TOEIC英単語帳は数多く出版されていますが、その中でも初心者から上級者まで自分のスコアに合ったものを選べる単語帳が今回紹介するキクタンTOEICです。

キクタンという単語帳の名前を聞いたことがあるかたは多いのではないでしょうか?

この記事では、キクタンTOEICの特徴や間違えがちなキクタンTOEICの正しい勉強法にも踏み込んだ解説をします。

TOEIC英単語帳キクタンTOEICシリーズの特徴

まずはキクタンTOEICシリーズの主な特徴を挙げていきたいと思います。

SCORE500からSCORE990まであるので、自分に合ったものが見つかる

キクタンTOEICシリーズはSCORE500・600・800・990とそれぞれ分かれています。

自分のスコアにあったものを選ぶことが出来るのがキクタンTOEICの第一の特徴です。

SCORE500はかなり基本的なので、英語初心者がTOEIC単語帳に初めて手を付けるならここから始めるのがベストでしょう。

また、SCORE990は難易度がかなり高く、かなりの語彙力がないとマスターするのは難しいです。

キクタンTOEICシリーズはTOEIC頻出語でほぼ構成されているので、どの1冊を選んでもTOEICのスコアアップに繋がります。

語彙力が上がることはTOEICのスコアアップに直結するからです。

音声で覚えられるのでリスニング力も上がる

キクタンTOEICシリーズでは、音声で英単語を覚えるのがメインの覚え方です。

そのため、自然と英語の発音が覚えられますし、例文音声を繰り返し聞くことでリスニング力も付いてきます。

音声を聴いて例文の意味が瞬時にイメージ出来るようになったら、それはリスニング力アップに効果が出ている証拠です。

語彙力と同時にリスニング力も付くという、一石二鳥の単語帳です。

キクタンTOEICは音声だけでなく書籍も充実している

キクタンTOEICシリーズで単語を覚えるときに、書籍を使わないのは実にもったいないです。

書籍の部分には、派生語・反意語・類義語がかなりボリュームたっぷりに載っているからです。これを逃す手はありません。

特にTOEICは単語の言い換えや、派生語を覚えていると有利な問題が、リスニングPARTでもリーディングPARTでもたくさん出題されます。

一度読んだだけではで書籍に書いてあること全てを覚えきるのは難しいですが、最終的には派生語・反意語・類義語まで全て覚えておきましょう。

そうすれば見出し語だけ覚えるのに比べて、何倍も語彙力が付くからです。

TOEIC頻出熟語も載っている

キクタンTOEICシリーズは熟語やイディオムも載っているという点でも優れています。

熟語やイディオムはPART5やPART6で直接問われます。またどのPARTでも熟語やイディオムを知らないと解けない問題が出てきます。

熟語やイディオムの意味は、知らなければいくら考えてもわからないものがほとんどですので、覚えておきましょう。

キクタンTOEICの正しい勉強法

1.まずは書籍で意味を確認する

最初は書籍に軽く目を通しましょう。

その時はまだ派生語・反意語・同義語は覚えなくて良いです。

まずは英単語の意味を一語一義で覚えることが大事です。

もし、いまいち意味が頭に入らなかったり、同じような意味の単語(類義語)との違いを知りたいなら、英英辞典などで調べるのが良いです。

英英辞典を引くことは英単語を覚えるのに遠回りのように思われますが、案外近道になることが多いです。

英英辞典はオンラインのものを使えば十分です。

有名なものを二つあげておきます。

OXFORD DICTIONARY

https://www.oxfordlearnersdictionaries.com/

Collins

https://www.collinsdictionary.com/dictionary/english

また単語の意味を覚えるときには、その意味を例文や用例で深く知ることが大事です。

「意味が覚えにくいなあ」という英単語があったら、例文や用例ごと覚えてしまうのも1つの手です。

用例ごと覚えてしまえば、実際の英会話などでも使えるので一気に英語力が上がるからです。

2.単語の音声を聴く

次に音声を聴きます。

この時に大切なのが、英単語の音声を聴いて、その単語の意味が瞬時に頭に浮かぶまで繰り返し聞くことです。

意味が瞬時に出るまでは何度も聴き直したり、もう一度書籍に戻ったりして意味と音声を確実に結びつけましょう。

これが出来ないと、リスニングのナレーションのスピードに理解がついて行かなくなります。

1回で完璧にできるようになるのは無理ですが、繰り返せば誰でもできるようになります。

何度も繰り返してキチンとわかるようになってから次の段階に進んでください。

3.例文の音声を聴く

次に例文の音声を聴きましょう。

リスニング初心者やリスニングが苦手な人にとっては大変かもしれませんが何度も聴いて英文と音声をリンクさせましょう。

この時にリスニングの音に似せて音読すると、リスニング能力が高まりますし単語の意味も記憶に落ち着いてきます。

その上でシャドーイングやオーバーラッピングといった音読練習をすることもリスニング力アップには効果的です。

英単語力とリスニング力をリンクさせて伸ばしていきましょう。

知識をインプットしても実際に使わなければ実戦で結果につながらないからです。

4.派生語・反意語・同義語などを覚える

最後に、派生語・反意語・同義語などを覚えます。

派生語・反意語・同義語はまとめて覚えると苦労せずに語彙力が飛躍的にアップします。

ここまでがキクタンTOEICシリーズの正しい勉強法です。

かなり文章が長くなったので、キクタンをマスターするのは大変だなと思ったかもしれませんが、実際はそれほどでもありません。

むしろ、他の単語帳よりキクタンの方が簡単に英語力がアップさせやすいのです。

キクタンの勉強法は他の単語帳と違う

キクタンの覚え方は他の単語帳と少し違います。

最終目標は同じなのですが、過程が異なるのです。

そのためキクタンはかなり好き嫌いがはっきり出てくる単語帳です。

普通の単語帳に慣れている人が拒否反応を起こすことがあるのです。

キクタンを使う場合はある程度その点を覚悟しておきましょう。

ただし、キクタンが自分に合えば、その威力はとてつもないです。

キクタンTOEIC500

まずはこの一冊からです。焦らずにじっくり覚えていきましょう。

キクタンTOEIC600

TOEIC600になると中級者の仲間入りです。ここでも一つ一つキチンと単語を覚えていきましょう。

キクタンTOEIC800

キクタンTOEICも、800点レベルに入るとだんだん単語が難しくなっていきます。チャンツを上手く利用して、まずは一語一義で覚えていきましょう。

キクタンTOEIC990

キクタンTOEIC990でキクタンTOEICシリーズも終了です。ここまで覚えきれば、TOEICテストの単語で悩むことはなくなるはずです。しっかり覚えてスコアアップしましょう。

 

終わりに

キクタンTOEICは使いこなせばTOEICのスコアアップに大きく貢献します。

特に語彙力がウィークポイントの人には効果てきめんです。

また英単語を覚えるのが苦手な人も、キクタンならすんなり覚えられる場合があります。

ぜひ活用してみてください。