スタディサプリENGLISH TOEICで800点を取る方法

toeic-app

「TOEICで高得点を取りたいけど、うまい方法はないのかな?」
そんなふうに思ってしまう人はたくさんいると思います。
TOEICで高得点を簡単にとる方法などあるのでしょうか?

実は、スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースというアプリを使えば忙しい人でも取れます。これは間違いありません!
なぜかというと、スタディサプリENGLISHには勉強効率を上げてくれるさまざまな機能があり、時間のない人でもすき間時間で効率の良い勉強ができるからです。

このページでは、TOEIC500~600点くらいの人がスタディサプリENGLISH TOEICでTOEIC800点を取る方法を紹介していきたいと思います。

スタディサプリENGLISH TOEICと公式問題集のみでTOEIC800点は取れる

スタディサプリENGLISH TOEICでは単語・文法・リーディング・リスニングとTOEIC全分野を攻略する機能がそろっています。
英語力的にはこれだけで十分TOEIC800点を取るレベルには達します。

ただし、スタディサプリENGLISH TOEICで唯一足りないのが、リスニングPARTの先読みの練習です。
これは公式問題集を一冊購入して、実際に先読みの練習をした方が効率的です。

また公式問題集の音声は最新のTOEIC本番のナレーターが音声を吹き込んでいます。
これも、スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースにはないメリットです。

スタディサプリENGLISHTOEIC対策コースと公式問題集は相互補完すると考えて、公式問題集を一冊購入するのがベストです。

スタディサプリENGLISHと公式問題集、これだけでTOEIC800点の対策はできます。

スタディサプリENGLISHTOEIC対策コースの勉強ルール

スタディサプリENGLISHTOEIC対策コースを勉強するとき、これだけは守っておきたいという勉強のルールがあります。
特にメイン教材にするときは以下のルールをきちんと守りましょう。

パーフェクト講義・英文法から始める

英文法ができていないと、リーディングもリスニングもできません。
パーフェクト講義・英文法を最初にやって、英文法を覚えるとその後の勉強がはかどります。

TEPPAN英単語は毎日勉強する

TEPPAN英単語は1週間やそこらでマスターできるものではありません。
二か月程度の期間で、ゆっくり覚えていくのがベストです。
なお、スタディサプリENGLISHTOEIC対策コースには英単語の覚え方の動画もあります。

リスニングとリーディングをバランスよく勉強する

よくリスニングが好きな人がリスニングだけを勉強するということがありますが、スコアアップを考えるとあまり良いことではありません。
TOEICはリスニングとリーディングの総合力が試される試験だからです。
リーディングとリスニングをバランスよく勉強して、全体のスコアアップをしましょう。

スタディサプリENGLISHTOEIC対策コースでTOEIC800点を取る方法

スタディサプリENGLISHTOEIC対策コースでTOEIC800点を取るには、スタディサプリENGLISHの以下の6つの機能を十分に使い切ることが必要になってきます。

  1. パーフェクト講義・英文法
  2. TEPPAN英単語
  3. パーフェクト講義・英文法
  4. ディクテーション
  5. シャドーイング
  6. スピード音読

以上の機能を使い切ります。

具体的に説明していきたいと思います。

1.パーフェクト講義・英文法

パーフェクト講義・英文法は英文法に自信がない人は一番最初にやるのがベストです。
英文法がわからないと英文は読めませんし、聞き取れても意味がつかめないからです。

パーフェクト講義・英文法は英語が苦手な人。特に学生時代に英文法が嫌いだった人にはとてもおすすめできます。
カリスマ講師である関先生の英文法の解説を聞くと英文法アレルギーの人でもあれほど嫌だった英文法がスラスラ頭の中に入っていきます。

このパーフェクト講義・英文法もしっかり勉強すれば、TOEICレベルの英文法はほぼ間違えることがなくなります。
TOEIC800点レベルになると文法問題ではあまり間違えたくありません。
ここも完璧にして、PART5で9割以上の点数を取れるようにしましょう。

2.TEPPAN英単語

TEPPAN英単語はあまり重視されていないようですが、これも重要な機能の一つです。
TOEIC800点を取るにはTEPPAN英単語を完全に覚えきる必要があります。
英文法力と同様、英単語力がないと英文の意味が理解できません。

TEPPAN英単語は毎日少しずつ勉強していくことをおすすめします。

「1日200語覚えるぞ!」

とやってみても、続かないですし、やっている最中にドンドン英単語を忘れていってしまうからです。
しかも、200語覚えるのにかかる時間は相当なものです。

それより1日30語でも50日続ければ1500単語覚えることができます。

最終目標は
「TEPPAN英単語にある英単語を全て覚えること」
ですから、TOEIC本番までに全て覚えられればペースはゆっくりで構いません。
むしろゆっくり覚えていった方が、長く記憶に残ります。
TOEICのスコアは語彙力とともに上がります。

3.パーフェクト講義

パーフェクト講義はスタディサプリENGLISHTOEIC対策コースの一番の目玉です。
TOEIC攻略ように特別に作られた映像授業なので、普通の参考書より頭に入ってきやすいのがその理由です。

ここで、各PARTの攻略法を全て吸収します。
恐らく1回の授業で内容を把握するのは難しいので、何回か復習をするようにしましょう。
このパーフェクト講義をマスターすれば、スコアは劇的に上がります。
TOEIC800点を達成するためには、ここを完全にマスターしましょう。
映像授業を見て、実際の問題を映像授業の内容を思い出しながら解くと、授業の内容が一発で頭に入るのでオススメです。

4.ディクテーション

スタディサプリENGLISHTOEIC対策コースのディクテーションはスマートフォンさえあればどこでもできる優れものです。

ディクテーションはリスニング力アップにつながるのですが、それに加えて英文法の力も試されます。
なぜかというと、ディクテーションでは弱く発音される音まで聞き取らなくてはなりません。
その時に、英文法力があると、
「この単語は可算名詞で、冠詞がないから複数形だな。」
といった感じで聞き取れなくても答えがわかるのです。
この能力は非常に重要で、TOEICのリスニングの勉強をしているときでも、聞き取れなかった部分を頭の中で補完できるのです。

ディクテーションではそういった能力も鍛えられますので、ぜひ頑張って勉強してください。
TOEICも800点クラスになると、英文法もリスニング力もかなり高くなるので、ディクテーションの正解率も相当なモノになります。
そのレベルまで頑張って繰り返し練習しましょう。

5.シャドーイング

シャドーイングは元々は通訳者が行っていた勉強法で、聴き取り能力が上がります。

ただし、非常に負荷が高いトレーニングですので、英語初心者には難しい面もあります。

そこで、英語初心者にはシャドーイングの代わりにオーバーラッピングを提案したいと思います。
オーバーラッピングとは音声に合わせて英語を発音するトレーニングです。

オーバーラッピングがシャドーイングと異なる点は二つあります。

  1. オーバーラッピングはスクリプトを見ながら行う
  2. シャドーイングに比べると負荷が軽い

この2つの理由から、オーバーラッピングはシャドーイングより英語初心者向けだと言えます。
発音の得意・不得意にもよりますが、

  • TOEIC700点未満の人はオーバーラッピングメイン
  • TOEIC700点以上の人はシャドーイングメイン

にすると、やりやすいと思います。
TOEIC800点を取るには当然シャドーイングができるレベルになっている必要があります。
最初は大変かもしれませんが、少しずつ慣れていってオーバーラッピングからシャドーイングができるようになりましょう。

6.スピード音読

TOEIC800点を取るにはある程度のリーディングスピードが必要になってきます。
そこで、スタディサプリENGLISHTOEIC対策コースには「スピード音読」という機能が付いています。

スピード音読とは、その名の通り、英文をできる限り素早く音読するトレーニングのことをいいます。
このトレーニングには3つのメリットがあります。

  1. リーディングスピードが上がる
  2. 返り読みをしなくなる
  3. 英語を英語のまま理解できるようになる

この3つです。順に説明していきます。

リーディングスピードが上がる

これは当たり前かもしれませんが、リーディングスピードが上がります。
自分の限界のスピードで英文を読むことを繰り返していると英文を読むのが速くなるのです。

一見あまり効果がないと思われるかもしれませんが、非常に効果的なトレーニングです。

返り読みをしなくなる

音読をしていると何が何でも、英文を左から右に一方通行で読まなければいけなくなるため、返り読みをしなくなります。
返り読みをしなくなるということは、リーディングスピードが上がり、英文を頭の中にとどめておきやすくなります。
これは特にリーディングPARTのPART7で有効です。

英語を英語のまま理解できるようになる

英語を日本語に訳して読んでいると、当然のことながらリーディングスピードは極端に落ちます。
スピード音読では英語を日本語に訳している時間がないため、自然と英語のまま意味を理解できるようになるのです。
これができるようになると、リーディングPARTでのスコアアップは確実です。

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースから公式問題集につなげる

ここまでのトレーニングを十分にやっていれば、TOEICで800点を取る英語力は十分に付いています。

ただし、試験本番でハイスコアを取る、「試験力」は付いていないはずです。
そこで公式問題集を使います。

公式問題集では以下のことに気を付けながら、問題を解いていきます。

  • 時間をちゃんと計って解く
  • リスニングの先読みのリズムをつかむ
  • 同じ問題を何度も繰り返し解き、本番の問題形式に慣れる

スタディサプリENGLISHTOEIC対策コースへは以下のリンクからどうぞ。

終わりに

TOEIC800点を取るためのスタディサプリENGLISHTOEIC対策コースの機能を詳しく解説してきましたが、何より大事なのは「復習」です。
TOEICで点数が取れない人にありがちなのが、復習の回数が圧倒的に少ないという人です。
本当に英語力があり、高いスコアを所持している人は例外なく復習をとてつもない回数行っています。

その点に注意すれば、後はスタディサプリENGLISHTOEIC対策コースに任せてしまえば、スコアは自然と伸びていきます。
ぜひ、TOEIC800点を目指しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする