TOEICの勉強の中でも大きな部分を占めるのが英単語の勉強です。TOEICに出てくる英単語はある程度決まってはいますが、それでも英単語の勉強には終わりが無いため、誰もが確立した勉強の順番を見つけられていないのが現状です。

そこでこの記事では、TOEIC900点を取るために必要な語彙力を身につけることを目的として、3つのTOEIC単語帳のルートを考えてみました。

どれも最終的にはTOEIC900点を取るという目標を十分に達成できますが、内容には大きな違いがあります。3パターンあるので、どれか一つは自分に合うルートが見つかるはずです。

これからその3パターンを紹介していきますので、語彙力を確実にしたい人は是非参考にしてみてください。

ちなみにこの記事はTOEIC500点以上の人が参考になるように書いています。その点数に届かない人は、英語の基礎力が抜けていますので、このページを参考にしてください。

TOEIC初めての受験者はまずこの参考書から始めよう!

TOEIC単語帳ルート その1 王道編

王道編では、ベタと言われるかもしれないけれど確実なルートを紹介します。まずはこのルートから検討してみるのが一番だと思います。

王道ルートは二冊のTOEIC単語帳で勉強していきます。

王道ルートの良いところは、この形式が合えば圧倒的に勉強の進み方が速いところです。

ただし、1冊目の単語帳でつまずいたことがある人は、違うルートを検討する方が良いかもしれません。

英語の苦手な人が失敗しやすいのは王道ルートの特徴であり弱点とも言えます。

1.出る単特急 金のフレーズ

どこのTOEIC攻略サイトでも必ず1記事はこの単語帳に触れているであろう、TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ。略して、金フレです。

この単語帳のよいところは、コンパクトな文庫本サイズの中に、かなりのボリュームの英単語が満杯につまっているところにあります。

そのつまり具合が金フレの真の魅力なのではないかと僕は推察します。キラーン

金フレの見出し語には必ず例文が付いていて、ページの端に同義語や反意語などの派生後が掲載されているのです。見出し語だけだと、金フレには1000少々の英単語しか載っていないのですが、この派生語たちが徒党を組むと一冊のボリュームが2~3倍くらいに膨れ上がるのです。

しかも、そこに出てくる単語はどれもTOEIC頻出単語なので、

「覚えておいた方がいい」

ではなく、

「覚えておかなければならない」

単語なのです。

さらに詳しく書きたいのですが、これ以上書くと、金フレに全精力を傾けそうなのでやめておきます笑

ちなみに以前金のフレーズについて書いた記事がありますので、ぜひ参考にしてください。

TOEIC単語帳金のフレーズのレビューと正しい使い方【最新版】

ちなみに990点レベルの英単語というページもありますが、スコアは気にせず全部覚えてしまいましょう。

2.改訂版キクタンTOEIC TEST SCORE 990

これも鉄板中の鉄板と言えます。英語業界では有名なキクタンシリーズのTOEIC版。その中でも最もレベルが高いキクタンTOEIC TEST SCORE 990です。

この単語帳、SCORE990とうたってはいますが、990点満点には語彙力の点でも若干及ばないですね。でも、900点には十分なほどの語彙力が身に付きます。

この単語帳の特徴は、とりあえずなかなか難しいよ、というところに尽きます。初見では半分以上の単語の発音すら分からない状態で始めることになる人も多いでしょう。

しかーし、金フレをやってきた皆さんならそんな中でも十分食いついていけると思います。1日30分を英単語を覚える時間にして、1日1課やってみましょう。もちろん、二日目以降は復習も必要になってきますが、それも含めて30分以内でやってみるのです。

その代わりといっては何ですが、復習は何度やってもOKにします。何周も何周も勉強していけば、記憶力の善し悪しに関係なく覚えられますからね。

勉強の基本は復習ですから、何度も繰り返してTOEIC英単語王になりましょう。

この参考書についても以前記事を書きました。参考にしてみてください。

キクタンTOEICの正しい勉強法とレビュー

TOEIC単語帳ルート その2 速読速聴英単語編

速読速聴英単語編は、その名の通り速読速聴英単語TOEICの二冊を勉強していくルートです。

速読速聴英単語TOEICは、大学受験で有名なZ会が出している英語の参考書です。特徴については追々説明していきますが、比較的時間のある人に向いています。

時間は掛かりますが、効果は確かで、語彙力だけでなく、リーディング力、リスニング力まで鍛えることができるという夢のような参考書です。

その分本腰を入れて勉強に取り組まなくてはならないですが、語彙力以外の力も同時に付くのは大きなアドバンテージだと言えます。

1.速読速聴・英単語 TOEIC TEST STANDARD 1800

速読速聴英単語TOEICの1冊目ですが、それなりの難易度を誇っています。この一冊を本当にしっかり勉強し尽くせば、TOEICで700点程度取ることもできるはずです。

内容としては、英語の長文中に重要英単語がいくつか混じっていて、それを文章の中で覚えていくというのが基本的なスタイルです。それに加えて、速読速聴英単語はCDが付いてきます。このCDを使えばリスニングの勉強もできますし、音読の練習を取り入れることもできるわけです。

シャドーイングやリピーティングをこの参考書で行えば、どんどんリスニング力は上がっていきますし、英語を頭から理解する能力も高まっていきます。英単語帳の域を超えて、リスニングの参考書にもなっていますね。

唯一と言える弱点は、一冊をマスターするまでにかかる時間が長いことですが、毎日コツコツ勉強できる人にはこんな参考書が合っているはずです。

2.速読速聴・英単語 TOEIC TEST GLOBAL 900

こちらが速読速聴英単語TOEICの2冊目で、難易度は更に上がっています。TOEIC900点を超える英単語も散見されますが、この単語帳はTOEICのためだけでなく、GLOBALに活躍するために編纂された単語帳ですので、そういう意味では実用的だと言えます。

英文の難易度なども上がっていますし、そう簡単にはマスターできない単語帳ですが、これができればTOEICの語彙では怖いものなしになります!

是非そこまで目指して頑張ってみましょう。

TOEIC単語帳ルート その3 ALL IN ONE

最後に紹介するのがALL IN ONEという英単語帳を使った英単語の勉強方法です。

ALL IN ONEという単語帳は聞いたことがないという人も多いと思いますが、実によく出来ている単語帳です。パソコンがあれば更に活用できますので、このルートはパソコンを持っている人に特におすすめできます。

またALL IN ONEにはCDやディクテーションソフトが付属しているので、このルートもリスニング力を上げることが可能です。

さらに、ALL IN ONEを繰り返し読むことで、構文解釈に強くなります。リーディング初心者にもおすすめできる勉強方法です。

1.ALL IN ONE

ALL IN ONEは少し異色の英語参考書です。ここでは英単語帳としてカテゴライズしていますが、実際はリーディングにも英文法にもリスニングにもライティングにもどの能力も高まるようになっています。

特に僕が気に入っているのはディクテーションソフトが付いていることです。これはPCがないと使用できないのですが、リスニング力を高めるのに非常に効果を発揮してくれます。

さらにCDには様々な音声が録音されていて、瞬間英作文などもできるようになっています。

穴があるとすれば、レベルがやや低めだということで、大学受験+α程度のレベルに設定されているのです。それをとっつきやすいととるか、レベルが低いと見るかは別れますが、もう一冊本格的なTOEIC単語帳をこなさないとなりません。

2.新TOEIC TEST英単語・熟語高速マスター

そのALL IN ONEの語彙力不足を埋めるのがこの単語帳です。

ちょうどDUOと似た形の参考書になっていて、音声もしっかりついています。しかも出てくる単語がTOEICに出てくる単語そのものなので、スコアアップに激しく貢献してくれます。

この単語帳まで含めてALL IN ONEシリーズと考えると、TOEIC対策にはバッチリになります。

終わりに

ここまでTOEICの語彙力で900点レベルになる参考書のルートを3つ紹介してきました。

3つどれもが特徴のある参考書だったとは思いますが、何より大事なことは、どのルートでも最後までやりきることが大事だということです。

つまり三日坊主で終わってしまっていては、TOEICでハイスコアを狙うのは難しいというわけです。

どの勉強においてもこのことは言えると思いますが、ことTOEICにおいてはメンタル面の管理というのも大事になってきます。

いずれこのことについても記事を書きたいと思います!