TOEIC600点を目指す為に必要なおすすめ参考書と勉強法

english
記事内広告



TOEICに対応できる基礎的な英単語・文法力をつけるおすすめ参考書

TOEICのスコアが400点以下の人は、基礎的な文法力と語彙力に問題があると思われます。

そこで

で文法を一通り覚えましょう。
この本は中学レベルの文法力を身につけるのに最適で、まずはこの本をマスターすることが先決です。
このスコアがわかってくると、TOEICの文法問題も少しずつ解けるようになってきます。
中学レベルと言ってあなどらず、完全に身につくまで何度も読み返して下さい。

それと同時に

で語彙力をつけます。
この本はTOEIC用の参考書ではないのですが、初心者には十分な程の英単語と熟語が載っています。
この時、別売りのCDを使って、耳からも覚えるようにして下さい。

目で覚えただけだと、実際にリスニング問題にあたったときに聞き取れない可能性があります。単語の覚え方としては、最初は一語一義で覚え、二週目辺りから別の意味も覚えていきましょう。この本も何周も回して、完全に身につくまで復習しましょう。

TOEICリーディング 最初は大学受験の参考書がおすすめ

次に英文読解の本として、

を読み通しましょう。
この本は大学受験の参考書ですが、英文を左から右に読むこと(返り読みをしないこと)や、英文法を英文解釈に応用する方法が書いてあります。
本自体が薄いので、復習しやすい点も魅力です。

何度も解説と英文を読んで、英文解釈の基礎を固めて下さい。

この本+α程度の読解力が付けば、TOEICの英文は読めるようになってきます。
詳しい勉強法などは以下のリンクを参考にしてみてください。

TOEICリーディング TOEIC初心者がリーディング力を基礎から上げるならこの一冊
TOEICリーディングの勉強には大学受験の参考書がおすすめ英文読解入門基本はここだ!―代々木ゼミ方式 改訂版posted with ...

TOEICリスニングは公式の問題集で慣れを作る

ここまで終わったらリスニング対策本として、

を使いましょう。

先に英文読解の参考書を紹介しましたが、それはリスニングは英文を素早く頭の中で解釈する必要があるからです。読めない英文をリスニングで聞いても意味は決してわかりません。

さて、この本はTOEIC形式の問題に慣れることが目的です。TOEICのリスニングの本番と同様のナレーターが本番より易しい英文を読み上げてくれますので、リスニングが苦手な人や、リスニングの勉強をあまりしたことがない人はこの本で、リスニングのコツを掴みましょう。

目標はこの参考書で流れる英文を頭の中で理解できるようになることです。また英語の音の抑揚やリズムに慣れることも大切です。

最初は中々何を言っているのか聞き取れないかもしれませんが、スクリプトを見ながらでも良いので、英文を追いかけていきましょう。時間はかかりますが、少しずつリスニングの実力が付いていくのが実感できるはずです。

ここまでちゃんとマスターするとTOEICのスコア500~600点が見えてきます。

Amazon Unlimited

シェアする

フォローする