TOEIC800点を達成するための勉強法とおすすめ参考書3冊!

english TOEIC800点

TOEIC800点手前でスコアの伸びが止まってしまう人は多いと思います。

なぜかというと、TOEIC800点はそれ以下のスコアで解くことが必要ない「やや難」のレベルの問題を解かないと達成できないからです。つまり、参考書や勉強法も「やや難」をクリアするレベルのものを用意する必要があります。簡単な参考書ばかり続けていては、スコアの伸びも止まってしまうのです。

この記事ではTOEIC800点を超えるための正しい勉強法と、精選した参考書を3冊紹介していきます。

TOEIC800点を目標としている人は必読の内容です。

※TOEIC700点以上のレベルの人向けの内容です。

スポンサーリンク

TOEIC800点を超えるための分野別勉強法

語彙力

TOEIC800点を取るには高いレベルの語彙を身に付ける必要があります。

ただし、難しい英単語を覚えると言っても、ただ日本語訳を覚えただけではいけません。

TOEICにはリーディングPARTとリスニングPARTがあることはみなさんご存じだと思いますが、覚えた英単語はリーディングとリスニングに応用できなければ、スコアアップにつながらないのです。

例えば、リスニングPARTで英単語を聞いてから意味がイメージできるまで1秒でもかかってしまっては、音声の理解が間に合わないのです。瞬時に意味が分かるようになる必要があります。

TOEIC800点でもTOEIC900点でもこれは同じです。いくら難しい英単語でも、瞬時に意味がイメージできるようになるまで、繰り返し勉強しましょう。

文法

TOEIC800点を取得するには文法問題はほとんど間違えてはいけません。文法問題で9割くらいの正答率をキープすることがまず大切です。これができないとPART7にしわ寄せがいきます。

またスピーディにPART5とPART6を終えることで、PART7に時間を残すことも大切です。

つまり、普段文法問題を解くときに、

  • 正確さ
  • 解答スピード

の二つを意識して解くことが大切です。

文法問題に関しては知識だけで解ける問題がほとんどですので、勉強した問題数と復習がスコアアップの決め手になります。

リスニング

リスニングの勉強法で有効なのは音読のトレーニングです。

特にこのレベルだと、オーバーラッピングやシャドーイングが有効になってきます。この二つのトレーニングを行うと聞こえる音の数が段違いに増えます。また、音読をすることによって復習が早く終わるので、勉強の速度が全く変わってきます。

音読のトレーニングをしたことがない人は、ぜひためしにやってみてください。

音読が初めての人は、発音の参考書を一冊終わらせるとスムーズに英語の発音ができるようになります。

リーディング

TOEIC800点を取るためには、PART7の長文リーディングでもある程度正答することが必須です。

特に、リーディングが得意でリーディング重視の勉強をしている人は、PART7での正答数を増やさなければなりません。

そのためには、次の二つの要素のレベルアップが必要になります。

  • リーディングスピード
  • リーディングの正確さ

リーディングスピードを速めるには普段からできる限り速く英文を読むくせを付けることです。その時に、英文を和訳しながら読むのではなくて、英語のままイメージで読むようにしましょう。

最初は誰でも和訳しながら読んでしまいます。しかし、訓練すればイメージだけでよめるようになるのです。TOEIC800点を目指すには、イメージで読めるようになると非常に有利です。

では、イメージで読めるようになるにはどうすれば良いでしょうか?

実は、それにはスラッシュリーディングという読み方が使えるのです。

スラッシュリーディングとは、英文を固まりで区切り、頭から読んでいく読み方を言います。この読み方ができるようになれば、イメージで読めるようになるまであともう少しです。

スラッシュリーディングには次の参考書も有効です。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

TOEIC800点を達成するための分野別参考書3冊

TOEIC800点単語帳

TOEIC800点を狙うとなるとかなりのレベルの語彙力が必要になってきます。

そこで、おすすめは次の単語帳です。

シャドーイングで学ぶボキャブラリーです。

この単語帳は通常の単語帳と少し変わっています。

例文で単語を覚えるのは単語帳ではよくあることなのですが、この単語帳はシャドーイングで例文を覚えていくのです。このコンセプトの単語帳は通常あまりありません。

シャドーイングで覚えていくので、当然リスニング力が鍛えられます。高いリスニング力はTOEIC800点を狙う上で強みになります。この単語帳で勉強すれば、TOEIC800点にグッと近づくのです。

また、シャドーイングをすることによって、リーディング力が付きます。これは、リスニングで英文を聞き取って理解する力が付くと、リーディングでも英文を1回読むだけで理解出来るようになるからです。リスニングとリーディングの能力は密接にリンクしています。

そのため、この単語帳1冊で語彙力だけでなく、リーディングもリスニングも鍛えることができます。
またコロケーションも豊富に載っているので、PART5の語法問題対策にもなります。

一冊でさまざまな分野のレベルアップが済んでしまうのが、「シャドーイングで学ぶボキャブラリー」の良いところです。
ただ難易度は高いので、シャドーイングができるレベルになってから挑戦しましょう。

この単語帳でリーディングとリスニングの力を高いレベルまで上げてから、次に紹介する模試問題集に挑みましょう。

TOEIC800点リスニング参考書

リスニングはTOEIC800点を狙うなら高得点が欲しいところです。リスニングPARTは少なくとも420点、できれば450点欲しいです。なぜかというと、リーディングPARTよりリスニングPARTの方がスコアが伸ばしやすいからです。時間がかかっても良いのなら、リーディングPARTをひたすら伸ばしても良いですが、リスニングPARTを伸ばした方が効率良く800点を達成できます。

そして、リスニングPARTで420点を取るなら、普通レベルの問題はミスなく解いて、やや難レベルの問題でも積極的に正答を狙えるレベルにならないといけません。そのくらいのレベルにならないとTOEIC800点の実現は難しいです。

そこで、リスニングPARTの参考書はボリュームのある模試問題集を解くことで実力を上げましょう。

でる模試リスニング700問です。

700問全部リスニングPARTの問題で構成されていて、全部で本番7セット分あります。

難易度も普通からやや難レベルになっており、TOEIC800点台からそれ以上のレベルの演習に向いています。

TOEICで700点台の人たちは、リスニングの基礎はできています。重要なのは経験を積むことと勉強したことを復習することです。良質な模試問題集を正しい方法で解けば、それだけでTOEIC800点を超えられるはずです。

正しい方法で勉強するには以下の点を守らなければなりません。

  • 初めて解くときは通し本番と同様の条件で解く
  • 復習は一問ずつじっくり時間を掛ける
  • シャドーイングやオーバーラッピングを取り入れる
  • 少しでもいいので、毎日勉強を継続する

十分な勉強の質を確保して、正しい勉強の仕方をしないと、いくら良い参考書があってもスコアの伸びは微々たるものです。

逆に、正しい方法で勉強の質を高めれば、わずかな勉強でも効果はでてきます。

TOEIC800点を取得するには、勉強の質を高めることが大切なのです。

TOEIC800点おすすめリーディング参考書

TOEIC800点を超えるためにはリーディングPARTでも350点以上は欲しいところです。

400点近く取れたら、まず800点はクリアできます。

リーディング参考書も、リスニング参考書と同様に、模試問題集を解いていきます

TOEIC800点を狙うレベルということで、ある程度の読解力・解答力があることを前提とします。

リーディングPARTも良質な問題を数多く解くことでスコアアップを目指します。

「でる模試リーディング」は、「でる模試リスニング」と同じように、普通~やや難レベルの問題で構成されています。

公式問題集や本試験よりはやや難しいですので、実力がある人でもそう簡単に良い点数は取れないかもしれません。高地トレーニングと言えるレベル設定です。

ですが、ここで高地トレーニングをしておいて、難しい英文に接しておくのが大切なのです。

何度も難しい英文を繰り返し読んでおくと、本番の英文が難しめでもリーディングスピードが遅くなることがありません。

どのセットでも満点が取れるように復習すれば、リーディングPARTのスコアは確実に上がります。

スポンサーリンク

紹介している参考書が難しすぎるという人に

この記事で紹介している参考書はかなり難しいものばかりです。

TOEIC900点レベルの人でも、そう簡単にはできない問題集を紹介しているのだから当然です。

TOEIC基礎力がない人だと、解き方のコツや先読みの方法などを教えてくれと思うかもしれません。

そういう場合は、「スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース」というアプリをおすすめします。

このアプリは映像授業が見放題で、TOEICの解き方のコツや英文法などが分かりやすく解説されています。

今なら1週間無料体験ができるので、試してみてはいかがでしょうか。

スタディサプリTOEIC無料体験はこちらから

少ない参考書をうまく活用してTOEICハイスコアを

TOEIC800を越えるための参考書について書いてきました。

3冊しか紹介しませんでしたが、どれもが良問揃いの問題集ですので、この3冊をクリアできるレベルにあれば、TOEIC800点は取れる確率が高いです。

最後にスタディサプリTOEICも紹介しましたが、どうしてもわかりやすい解説が欲しいという人にはそちらも併用することをお勧めします。

この記事を活用して、TOEIC800点を突破しましょう!

TOEIC800点
スポンサーリンク
ごうをフォローする
TOEICスコア完全向上委員会

コメント