リーディング力アップだけじゃない!音読の驚くべき効果!

english

英語の勉強で「音読が一番」とよく叫ばれていますが、なぜ音読が一番の勉強法なのでしょうか?この記事では音読をすることによって身につく様々な英語能力について解説していきます。

記事内広告



音読で身につく英語能力

英文を音読することで主に以下の能力が身についていきます。

  • リーディング力
  • リスニング力
  • スピーキング力
  • 英単語力

リーディング力とスピーキング力については、音読することで身につくのは当たり前の気がしますが、リスニング力と英単語力まで身につくというのは中々信じられないかもしれません。ですが、音読をすることで、これらの能力が確実に身についていくのです。

リスニング力がアップする理由

音読をすると、英語の発音やイントネーションが身についていきます。もし発音がわからないとかイントネーションがわからないというなら、英文の音声を聴きながら音読をしましょう。発音やイントネーションが身につくと英語のリズムやリエゾンといったことに少しずつ身に付いていくはずです。これがリスニング能力を上げる理由の1つです。
また、よく言われていることですが「自分で発音できる音は聴こえる」ということがあります。音読練習で発音が出来るようになった音は聴こえる、つまりそれはリスニング力のアップに他ならないのです。
この2つの理由から、音読練習でリスニング能力が上がるということがわかるのです。

リスニング力をアップさせる発展音読練習法

音読にはさまざまなやり方があります。特にリスニング力をアップさせる音読としては、シャドーイングが有名です。シャドーイングとは音声が流れた数語後に自分で発声していく音読法です。その際なるべく元の音に似させるようにして、音読をします。

シャドーイングをすると、強制的に音を集中して聞かないといけないため、リスニング力がアップします。また暗唱もリスニング力アップに良いという話もあります。音読の方法は様々なので、自分のレベルに合った方法を試してみると良いでしょう。

英単語力が上がる理由

英文を音読する際、自分で内容がわからない英文はスラスラ読めません。どこかわからない単語でつまったり、発音が曖昧になったりするはずです。そこで、英単語の発音や意味を調べます。その後スラスラ読めるようになるまで、英文を音読すると、最初はわからなかった単語の意味もわかるようになり、英文の前後関係もつかむことができ、リーディング力と英単語力が上がります。英単語単体だと覚えにくい単語の意味も、英文を読むことで意味がわかってくるのです。



スポンサーリンク

音読は英語勉強の基本

音読は英語勉強の中で最も基本的なものです。様々な英語能力が身につきますし、勉強の効率を考えてもその効果は非常に大きいのです。英語初心者の人も、まずは音読練習を基本に勉強していきましょう。かならず英語力がアップしているはずです。

Amazon Unlimited

シェアする

フォローする