TOEIC参考書おすすめ 究極のゼミPart 7リーディングの効率的な勉強法

english

TOEICリーディング参考書の中でも評判の高い究極のゼミPART7を紐解いていきます。
非常に使いやすい参考書なので、ぜひ参考にして試してみましょう。

記事内広告



TOEICリーディング参考書おすすめ究極のゼミPART7

究極のゼミPART7の内容

究極のゼミPART7は、本の内容が全部で12回のゼミに分かれていて、それぞれに例題が一つと練習問題が2題から3題付いています。またゼミは一つ一つが問題のタイプごとに分かれていて、それぞれのタイプの問題の解き方が具体的に説明してあります。

そして各ゼミには問題の解き方に直結するトレーニングが用意してあり、問題のタイプに完全に慣れることができます。そして巻末にはミニ模試が2セット用意されているので、問題のボリュームも満点になっています。また各問題には難易度も書いてあるので、問題の難しさの参考になります。

注意するところは、この本は問題の解き方のプロセスが書いてある本であって、読解力を基礎から学ぶ本ではないということです。そういった意味ではある程度の読解力があった方が、この参考書を進める際にスムーズに行きます。

TOEIC究極のゼミ Part 7のここがスゴい!

TOEICの参考書として難易度がちょうど良く、初心者でも手が出しやすい

究極のゼミPART7はTOEIC500くらいの人から800点くらいの人まで使える参考書です。PART7の答えの出し方などをくまなく説明しているので、初心者から少しリーディングが苦手な上級者まで使えます。もしこの本の英文がほとんどわからないようなら下のリンクを参考にしてみてください。

TOEICリーディング TOEIC初心者がリーディング力を基礎から上げるならこの一冊
TOEICリーディングの勉強には大学受験の参考書がおすすめ英文読解入門基本はここだ!―代々木ゼミ方式 改訂版posted with ...

問題もちょうどいい難しさで、極端に難しい問題などは出てきません。万人に受ける参考書と言えますね!

TOEICリーディング問題の解き方のプロセスがしっかり学べる

この本の最大の特徴とも言えるのが解説の充実さで、どんな問題にも対応できるような問題の解き方のプロセスを身につけることが出来ます。ゼミは生徒と先生の受け答えで進行していきます。問題に対する疑問などは生徒がぶつけてくれるので、こちらも疑問点が残らずに問題を解けるようになっていきます。

TOEIC究極のゼミPART7の正しい使い方

まずはその回のゼミの内容をしっかり把握しましょう。
そしてゼミの先生の説明を完全に理解することが大切です。ここを理解するのがこの本の最大のポイントと言えます。さして難しいことを要求されるわけではないので、初心者でも十分理解できると思います。

ちゃんと理解したら、トレーニングと練習問題を通して解き方のプロセスを体に覚え込ませましょう。ここは一度では中々身につかないと思うので、自分で納得するまで問題を繰り返し解くべきです。そうすれば、どんな問題が来ても対処できるようになっているはずです。

最後のミニ模試は、旧形式の実際の問題数に合わせて作ってあるので、時間を計りながら問題を解くと本番さながらの実戦形式で問題を解くことが出来ます。問題のスコアは、公式問題集よりはやや難しめに作ってあります。

終わりに。TOEIC究極のゼミPART7を解いてみた感想

究極のゼミPART7を解くとTOEICのPART7を自信を持って解くことが出来るようになります。僕もこの本に出会う前は、直感で問題を解いていたのですが、この参考書を理解したら、論理的に解くことが出来るようになりました。

著者がTOEICの問題をよく研究しているので、解き方のプロセスがこの参考書の問題を通してわかるようになります。僕はこの本のおかげで公式問題集や模試本でリーディングPARTは400点を常に越えるようになりました。
リーディングPARTの点数を伸ばしたい人は是非手に取ってみてください!

Amazon Unlimited

シェアする

フォローする