MENU

【単語が覚えられない人必見】TOEIC930点がTOEIC単語の覚え方を解説!

  • URLをコピーしました!

英単語の暗記は、TOEICの勉強でも重要なことの1つです。

しかし、いざ英単語の学習となると、なかなか意味が覚えられないということはありませんか?

この記事では、TOEICに特化した単語の意味の覚え方を紹介します。

この記事で解説する方法を活用すれば、以下の効果が得られます。

・単語の意味を素早く覚えられる
・単語の意味を長期間覚えていられる

単語帳が必要なので、持っていない方は以下のリンク先で単語帳を手に入れましょう。

目次

【基本】TOEIC単語の覚え方

英単語の覚え方ですが、基本的には次の通りです。

基本的な英単語の覚え方
  1. 英単語100語を1セットにする。
  2. 1.の英単語とその意味を1語ずつ交互に素早く10回声に出す。
  3. 2.を1日1回、5日間連続で行う。

1つのセットで、1.から3.まで終わったら次の100単語を1セットにして、また同じことを行います。

1.英単語100語を1セットにする

まずは英単語帳の1語目から100個目の英単語までをセットにします。

この時、知っている英単語は省きます。

わからない英単語だけセットにしましょう。

2.英単語とその意味を交互に素早く10回声に出す。

最初に作った1セットの英単語と日本語訳を素早く10回声に出して覚えていきます。

ポイントは意味をイメージしながら素早く声に出すことです。

音読して覚えるのが一番ですが、声が出せない場合は頭の中で英単語と意味を10回イメージします。

100語覚えるのに30分もかからないはずです。

3. 2を5日間連続で繰り返す。

2.の音読を5日間連続で繰り返します。

人によっては3日間くらいで覚えたと感じるかもしれませんが、5日間音読するのがオススメです。

5日間音読を行うことで、英単語の記憶が長期的なものになるためです。

また、5日間のうち後半の2日間は英単語の意味をイメージで覚えてみましょう。英語を英語のまま理解するトレーニングです。

【応用】TOEIC英単語の覚え方

1.フレーズで覚える

英単語の覚え方の応用として、単語をフレーズごと覚えてみましょう。

英単語をフレーズで覚えると文法や語法に強くなります。

文法や語法に強くなると、文法問題や語法問題に素早く正確に答えられるようになります。

フレーズで覚えるには、音声のリスニングや音読を活用するのがオススメです。

2.英語を英語のまま理解する

英語を英語のまま理解できるとリーディングやリスニングの解釈の速度が上がります。

すると、TOEICのリスニングセクションでは余裕を持って聞き取りができ、リーディングセクションでは全問解き終えられるようになります。

英語を英語のまま理解するには、普段の英語学習で英語のイメージをするようにしましょう。

英語学習者用の英英辞典を使うと、言葉の意味がイメージしやすくなります。

次の単語帳は英語を英語で解説している単語帳です。英英辞典より敷居が低いので試してみてもよいでしょう。

著:ジャパンタイムズ出版, 著:ロゴポート
¥1,782 (2022/08/24 18:20時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

TOEIC単語を覚えるときの基礎知識

TOEIC単語を覚えるときの基礎知識
  1. TOEICでは英訳は基本的に必要ない
  2. まずは1単語につき1つの意味を覚える
  3. 普段から積極的に単語学習をする

TOEICでは英訳は基本的に必要ない

TOEICの単語学習では、英語を日本語訳できればOKです。

TOEICでは英作文の能力は試されないので、英訳の力は基本的に必要ないというわけです。

もちろん、日本語の英訳ができるに越したことはありませんが、あくまで日本語訳がわかることが前提です。

徹底して日本語訳を覚えましょう。

もちろんTOEICS&Wテストを受験する場合は英単語のつづりがわからなければいけません。
日本語訳だけが必要になるのは、TOEICL&Rテストの場合です。

まずは1単語につき1つの意味を覚える

英単語には複数の意味があるときがほとんどですが、まずは一つの意味を覚えましょう。

核(コア)となっている一つの意味からイメージを膨らませて意味を理解していけば、意味が複数あっても覚えるのは楽になります。

そのため、まずはコアの意味を確実に押さえるようにしましょう。

これだけでも英単語の暗記がかなりはかどるはずです。

普段から積極的に単語を覚える

TOEIC単語学習に限りませんが、普段から積極的に単語を勉強すると覚えやすくなります。

例えば、リーディングの問題を解いていてわからない単語がでてきたら、自分で調べてみましょう。

「わからない」をそのままにしていては、単語力は付きません。

わからない単語がある時に「わからない」がホヤホヤの時に意味を確認することで、単語に強くなります。

終わりに

ここまで英単語の効率的な覚え方を紹介してきました。

この記事で紹介した英単語の覚え方は、TOEICだけでなく、各種英語試験でも活用できます。

上手く利用して、英語学習をより効率的にしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次