MENU

TOEIC金のセンテンス|金のフレーズとの違いやスコアアップに有効な使い方などを紹介!

  • URLをコピーしました!

金のフレーズを勉強したけど、身に付いていないような気がする

こうした悩みを解決するには、TOEIC金のセンテンスが有効です。

金のセンテンスを勉強すれば、金のフレーズの内容がさらに記憶に残ります。

この記事の内容
  • 金のセンテンスの紹介
  • 金のセンテンスと金のフレーズの違い
  • 金のセンテンスの正しい勉強法
  • 金のセンテンスをおすすめしたい人

など、金のセンテンスを余すところなく、詳しく説明していきます。

目次

金のセンテンスの基本データ

金のセンテンスは金のフレーズの姉妹本

金のセンテンスは金のフレーズの姉妹本です。

知っている方も多いと思いますが、金のフレーズとはTOEIC参考書の中でもトップクラスの売り上げを誇り、スコアアップにも直結するという、人気実力ともに兼ね備えた大人気TOEIC単語帳です。

Amazonなどでもベストセラーになっていますし、TOEICの勉強というと名前が出ることが多いので、聞いたことがあるという人も多いはずです。

しかし、金のセンテンスは金のフレーズと似ている部分もありますが、ほとんど別物と言っていい作りの単語帳です。

360本の英文にTOEIC頻出単語が満載!

金のセンテンスの特徴として、

  • 360本の英文にTOEIC頻出単語が載っている

という点が挙げられます。

金のフレーズの例文とはまた少し異なった形式ですので、使い勝手も変わってきます。

金のセンテンスの音声ダウンロード

金のセンテンスは音声が無料でダウンロードできます。

書籍を購入しなくても音声をダウンロードできます。

abceedアプリを利用して金のセンテンスを入手する

AI英語教材 abceed(エービーシード)

AI英語教材 abceed(エービーシード)

Globee Inc.無料posted withアプリーチ

abceedアプリを使えばスマホでも金のセンテンスなどのTOEIC参考書が勉強できます。

アプリ内で参考書を購入するのは有料ですが、abceedアプリ内で購入すると書籍より安くすみます。

DUOが好きな人には向いている!

金のセンテンスはDUOという単語帳によく似ています。

金のセンテンスとDUOは、英文の中に重要単語や熟語が含まれているというところはかなり似ています。

DUOで英単語を覚えるのが苦じゃなかった人には、金のセンテンスは非常に覚えやすい単語帳だと言えます。

金のセンテンスと金のフレーズの違いは?

ここでは金のセンテンスと金のフレーズの違いについて述べていきます。

例文の長さ

金のフレーズでは例文の長さは7語以下となっていましたが、金のセンテンスでは23語以下となっています。

基本的に金のセンテンスの方が、長い文で構成されていると考えて良いでしょう。

360本の例文を勉強すれば単語学習が完成できるのはメリットです。

また、例文が長い分リーディング力が身に付き、音声を聞いて勉強したときにはリスニング力が付きやすくなっています。

掲載単語数(約1500語)

金のフレーズでは見出し語の数は1000語でしたが、金のセンテンスでは約1500語となっています。

金のフレーズに載っている単語は金のセンテンスにも載っているので、金のセンテンスの方が語彙力の到達点が高いと言えます。

語釈の長さ

金のセンテンスは金のフレーズに比べて、1つの単語に対する説明が長いです。

その分、単語の使い分けや類義語など、発展的な単語力が身に付きます。

こういった語釈の豊富さは、パラフレーズの問題に威力を発揮します。

金のセンテンスのおすすめ勉強法

金のセンテンスの正しい勉強法をステップ毎に解説します。

なお、金のセンテンスが難しすぎるという人には、銀のフレーズを先に覚えるのがおすすめです。

英単語の基本的な覚え方については以下の記事を参考にしてください。

1.書籍を見る

まずは書籍を見て英単語と日本語訳を見比べます。

わからない単語があったら、マークをしておきましょう。

2.音声を聞く

次に音声を聞いてみましょう。

以下の点に注意して音声を聞いてみましょう。

  • 音声が理解できたか
  • 個々の単語がキチンと聞き取れたか
  • 発音のわからない単語はなかったか

TOEICのスコアの半分はリスニングのスコアです。

金のセンテンスの音声を聞いて意味がわかるようになれば、リスニングパートでハイスコアが狙えます。

2.音読

音読をすると、勉強効果が上がります。

この時に、シャドーイングやオーバーラッピングなど、音声に合わせて音読すると、効果がさらに上がります。

TOEIC800点以上を狙う人はシャドーイングやオーバーラッピングなども積極的に取り組んでみましょう。

3.英文を暗記する

英文を暗記すると、その英文と構造が似た文が瞬時に理解できるようになります。

英文暗記でリーディングスピードが上がり、リスニングの理解力も増します。

その上ライティングやスピーキングに役に立つので、英文の暗記はおすすめです。

金のセンテンスはこんな人におすすめ

TOEICスコアで700点以上の人

金のセンテンスはある程度の実力がある人をターゲットにしています。

具体的にはTOEICスコアで700点以上の人に特に有効です。

それ以下のスコアの人は、金のフレーズや銀のフレーズから勉強しましょう。

金のフレーズを終えて、単語力をさらに強化したい人

金のフレーズが終わって、さらに単語を強化したい人にも金のセンテンスはおすすめです。

金のフレーズに出てきた単語の復習もできるので、非常に効果的に単語を覚えることができます。

英語の四技能全てをさらに伸ばしたい人

金のセンテンスはTOEICに必要なリーディング・リスニングだけでなく、ライティングやスピーキングなどの力もつく単語帳です。

四技能でまんべんなく実力を付けたいという人にはもってこいの単語帳と言えるでしょう。

英語を理解するスピードを上げたい人

金のセンテンスの英文を覚えることで、英語の処理速度が向上します。

TOEICテストでは、特にリーディングパートの時間が足りなくなりがちです。

金のセンテンスでリーディングスピードを鍛えれば、リーディングパートのスコアが上がります。

金のセンテンスを使って全体的な英語力を上げよう!

ここまで以下の内容について書きました。

ここまでのまとめ
  • 金のセンテンスの内容
  • 金のフレーズとの違い
  • 金のセンテンスの正しい使い方
  • 金のセンテンスはこんな人におすすめ

金のセンテンスはをうまく活用して、TOEICのスコアだけでなく、全体的な英語力を上げましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代から始めた2ヶ月の独学でTOEIC880点を取得。
ベストは930点。
このブログではTOEIC対策や英会話など、
英語学習に関することを書いていきます。

目次
閉じる