TOEICリーディング450点越えするために行った勉強内容がこれだ!

reading a book

「TOEICリーディングPARTで思ったような点数が出ない」

そう思ったことはありませんか?実際TOEICリーディングPARTには多くの人が苦しめられています。

ただし、勉強法を少し改良するだけでスコアが伸びる可能性があります。なぜかというと、TOEICリーディングPARTは、正しく勉強さえすれば、ある程度までスコアアップすることはそれほど難しくないからです。

この記事では僕がTOEICリーディングPARTで450点越えするために行った勉強法を紹介します。

基本的には、この記事の上から順番に勉強をしてください。

「自分はコレはもうマスターしてる!」

と思うところはパスして構いません。

この記事を活用して、リーディングPARTで自己ベストを狙いましょう!

TOEICリーディング勉強法1.語彙力を付ける

未知の単語が多い英文はどうやったって意味はわからない

リーディングPARTの勉強では、最初に語彙力をつけるのが鉄板です。

語彙力がないと、英文の意味が掴めないですし、PART5の語彙問題がわからないからです。こんな状態ではハイスコアを狙うのは非常に難しいです。

僕の場合、語彙力に関しては早い段階で出来る限りまで増やしました。

そこで思ったのは、

「語彙力は確実に武器になる。」

ということです。

僕は後述するリンク先にある英単語帳の中では最も難しい「キクタンTOEIC990」まで完全にマスターしました。結果的にこれが功を奏して、語彙問題は100%正解することができ、PART7でも分からない単語はほぼなくなり、ハイスコアにつながりました。

単語帳の勉強はTOEICの対策をしている間は常に行っていた方が良いです。一気に単語を覚えようとすると、単語を忘れるスピードも速いですし、返って効率が悪いです。

毎日少しずつ覚えて、復習もしっかりしましょう。

おすすめの単語帳に関しては以下のリンクが詳しいです。

TOEIC単語帳おすすめレベル別10冊を紹介【最新版】
英語の勉強の中でも大切になってくるのが英単語の勉強です。英文を読むにしろ、聞くにしろ英単語の知識がなければ意味がわからないからです。 ...

TOEICリーディング勉強法2.文法問題を素早く確実に解く

PART5を1問15秒で解くことでPART7に時間を回す

一般に、PART5は1問20秒で解くことがすすめられていますが、僕の場合15秒以内で解くことにしました。

そうするとPART7で何かあって時間がかかっても、最後まで間に合います。

PART5を1問15秒で解くのに必要なのは次の3つです。

  • リーディングスピード
  • 典型的な文法問題は瞬時に解くこと
  • 文法問題に対する反射神経を磨くこと

リーディングスピードに関しては後述しますが、典型問題を瞬時に解くことや、文法問題に対する反射神経を磨くことに関しては、PART5の問題を理解しながら解くしかないです。

ここでポイントになるのが、

「理解しながら」

というところです。

むやみやたらに文法問題を解くのではなくて、1つの問題を他の人に解説できるくらいになりましょう。

文法問題は「解き方の理屈」を覚える

中学・高校レベルの基本的な文法はできていることを前提として話を進めていきます。

文法問題の解き方に関しては、以下の2冊が詳しいです。

長年TOEIC文法問題集の頂点に君臨する2冊ですが、トップにいる理由はその丁寧な解説にあります。

ただし、文法特急は英文を覚えるほど繰り返した方が良いと言いますが、それはある意味では正解である意味では間違いです。

文法特急は、

「解説を完全に再現できるほど繰り返す」

のが良いのです。そうすると、文法問題の解き方に詳しくなれますし、1問勉強するだけで、数問の文法問題を解けるようになります。

英文を全て覚えるまでにかかる時間と労力を考えると、「問題を見れば解説できる」状態になるのはそれほど難しくないはずです。

TOEICリーディング勉強法3.PART7を解く土台作り

PART7は究極のゼミで解き方を覚える

PART7は究極のゼミで解き方の基本を覚えるのがベストです。

究極のゼミPART7には問題のタイプごとの解き方のベースが載っているので、PART7の問題の解き方に悩んでいる人には特におすすめです。また、文法特急の英文が読めるようになっていれば、PART7の1冊目としても理想的な一冊です。大抵の問題はこの参考書に載っている解き方で解けますし、問題によって効率的に解く順番などまで書いてあります。

リーディングが苦手な人はこの参考書を繰り返し勉強し、全ての問題で正解の理由・誤答の理由を答えられるようになると一気にリーディングPARTでのスコアが伸びます。

TOEICリーディング勉強法4.リーディングスピードを上げる

スラッシュリーディングで返り読みを防止

返り読みとは、英文を左から右に読んで、今度は右から左に意味を取りながら読み直すことを言います。

英語の苦手な人ほど返り読みをする傾向にあるようです。返り読みをするとリーディングスピードはある程度のところで頭打ちになります。

返り読みをすると同じ英文を二度読むことになるので、単純計算で通常の倍時間がかかるからです。

そこでおすすめしたいのがスラッシュリーディングです。

スラッシュリーディングとは英文をかたまりで区切りながら、前から読んで理解していくリーディング法のことを言います。

スラッシュリーディングをするのにおすすめの教材がこちらです。

TOEIC対策アプリで音読トレーニングをする

「スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース」というアプリをご存じでしょうか?

かなり有名なアプリなので、知っている方も多いのではないかと思いますが、このアプリを使えば様々な映像授業を見たり、独自の音読トレーニングをすることができます。

PART5では映像授業での文法の解説が、PART7では「スピード音読」というトレーニングが役に立ちます。

「スピード音読」というのはできる限り早く英文を音読するというトレーニングですが、スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースではそれがやりやすいように工夫してあります。

リーディングスピードがなかなか伸びないという人にはおすすめです。

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースに関しては以下のリンクが詳しいです。

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コース徹底レビュー!
スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースの話を聞くことが多くなりました。 TOEIC対策アプリは数あるのに、なぜこのアプリに人気...

イメージで英語を理解する

リーディングスピードが中々上がらないという人は、音読をしてみましょう。

音読をする際に重要なのは声を出すことではありません。英語のまま意味をつかむことが一番大切なのです。決して和訳をしながら読んではいけません(スラッシュリーディングを思い出してください)。

この時に重要なのが、イメージする力です。最初は漠然としたイメージでも構いません。自分なりに英語のイメージを作りながら読んでみてください。

この読み方に慣れるとリーディングスピードが一気に上がります。

限界スピードで英文を読む勉強法

英語を日本語に変換せずに理解することができるようになったら、次のステップに進みます。

TOEICだけでなく英語のリーディング全体に言えることですが、リーディングスピードの最大値を上げるための勉強法は、

「自分が理解できる限界のスピードで英文を読む」

ということに尽きます。

この、限界のスピードで英文を読むというトレーニングはかなり集中力を要するので疲れます。ですが、慣れてくるとリーディングスピードもつきますし、集中力も維持できるようになってきます。

ポイントは、ある程度内容を知っている英文を、繰り返し限界のスピードで読むことです。

1つの英文で少なくとも10回は読み返しましょう。

これを数多くの英文で行えばリーディングスピードは確実に上がります。

リーディングの素材は何でもいいのですが、TOEICリーディングの勉強をする場合は、公式問題集や、TOEICのリーディング参考書の英文を使うのが良いでしょう。

以下のような、公式のリーディング問題集を使うのも手だと思います。

この問題集はトータルで20日間かけて、TOEICリーディングの練習を行うという問題集です。

TOEICリーディングの問題数をこなしたい人には確実に役に立つ1冊です。

しかも比較的新しい問題集なので、最新の問題を反映しています。

TOEICテストの1ヶ月前くらいには始めておきたいですね。

リーディングスピードを計る

音読で十分頭から意味がつかめると思ったら、上に書いた限界スピードの黙読です。TOEICで全問解くには、160語/分のスピードが必要と言われています。

これは1分間に160語読むと言うことですが、このスピードは東京大学の英語の入試問題で時間が余るというスピードです。

アプリなどで自分のリーディングスピードを計ってみると良いでしょう。おすすめは次のアプリです。

90万人が利用しているシェアNo.1の英語学習アプリPOLYGLOTS(ポリグロッツ)

90万人が利用しているシェアNo.1の英語学習アプリPOLYGLOTS(ポリグロッツ)
開発元:POLYGLOTS inc.
無料
posted withアプリーチ

このアプリは様々なジャンルの英文を読むことができ、リーディングスピードも測ることができるという、リーディング力アップには欠かせないアプリと言えます。

すき間時間を使って勉強ができるので、非常に便利なアプリです。

一部有料の機能もありますが、無料でも十分活用できます。

このアプリで160wpm(160語/秒)を常時出せるようになったら、TOEICの英文でも、最後まで読み切ることができます。そのレベルに達するのが目標です。

終わりに

ここまでTOEICリーディング勉強法について書いてきました。

この記事で書いてある内容は全て復習を十分にするという前提で書いています。間違えた問題で、間違えっぱなしにしてはいけません。全て正解を出せて、なおかつ高速で読めるようにならなければいけないのです。

それがリーディング力を上げる最高の方法です。

これさえ乗り切れたら、リーディングPARTが得点源になっているはずです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする