこちらのリンクを参考にしてみてください。

TOEIC参考書おすすめ 究極のゼミPart 7リーディングの効率的な勉強法
TOEICリーディング参考書の中でも評判の高い究極のゼミPART7を紐解いていきます。 非常に使いやすい参考書なので、ぜひ参考にして試して...



2回目にTOEICの参考書を購入した後の僕の課題

リーディングPARTの難しい単語が分からない

1回目の参考書の購入時に、キクタンTOEICのスコア800を購入しましたが、公式問題集や究極のゼミなどで、分からない単語がたびたび出てきました。
これは自分の語彙力がないせいだと思い、ちょうどキクタンTOEICスコア800もほとんど覚えきれたので、次の単語帳を買うことにしました。

この参考書の旧形式版を買いました。(その当時は改訂版がまだ出ていなかったためです)

そしてまた、単語の勉強に1日2時間かける日々を続けました。僕の感想だとこの単語帳だけではスコア990までいくのは難しいかもしれませんが、900点スコアの単語力は十分付くと思います。しかし、このスコアの単語になると新しい単語を覚えるのも難しくなってきます。以前は1日で64語覚えていた単語を48語に減らして、その分復習をしっかりしました。1日48語でも本番までには十分余裕を持って間に合う計算でしたので、そのペースを貫くようもう一度気合いを入れました。
単語帳本番までにマスターするとかなりの自信になりますよ。

PART5とPART6の文法問題がおろそかになった

究極のゼミのPART7を購入してから、文法問題を一切解いていなかったので、文法問題の慣れと解く感覚がなくなってしまったのです。そこで、1日10分だけ、短期集中的に文法問題を解くことにしました。

その際使ったのは、こちらの参考書です。

また究極のゼミですね笑
この本はそれほど難しい問題が載っているわけではないので、あくまで数をこなすためとして利用しました。それでも、ブランクがあったので間違える問題も少なくなく、復習にも重点を置きました。
予想外だったのは、解答以外の説明がやたらと詳しいことです。これは僕にとってはありがたくて、文法の応用力が付いたと思います。

この本の詳しいリンクはこちらに

TOEIC文法参考書おすすめ 究極のゼミ Part 5 & 6の内容と正しい勉強法
TOEIC参考書中級者におすすめの究極のゼミPART5&6の内容を始め、正しい使い方などについて解説していきます。 この参考書が解...

TOEICの問題の解き方が確立できていない

この問題に関しては、1冊の参考書で全て解決しました。

旧形式の参考書ですが、この本はhow to本みたいなものなので、新形式問題にも対応すると思います。

TOEICでテクニックが必要か必要でないかという考えは人それぞれですが、僕はテクニックも必要だと思っています。テクニックに関して書いてある本で、一番詳しいのがこの本ではないでしょうか。
この本のやり方で公式問題集を解いてみたら、確実に50点は点数が伸びました。英語の実力はあるのにスコアが伸びないと言う人にはおすすめの参考書です。

TOEICの参考書で最後に買ったものとその勉強法

ここまでの勉強で、リスニングPARTは400点を越えたり越えなかったりするようになり、リーディングPARTも400点以上をキープできるようになっていました。しかし、せっかく受験するなら一発で900点を取ってみたいという野望が僕の中にめらめらとわいてきたのです!
実際はちょっと点数が足りませんでしたが笑

ちょうどその当時、お世話になった方の感謝の気持ちみたいなものとしても900点は取っておきたかったのです。

そこで、最後に高地トレーニングとして、難しい参考書を解くことにしました。それによって、TOEICが楽に感じられるのではないかと思ったからです。

難度の高いTOEIC模試本

まずは難度の高いTOEIC模試本を買いました。

これは旧形式の参考書なのですが、模試問題集の中でもかなりの難しさを誇ります。リスニングは今までやった参考書の中でもダントツで速く発音されますし、リーディングも量が多くて難しいです。この本は模試5回分の量があるのですが、結局2回分しか消化することができませんでした。

しかし、この参考書で確実に速いスピードのリスニングに慣れたと思います。リスニングを聴いたときのクリアさが断然変わってきました。

難度の高いリーディングの参考書

こちらも難しい参考書を買うことにしました。

です。

この本は、リーディングPARTで満点を越える点数を狙うというすさまじくニッチな参考書です笑 最初に解いたときは問題があまりにも難しすぎて正直ちょっとへこみました笑
でもリーディングPARTの解き方を7つの面で見るという斬新な本で、確実にリーディングの力が付き、特にPART7の解きミスが減りました。しかし、実はこの本も完全に消化できませんでした。この本はかなりやりがいがあるので、ちゃんとマスターするには1ヶ月くらい見ておいた方が良いです。

僕は残り一週間くらいのタイミングでこの本を買いましたが、人によっては自信を失う可能性もあるので、注意です!

高難度の文法参考書

こちらも難度の高いものをチョイスしました。

です。

究極のゼミのPART5.6がそれほど難しくなかったので、この本もそれほど難しくないだろうと思っていた僕は本当に甘かった笑
語彙に関しては、キクタンである程度力が付いていたので対処できたのですが、語法問題は鬼のように難しい問題がそろっているので、全く出来ずに終わりやはりへこみました笑
実はこの本も、最後までやりきることができませんでした。

この本の詳しいことに関しては以下のリンクを参考にしてみてください。

TOEIC文法参考書おすすめ究極のゼミPART 5超上級編で900越え
TOEIC文法参考書の最高峰の内容と効率的な勉強法 この記事ではTOEICPART5対策としては最高峰のスコアを誇る参考書を紹介していきた...

テスト本番は体調を万全に

言い訳になってしまうのですが、僕はTOEIC本番の10日ほど前に座骨神経痛になってしまってベッドから起き上がれなくなってしまったのです。最後に紹介した、難度の高い参考書もキチンと終わらせることができなかったのもそのせいです。TOEIC本番も痛み止めを飲んで挑みました。

そしてTOEIC本番の結果がこれです。

english

リーディングPARTはもう少し時間があったら、という感じでした。リスニングPARTはあまり期待していなかったので、こんなもんだろうという感じです笑

このテスト以来最近またTOEICの勉強を少しはじめているのですが、仕事もあったりするので、前より時間が割けません。。。
今回はリスニング重視で行こうと思っているのですが、この先を見据えてしている翻訳の勉強がかみ合わないのです・・・

語彙に関しても、僕が覚えたい語彙とTOEICの語彙は違うので、中々もどかしい感じです。

これから、このブログ上で自分の英語勉強ダイアリーも付けようかと思っています。
一応頑張ってはいるので、温かい目で見てあげてください笑

Amazon Unlimited

シェアする

フォローする