TOEIC文法勉強法|この順番で勉強すればスコアは上がる

toeic

TOEICの文法は、コツをつかむとスコアも上がりやすいですが、イマイチコツがつかめていないと、いくら勉強をしても中々スコアが上がりません。その差はどこにあるのかというと、文法の勉強法に違いがあるのです。

ここではTOEIC文法の勉強法のガイドをしていきます。

記事内広告



TOEIC文法勉強法.1 問われるレベルを知る

さあ、文法だと勉強しようとしても、TOEICの文法レベルがどの程度なのかを知らずに勉強するのは効率が悪いです。

TOEICの文法問題では主に文法と語彙の2つの能力が試されます。まずはどの程度のレベルの問題が出題されるのか説明します。

TOEICは高校レベルの英文法で十分

TOEICで問われる文法のレベルは、高校で習う範囲までです。

日本の高校の英語学習では英文法は高校まででほぼカバーするので、当たり前といえば当たり前です。しかし、高校で習う英文法と言っても、どの程度のレベルまで英文法を習うかは学校によって大きく異なります。そこで紹介したいのが次の参考書です。この参考書に出ていない文法項目はTOEICには出ません。

総合英語Forestです。もしかしたら、高校などで配布されたことがあるかもしれませんが、ほとんどの英文法の項目がこの本一冊に記載されています。

この参考書を丸暗記するのは効率が非常に悪いですし、挫折する可能性が非常に高いので、おすすめしません。

この参考書は、TOEICの学習中にわからないところがあった場合にリファレンスとして使うようにしましょう。

TOEIC文法勉強法.2 文法問題を解く土台を作る

効率的なTOEIC文法の勉強法として、最初に基礎的な英文法を覚えることをおすすめします。具体的には中学・高校初歩程度の英文法をしっかりと覚え直しましょう。

もし、この程度のレベルの英文法なら完璧に覚えている、というならこの項目は飛ばして構いません。

1.中学レベルの英文法をマスターする

中学レベルの英文法はそれほど難しくないですし、覚えている人がほとんどかもしれません。ただ、少しでも自信がないと思ったら、次の一冊をこなしておきましょう。

この参考書は中学3年間で習う英文法をギュギュッとまとめて一冊にしたものです。
中学レベルの参考書の中ではやや難しめに入りますが、TOEICに挑戦するならこの程度の英文法はおさえておきましょう。

すでに一度英語の授業で習っている項目ばかりだと思いますので、スラスラ読めるはずです。この参考書は何度も繰り返す必要はありませんので、重要項目を覚えながら、ササッと読み終えてしまいましょう。

ここで注意するのは、でてきた単語や熟語はしっかり覚えておくことです。中学レベルの英単語熟語はこれから先ずっと出てきますので、完璧にしておきましょう。

2.高校初歩の英文法をマスターする

次に高校初歩の英文法をマスターします。

ここで高校初歩と言っているのは、高校英語の偏った分野を少しやるという意味ではありません。むしろ、全分野を浅くやるといった方が正しいです。

高校英語は難しくなるにつれ、受験英語のディープな知識が必要になってきます。

高校初歩というのは、そういったディープな知識は必要ないという意味です。

そこで、ここではこの参考書をおすすめします。

この参考書はわかりやすさに重点を置いていて、中学英語の基礎ができている人なら、スラスラ頭に入っていくはずです。
1週間ほどかけて、何周も繰り返してしまいましょう。そうすれば、高校英語の初歩は完全にマスターできています。

また、ここでも出てきた英単語・熟語を覚えておくことを忘れないようにしましょう。

TOEIC文法勉強法.3 実際の問題に挑戦する

高校初歩の英文法をマスターした段階でTOEICの文法問題に挑戦する力が付いてきたはずです。これからは、実際のTOEIC英文法の問題集に挑戦していきます。

TOEIC英文法の参考書で傾向を知る

まずはTOEIC文法問題の参考書で、TOEIC文法の傾向を知りましょう。ここまで順調に来ていれば、文法の知識面ではそれほどの不安はないはずです。

TOEIC文法の一冊目におすすめなのは次の参考書です。

この参考書は問題集として使うより、TOEIC文法の傾向と対策を知るために使うのがベストです。また解説が丁寧なので、初心者でも十分に理解することができます。

TOEICの文法勉強法として、どういう問題が出るのか最初に全体像をつかむと、後の勉強も進めやすくなります。自分の苦手分野・得意分野を見極め、苦手分野をつぶし、得意分野を伸ばせば、文法問題の攻略が圧倒的に早くなります。

そのために、この一冊で自分なりのTOEICの進路を考えてみましょう。

TOEIC文法勉強法.4 網羅性の高い問題集を解ききる

仕上げとしてTOEICに出てくる問題をほとんど網羅した問題集を解いて、実戦力を高めます。ここでおすすめしたいのは次の一冊です。

1000問強の問題が載っていて、TOEIC文法の問題集の中でも群を抜いて網羅性が高い問題集(以下、でる1000問)です。この問題集の問題を全て自信を持って解ききることができるようになれば、TOEIC本番でも、文法問題で間違えることはほとんどなくなるはずです。

TOEIC文法問題集でる1000問の解き方

でる1000問を解くときに気を付けておきたいのが、

  • 解答時間
  • 正答を選んだ際の自信

です。

解答時間

まず解答時間ですが、問題集にも書いてあるように1問20秒以内に解くことを厳守しましょう。これは、TOEIC本番を想定して、リーディングパートの他のパートに影響を与えないようにするための時間配分です。1問20秒以上かかってしまうと、リーディングパートを解ききるのが時間的に厳しくなってしまいます。

これまでの文法の勉強では解答時間を考えて勉強することはありませんでしたが、ここからはシビアにいきます

また、普段から文法問題を解くときに20秒以内に解くようにすると、集中して素早く解くことができるようになります。

この2つの点から、解答時間は20秒以内というルールを守りましょう。これがTOEICの文法を得意にする勉強法の1つです。

正答を選んだ際の自信

次に、「正答を選んだ際の自信」です。

これは、でる1000問を解いている時に、自信が無い問題があって、それをたまたま正解した場合の話です。

こういう、自信がなかったけどたまたま正解した問題に関しては、間違えた問題と同じくらい復習をするべきです。自信がないけど正解した問題は、復習しないと次に同じような問題が出てきたときに正答する可能性が低いからです。

でる1000問を解ききったと言えるのは、

全ての問題を自信を持って制限時間以内に解ける

ときです。

TOEIC文法勉強法.5 模試問題集で数をこなす

模試問題集で実戦演習をする

模試問題集には文法問題が当然載っていますが、これを解くだけでもかなりの勉強になります。大抵そういった中には2~3問は難問が混じっているからです。こういった問題が解けるようになると、文法で9割以上をコンスタントに狙えるようになります。でる1000問を解いた後の文法の勉強方法はこういった形にシフトしていきましょう。



スポンサーリンク

TOEIC文法勉強法.6 超高難度の問題を解けるようになる

「どうしても、文法で満点を取りたい。」

「いつも、1.2問間違えるので、それを無くしたい。」

こういう人はこのステップまで勉強しましょう。TOEICの本番で、1回のテストで一問出るか出ないかというレベルの高難度の文法問題に対処していく勉強法です。

ただ、この勉強法は時間が掛かる割にはコストパフォーマンスが悪いです。どうしても、文法満点を狙わなきゃならない人のみ参考にして下さい。

語彙レベルを最上級にする

TOEICのPART5で最終的に落としやすいのは、単純な文法問題より、語法や語彙問題になることが多いでしょう。

そこで、まずは語彙のレベルを圧倒的に高くします。具体的には以下の参考書を使っていきます。

TOEICの単語帳としては最高峰の難しさを誇る、キクタンTOEIC TEST SCORE 990です。

この単語帳のよいところは、コロケーションや派生語が詳しく載っているところにあります。

コロケーションを知っていると、語法問題で点数を稼ぐことができます。

また、知っている動詞でも、その形容詞、副詞などを知らないことはよくあると思います。この単語帳にはそういった穴が無くなるように、様々な派生語が掲載してあります。

これらを覚えてしまえば、語彙問題、語法問題、品詞問題といった、TOEIC文法問題で難易度が高い問題をおさえることができます。

更に、リスニング力もつきますので、一冊で様々な能力をあげることができるのです。

この参考書が終わったら、もう一度、模試問題集で文法問題を解いてみましょう。以前より遥かに解きやすくなっているはずです。

まとめ

ここまでTOEIC文法問題の勉強方法を紹介してきました。

TOEIC文法問題の出る範囲を知ることから始まり、網羅性の高い問題集を解いた後は、模試問題集で演習するということでした。

実際に僕はこの勉強法で、アビメで文法100%を取ったこともありますし、文法問題を得意にすることができました。

この記事を読んで下さっている皆さんも、この勉強法を実践すれば、文法問題でハイスコアを狙うことができるはずです。

Amazon Unlimited

シェアする

フォローする