キクタンTOEIC徹底調査!各レベル別の特徴やアプリ、勉強法を紹介!

toeic参考書
この記事は約9分で読めます。

TOEIC英単語帳は数多く出版されていますが、その中でも初心者から上級者まで自分のスコアに合ったものを選べる単語帳が今回紹介するキクタンTOEICです。

結論から言うと、キクタンTOEICは非常におすすめのTOEIC単語帳です。正しく使えばTOEICのスコアアップも間違いありません。

この記事ではキクタンTOEICに関して、詳しく解説していきます。

この記事の内容

  • キクタンTOEICをレベル別に紹介
  • キクタンTOEICシリーズの特徴
  • キクタンTOEICの正しい勉強法

キクタンTOEICをレベル別に紹介

キクタンTOEIC TEST SCORE 500

キクタンTOEIC TEST SCORE 500の特徴
  • 448語を収録
  • 1日8語覚えて56日で覚えきることができる
  • TOEIC頻出だが難易度の高い単語も中には含まれている

まずはこの一冊からです。焦らずにじっくり覚えていきましょう。

キクタンTOEIC500には書き込み式の覚え方があるので、キクタンTOEICシリーズの中でも覚えやすいと思います。

また、知らないと問題を解くのが困難になるような重要語が多く載っているので、キクタンTOEIC500で覚えてしまえばTOEICの問題を解くのがかなり楽になります。
1冊目だと思って甘く見ずに、しっかり覚えましょう。
案外知っているつもりでも、知らなかった単語が見つかるかもしれません。

キクタンTOEIC(R) L&Rテスト SCORE 600

キクタンTOEIC(R) L&Rテスト SCORE 600の特徴
  • TOEIC600点取得に必要な単語・熟語を網羅
  • 単語736語に熟語も数多く掲載
  • 1日16語覚える設定になっている

TOEIC600になると中級者の仲間入りです。

1日16語覚える設定になっているのでスキマ時間に音声を聞くだけでも単語学習ができます。
毎日少しずつでもいいので、単語を覚えましょう。
キクタンTOEICは電子書籍のKindleでも使えますので、スキマ時間にKindleで覚えるのも1つの手です。

キクタンTOEIC(R) L&Rテスト SCORE 800

キクタンTOEIC(R) L&Rテスト SCORE 800の特徴
  • TOEIC800点を取るのに十分な単語を掲載
  • 英単語816語に加え、重要な熟語も掲載

キクタンTOEIC(R) L&Rテスト SCORE 800に入ると単語がかなり難しくなっていきます。

チャンツを上手く利用して、まずは一語一義で覚えていきましょう。

余裕が出てきたら、フレーズやセンテンスも覚えます。

キクタンTOEIC(R) L&Rテスト SCORE 990

キクタンTOEIC(R) L&Rテスト SCORE 990の特徴
  • TOEIC英単語帳の中でもトップレベルの難易度
  • 英単語976語と、レベルの高い熟語を掲載
  • マスターすればコンスタントに高いスコアが取れるようになる

キクタンTOEIC(R) L&Rテスト SCORE 990がキクタンTOEICの最高峰です。ここまで覚えきれば、TOEICテストに出てくる単語で意味がわからないものはほとんどなくなるはずです。
ただし、キクタンTOEIC990はTOEIC900点以上を狙わない人にはオーバーワークです。
語彙力を付けて語彙問題を全問正解したい、パート7のパラフレーズで満点を取りたいといった人にキクタンTOEIC990をおすすめします。

キクタンTOEIC TEST SCORE 600/800/990 合本版

キクタンTOEIC TEST SCORE 600/800/990 合本版の特徴
  • キクタンTOEIC600、800、990に掲載されている語句を全て収録
  • 3冊買うより、値段がリーズナブル

キクタンTOIEC600/800/990合本版はその名の通り、キクタンTOEIC600、800、990が合わさった単語帳です。ただし、Kindleのみでしか販売されていません。

キクタンだけで、TOEIC英単語の勉強がしたくて、なおかつ高いスコアを目指している人にはおすすめです。

キクタンTOEICアプリ

キクタン TOEIC®【All-in-One版】(アルク)

キクタン TOEIC®【All-in-One版】(アルク)

PLAYSQUARE INC.¥1,840posted withアプリーチ

キクタン TOEIC®【All-in-One版】の特徴
  • アプリなのでスマホで勉強が完結できる
  • 書籍よりリーズナブル
  • 追加課金が必要だが、単語力テストができる

キクタンTOEICはアプリ版もあります。

スコア別のアプリもあるのですが、おすすめはこのALL-in-One版。キクタンTOEIC600、800、990の3冊分の内容がアプリ一つで完結します。

また、アプリなのでスマホで勉強できるのもおすすめ。スキマ時間に単語を覚えるのなら、アプリの方が使い勝手がいいと思います。

語学のオトモ ALCO[アルコ]

語学のオトモ ALCO[アルコ](アルク)

語学のオトモ ALCO[アルコ](アルク)

ALC PRESS, INC.無料posted withアプリーチ

「語学のオトモ ALCO[アルコ]」アプリを使えば、アルクで購入したコンテンツの音声をスマートフォンなどでダウンロードすることができます。

ただし、利用には無料会員登録が必要です。

キクタンTOEICだけに限らず、他のコンテンツの音声もダウンロードできるので非常におすすめのアプリです。

キクタンTOEICシリーズの特徴

キクタンTOEICシリーズの主な特徴を挙げていきたいと思います。

スコア500から990まで対応しているので、自分に合ったものが見つかる

キクタンTOEICシリーズはSCORE500・600・800・990と分かれているので、自分のスコアにあったものを選ぶことが出来るのが第一の特徴です。

SCORE500はかなり基本的なので、TOEIC初心者がTOEIC用の単語帳に初めて挑戦するならここから始めるのがベストでしょう。

逆に、SCORE990は相当レベルが高いです。SCORE800でもかなりのレベルなので、TOEIC900点を狙う人でもSCORE800をマスターしてからSCORE990を始めるのがおすすめです。

自分のレベルに合っていれば、どの1冊を選んでもTOEICのスコアアップに繋がります。

音声で覚えられるのでリスニング力も上がる

キクタンTOEICシリーズでは、音声で英単語を覚えられます。

そのため、自然と英語の発音が覚えられますし、例文音声を繰り返し聞くことでリスニング力も付いてきます。

音声を聴いて例文の意味が瞬時にイメージ出来るようになったら、それはリスニング力が付いてきた証拠です。

語彙力と同時にリスニング力も付く一石二鳥の単語帳です。

キクタンTOEICは音声だけでなく書籍も充実している

キクタンTOEICシリーズで単語を覚えるときに、書籍も併用することをおすすめします。

書籍には、派生語や語法がたっぷり載っているので、覚えればパート5の語法問題や、パラフレーズの意味を答える問題などで正解できるようになります。

特にパラフレーズの問題はリスニングパートでもリーディングパートでも出題されるので、全体的なスコアアップの底上げにつながります。

TOEIC頻出のイディオムや熟語も載っている

キクタンTOEICシリーズは熟語やイディオムも載っているという点でも優れています。

熟語やイディオムはパート5やパート6で直接問われますし、どのパートでも熟語やイディオムを知らないと解けない問題が出てきます。

逆に言えば、知っているだけで正解できる問題もあるということです。

ボキャブラリーが豊富だと、TOEICではそれだけ有利になります。

キクタンTOEICの勉強法

キクタンTOEICの覚え方は次の通りです。

キクタンTOEICの勉強法
  1. 書籍で見出し語の意味を確認する
  2. 見出し語の音声(チャンク)を聴く
  3. 例文の音声を聴く
  4. 例文の音声でシャドーイング
  5. 派生語を覚える

1.書籍で見出し語の意味を確認する

まずはキクタンTOEICの書籍の見出し語に目を通しましょう。その時点ではまだ派生語は覚えなくて大丈夫です。

まずは一つの単語につき一つの意味を覚えますが、1回で完璧に覚えようとしないでください。繰り返し勉強して覚えた方が、長期的に記憶できるからです。

2.見出し語の音声(チャンク)を聴く

次に見出し語の音声であるチャンクを聴きます。

チャンクは見出し語が、英語→日本語→英語の順番で流れます。

この時に大切なのが、チャンクを聴いて、単語の意味が瞬時に頭に浮かぶまで何度も聞くことです。

目標は、日本語の音声が聞こえるまでに英語の意味をイメージできるようにすること。

意味が瞬時に頭に浮かぶまでは何度も聴き直したり、もう一度書籍に戻って復習したりしましょう。

そこまで勉強すると、TOEICリスニングの音声でも意味が瞬時にわかるようになります。

1回で完璧にできるようになるのは無理ですが、何度も繰り返せばできるようになります。

3.例文の音声を聴く

次に例文の音声を聴きましょう。

例文はそこまで長くないので、例文の音声を聴き取るのはそう難しくないはずです。ここで、キクタンTOEICの例文の発音や音の強弱などを確認しましょう。

例文の音声をしっかり聞くのは、次のシャドーイングの下準備のためです。

4.例文の音声でシャドーイング

キクタンTOEICの音声での勉強はこれが最後です。例文の音声でシャドーイングをします。

シャドーイングとは、音声から少し遅れて発音していくトレーニングです。シャドーイングを行うことで、例文の意味と音声が頭の中でリンクしていきます。こうすることで、覚えた単語がリスニングやリーディングに活用できるようになるのです。

5.派生語を覚える

最後に、書籍に載っている派生語を覚えます。

派生語には、対義語、同義語、類義語などがありますが、まとめて覚えると語彙力が飛躍的に上がります。

おまけ:キクタンTOEIC SCORE990を使う人には英英辞典もおすすめ

キクタンTOEIC990を使うレベルの人には英英辞典で勉強することもおすすめします。英英辞典を使うことで、英単語の深い意味合いがわかってくるからです。

英英辞典は英語学習者向けのものがおすすめです。オンラインで無料で使えます。

有名なものを二つあげておきます。

キクタンTOEICでTOEICの目標スコアを達成しよう

キクタンTOEICはレベル別に分かれているので、どのレベルからでも使えるのが魅力です。

ぜひ、自分のレベルに合った1冊を選んで、目標スコアを達成しましょう。

コメント