TOEIC800点のレベルは?取得に必要な教材と勉強法をまとめてみた

englishTOEIC800点
この記事は約9分で読めます。
  • TOEIC800点を取りたいけどどうすればいいんだろう?
  • 参考書とか勉強法とか今までと変えたほうがいいのかな?

TOEIC800点手前でスコアの伸びが止まってしまう人は多いと思います。

いわゆる「壁」というやつです。

なぜ「壁」があるのかというと、TOEIC800点はそれ以下のスコアで解くこと必要のない「やや難」レベルの問題を解かないと達成できないからです。

そのため、参考書も「やや難」を解けるようになるレベルのものを用意する必要があります。簡単な参考書ばかり続けていても、スコアの伸びは止まってしまうのです。

そこでこの記事ではTOEIC800点にスポットライトを当ててまとめてみました。

この記事の対象読者

  • TOEIC800点がどんな難易度か知りたい人
  • TOEIC800点を取るために必要な参考書や勉強法を知りたい人
  • TOEIC800点を超えて、さらに上のレベルに行きたい人

この記事の内容

  • TOEIC800点に関する情報まとめ
  • TOEIC800点を取るための参考書
  • TOEIC800点を取る効率の良い勉強法

TOEIC800点の難易度は?就職にプラス?まとめてみた

TOEIC800点以上の割合

TOEICのテストを開催する「一般社団法人 国際ビジネス・コミュニケーション協会」による第247回(2020年1月開催)公式テストの結果によると、スコアが800点以上の人が約13.3%となっています。

ちなみに900点以上は約3.5%ですので、800点台は約10%ということになります。

TOEIC800点を取れば就職で有利に

TOEICで800点を取ると、一般の人から、「英語ができる人」と見なされるようになります。就職や転職ではもちろん有利に働きます。

ただし、TOEIC800点で英語を喋れない人は多いですし、ナチュラルスピードの英語を完璧にリスニングできる人も少ないはずです。

TOEIC800点は、あくまで英語力を身に付けるための通過点に過ぎず、その後の努力も必要だということを忘れないようにしましょう。

TOEIC800点を取るのに必要な勉強時間

TOEIC800点を取るのに必要な勉強時間とはどのくらいなのでしょうか。

現時点でのスコアによって異なるので一概には言えないのですが、一般的に言われているのが次のことです。

Tips

TOEICスコアを100点上げるにはおよそ200~300時間の勉強が必要!

つまり、現在のスコアが700点なら200時間勉強すれば800点を取れるということになりますし、現在のスコアが650点なら300時間勉強すればいいということになります。

ただ、スコアの伸びは高得点になればなるほど時間がかかるとも言われています。あくまで一つの目安にしておきましょう。

TOEIC800点を達成するための分野別おすすめ教材・参考書

TOEIC800点おすすめアプリ

TOEIC800点に限らずTOEIC対策におすすめのアプリです。スタディサプリTOEICです。

TOEIC800点を目指すにはスタディサプリTOEICは以下のように使います。

スタディサプリTOEIC使い方のポイント
  • パーフェクト講義とパーフェクト講義・英文法でTOEICの問題の解き方をしっかり身に付ける。
  • TEPPAN英単語は使わずに後で紹介する単語帳を使う。
  • 実戦問題集はスキマ時間の勉強で使う。

スタディサプリTOEICは映像授業と、スマホで完結できるところがメリットです。

そのメリットを活かすためにも、上記のポイントを守って活用しましょう。

TOEIC800点おすすめ単語帳

TOEIC800点を狙うとなるとかなりのレベルの語彙力が必要になってきます。そこで、定番中の定番ですが次の単語帳をおすすめします。

金のフレーズはレベル別に単語が載っていますが、TOEIC800点を目指すなら全て覚えてしましょう。単語を覚えて得をすることはあっても、損をすることはありません。

TOEIC800点おすすめリスニング参考書

でる模試リスニング700問です。700問全部リスニングパートの問題で構成されていて、全部で本番7セット分あります。難易度も普通からやや難レベルになっており、TOEIC800点台からそれ以上のレベルの演習に向いています。

TOEICで700点台の人は、リスニングの基礎はできています。重要なのは経験を積むことと勉強したことをしっかり復習することです。良質な模試問題集を正しい方法で解いて復習すれば、それだけでTOEIC800点を超えられるはずです。

時間がかかってもいいのなら、リーディングパートをひたすら伸ばしても良いですが、リスニングパートを伸ばした方が効率良く800点を達成できます。

リスニングパートで420点を取るなら、普通レベルの問題はミスなく解いて、やや難レベルの問題でも積極的に正答を狙えるレベルにならないといけません。そのくらいのレベルにならないとTOEIC800点の実現は難しいです。

リスニングパートの参考書は難易度が高めの模試問題集「でる模試」を解くことで実力を上げましょう。

TOEIC800点おすすめリーディング参考書

TOEIC800点を超えるためにはリーディングパートでも350点以上取っておきたいところです。

400点取れたら、たいていの場合800点は取れます。

リーディング参考書も、リスニング参考書と同様に、模試問題集を解いていきます

TOEIC800点を狙うレベルということで、ある程度の読解力・解答力があることを前提とします。

「でる模試リーディング」は、「でる模試リスニング」と同じように、普通~やや難レベルの問題で構成されています。

公式問題集や本試験よりはやや難しいので、実力がある人でもそう簡単に良い点数は取れないかもしれません。

高地トレーニングと言えるレベル設定です。

ですが、ここで高地トレーニングをしておいて、難しい英文に接しておくと、たとえ本番の英文が難しめでもリーディングパートで安定して高い点数が取れます。

どのセットでも満点が取れるように何度も復習すれば、リーディングパートのスコアは確実に上がります。

TOEIC800点を超えるための分野別勉強法

単語勉強法

TOEIC800点を取るには高いレベルの語彙を身に付ける必要があります。

ただし、難しい英単語を覚えると言っても、ただ日本語訳を覚えただけではいけません。

TOEICにはリーディングパートとリスニングパートがありますが、覚えた英単語はリーディングとリスニングに応用できなければ、スコアアップにつながりません。

例えば、リスニングパートで英単語を聞いてから意味がイメージできるまで1秒でもかかってしまっては、音声の理解が間に合わなくなります。瞬時に意味が分かるようになる必要があります。

TOEIC800点でもTOEIC900点でもこれは同じです。いくら難しい英単語でも、瞬時に意味がイメージできるようになるまで、繰り返し勉強しましょう。

Tips

おすすめの勉強法は、英単語の意味と単語を見てから、いったん目を離し英単語を発音するやり方です。この時、日本語の意味をイメージしながら発音すると効果が高まります。この覚え方だと、意味と英単語を結びつけて覚えられるので、リーディングにもリスニングにも使える語彙が身に付きます。

文法勉強法

TOEIC800点を取得するには文法問題はほとんど間違えてはいけません。文法問題で9割くらいの正答率をキープすることがまず大切です。これができないと、パート7で相当正答しなければ、800点は難しくなってしまいます。

またスピーディにパート5とパート6を終えることで、パート7に時間を残すことも大切です。

文法勉強のコツは以下の通りです

文法勉強法のポイント
  • 普段から正確に問題を解くよう心がける
  • 解答スピードを高めるよう意識する

文法問題に関しては知識だけで解ける問題がほとんどですので、勉強した問題数と復習がスコアアップの決め手になります。

リスニング勉強法

正しい方法で勉強するには以下のポイントを守りましょう。

リスニング勉強法のポイント
  • 初めて解くときは通し本番と同様の条件で解く
  • 復習は一問ずつじっくり時間を掛ける
  • シャドーイングやオーバーラッピングを取り入れる
  • 少しでもいいので、毎日勉強を継続する

リスニングパートはTOEIC800点を狙うなら高得点が欲しいところです。少なくとも420点、できれば450点欲しいです。なぜかというと、リーディングパートよりリスニングパートの方がスコアが出やすいからです。

リスニングの勉強法で有効なのは、シャドーイングなどの音読のトレーニングです。

特にこのレベルだと、オーバーラッピングやシャドーイングが有効になってきます。この2つのトレーニングを行うと英語が段違いによく聞こえるようになります。

また、音読をすることによって学習効率が全く変わってきます。リスニングの勉強に音読のトレーニングを取り入れたことがない人は、ぜひためしにやってみてください。

音読が初めての人は、発音の参考書を一冊終わらせるとスムーズに英語の発音ができるようになりますよ。

リーディング勉強法

TOEIC800点を取るためには、パート7の長文リーディングでもある程度正答することが必須です。

特に、リーディングが得点源だという人は、パート7でも正答数を増やさなければなりません。

そのためには、

  1. リーディングスピード
  2. 正確なリーディング

ができるようになる必要があります。

リーディング勉強法のポイント
  • リーディングスピードを高める。
  • 速く読んでも正確にリーディングするように意識する。

リーディングスピードを速めるには普段からできる限り速く英文を読むくせを付けることです。その時に、英文を和訳しながら読むのではなくて、英語のままイメージで読むようにしましょう。

最初は誰でも和訳しながら読んでしまいます。しかし、訓練すればイメージで正確に読めるようになるのです。

TOEIC800点を目指す際に、イメージで読めるようになっていることは大きなメリットです。

では、イメージで読めるようになるにはどうすれば良いでしょうか?

実は、それにはスラッシュリーディングという読み方が使えるのです。

スラッシュリーディングとは、英文を固まりで区切り、頭から読んでいく読み方を言います。この読み方ができるようになれば、返り読みをしなくなるので、リーディングスピードが上がります。また、イメージでなるまであともう少しです。

TOEIC800点
Gohをフォローする
英語を身に付けるブログ | TOEIC対策から英会話まで

コメント