TOEIC900点越えおすすめ参考書と勉強法【最新版】

TOEIC900

TOEIC900点というと雲の上のような点数で自分には取ることができないんじゃないかと思うかもしれませんが、実は正しい参考書でしっかりと勉強すれば誰でも超えることができるスコアです。

この記事では、前半では勉強法、後半ではおすすめ参考書を詳しく紹介していきたいと思います。

是非この記事を参考にして、TOEIC900点を狙ってください。

主にTOEIC800点位のスコアを持っている人を対象に書いていきます。

TOEIC900点を狙う勉強法

TOEIC900点を狙う勉強の大原則

少なくとも1日2時間の勉強時間を確保する

TOEIC900点を狙うためには相応の勉強時間が必要です。TOEICのスコアがあまり高くない時は勉強時間が少なくてもスコアはどんどん伸びていきますが、900点レベルになるとスコアの上がり方が勉強時間に対して遅くなってくるからです。

そこで少なくとも1日2時間、できたら3時間の勉強時間を確保しておきたいところです。そうしないと中々900点の壁を突破することはできません。

そうした勉強時間を捻出するには、すき間時間を利用することが大切です。会社や学校への行き来の時間、寝る前のわずかな時間も利用して、勉強をしましょう。

自分の得意な分野を作り、苦手な分野をなくす勉強をする

TOEIC900点を狙う際に、苦手な分野、例えばリスニングが400点ちょっとしかとれない、という状態だと中々厳しい状況になってしまいます。

苦手な分野はPART毎に集中的に勉強して、得点がしっかり期待出来るレベルまでレベルアップしましょう。どんなに苦手な分野でも85%以上取れるようにするのが理想です。逆に得意な分野があるとTOEIC900点は狙いやすくなります。文法でほとんど間違えることがない・リスニングで95%以上確実に正解できるなどのアドバンテージがあればそれだけTOEIC900点も近くなってくるということです。

自分でTOEIC900点を取るための得点配分を計算してみましょう。

リーディングとリスニングのトータルで180問正解していれば問題ありません。

毎日英語の勉強をする=勉強を休む日を作らない

TOEICで出題されるリスニングやリーディングは水物です。少しでも勉強しない期間があるとどんどん実力が落ちてしまいます。どんなにキツくてもTOEIC900点を狙うためには毎日勉強する必要があります。もちろん上に書いたとおり毎日2~3時間以上勉強するのが理想的ですが、それが無理な日でも1時間は勉強しましょう。通勤や通学時間にリスニングをしたり、一駅前で降りてシャドーイングしながら会社や学校に行くといったことをするだけでも大分違ってきます。

TOEIC900点を狙うための勉強法のポイント

通常より負荷を上げて勉強をしていく

TOEIC900点を狙うとなると、ある程度難しい問題も解けるようにならないといけません。(もちろん簡単な問題はほとんど正解する上でです)

そのためには、負荷の高い勉強法を実行していくのがお勧めです。例えばリスニングでは、再生スピードを早めてシャドーイングする。リーディングでは本番より短い時間で問題を正確に解く練習をするなどです。問題集も以下で述べますが、難易度の高い問題集を使いましょう。

参考書は精選して、少数精鋭で挑む

模試問題集以外の参考書は少数精鋭にして体制を整えましょう。そして一度決めた問題集や参考書は、よほど相性が悪くない限り、何度も何度も繰り返して考え方のプロセスをマスターしていきます。この過程をおろそかにしたり、いろんな問題集に目移りしている内はスコアはTOEIC900点にたどり着く前に頭打ちになってしまいます。

自分の中で解答プロセスの核になる参考書を見つけましょう。

最後は模試を多く解いて実戦経験をつむ

TOEIC900点をとるのに最後に必要になってくるのは実戦経験です。模試を沢山解いて、復習も完全にして問題集から全てを絞り尽くしてマスターしていきましょう。その際、模試本は難易度が高めの模試本と公式問題集を使っていくのがベストです。

公式問題集はどのレベルの受験者でも必要な問題集です。

また、模試は繰り返し勉強して身につけてから次の模試本に移っていきましょう。中途半端に模試をこなしてもTOEIC900点は見えてきません。

TOEIC900点を狙うおすすめ参考書&アプリ

TOEIC900点おすすめ英単語帳

TOEIC900点を狙う英単語帳はキクタン TOEIC Test Score 990で決まりです。かなり難易度の高い英単語も含まれていますが、しっかり意味を覚え例文を確認していきましょう。キクタン TOEIC Test Score 990を完全にマスターすれば、途中のレベルの単語に穴が無い限り、語彙問題では9割以上確実に取ることができます。満点も狙える位置にまで達します。パート7でも初見の単語が現れることは稀になってきます。

このキクタン TOEIC Test Score 990を勉強する際のポイントはリスニングでしっかり聴き取れるように、音声での勉強も欠かさないことです。ここまで勉強してきている人なら十分覚えきれると思いますので、完全にマスターしていきましょう。

キクタンTOEICの詳しい勉強法は以下のリンクを参考にしてみてください。

キクタンTOEICの正しい勉強法とレビュー
キクタンTOEICシリーズの内容、使い方について書いてあります。キクタンTOEICシリーズは初級者から上級者まで使えるレベル別の単語帳です。TOEICで高得点を取るためにもぜひ活用しましょう。

TOEIC900点おすすめ文法参考書

TOEIC900点を目指す上で、パート5では文法の全分野から穴を無くすのがまず第一の条件になってきます。そこでこのTOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問をおすすめします。この参考書を全て理解して解答できるようになれば、文法問題の穴はなくなるはずです。

1日40問を2ヶ月続けて終わらせてしまいましょう(復習も込みです)。

ただ難易度はそれほど高くないので、より難しい問題に挑みたいかたはこちらの参考書をおすすめします。

900点特急とタイトルにあるように、900点を越えるにはとっておきたい問題が集まっています。この問題集が解けるようになれば、TOEIC900点も目指せるということです。さらに難しい問題を解けるようになってPART5で満点を狙えるようになりたい人には次の参考書もおすすめです。

TOEIC900点おすすめリスニング参考書

このレベルになってくると、リスニングは沢山聴いて沢山解いた人の勝ちになります。この参考書は本番5回分の問題が含まれていて、難易度もそれなりに高めです。しっかり復習しながらこの問題集をこなしていけば、リスニングはよほど難化しなければ9割を切らなくなります。シャドーイングやオーバーラッピングなどの音読練習も忘れずに行って、500問を丸々吸収しましょう。この問題集が終わったら、後は模試問題集でリスニングの訓練を行いましょう。

ここで、リスニングがどうしても苦手で、スコアにして400点くらいしか取れない人にもう1冊リスニングの聴き取りに特化した参考書を紹介したいと思います。

この参考書はリスニングで聴き取り辛い部分、例えば述語が入り組んでいたり、構文が難しくてパッと聞いただけじゃ意味が取りづらいような場合でも聴き取りを正確に行えるようになるための聴き取りに重点を置いたリスニング参考書です。難易度は高いですが、この参考書の英文が簡単に聴き取れるようになるとTOEICのリスニングが簡単に思えてくるはずです。リスニングの精聴の重点的なトレーニングを行いたい人にはとてもおすすめの1冊です。

TOEIC900点おすすめリーディング参考書

このTOEIC(R)テスト990点 新・全方位リーディングは現在は新形式になっていますが、旧形式の時は僕もかなりお世話になりました。

TOEICリーディングをテクニックなしの正攻法で解いて、そして満点をとるというシンプルですがなかなか思いつかない発想の参考書です。ボリュームはやや少なめですが、この問題集でTOEIC上級者のリーディングの解き方・思考プロセスを覚え、公式問題集や模試問題集などで実践してください。

問題を解く時間が圧倒的に早くなりますし、正答率も上がります。タイトルに偽りなしでTOEICリーディングで満点レベルを狙えるようになるための参考書です。また、TOEIC800点くらいの力があれば十分読めるような内容になっているので、比較的敷居も低く、手が出しやすい参考書です。

TOEIC900点おすすめ模試本

最後に紹介するのはTOEIC模試本ですが、難易度はかなり高めです。何しろTOEICで満点を狙うのが目標の参考書なのです。この問題集を終えるとTOEICの世界が変わって見えてきます。今まであんなに難しかったTOEICがこんなにあっさり解けるなんて、とビックリしてしまうほどです。

ただし、この問題集は使う人を選びます。少なくとも800点台のスコアが無いと消化不良におちいってしまって、効果はあまりありません。ある程度TOEICでスコアが取れるようになったらこの問題集に手を出してみましょう。TOEIC900点突破が楽に見えてくるはずです。

この参考書はTOEICで何度も満点を取っているHUMMERさんの著書です。

990攻略と書いてはありますが、900点を狙う人にも十分おすすめできます。

内容は、かなり負荷のかかった問題が多く、TOEIC上級者でなければ解くのはかなり難しいのではないかという問題が出てきます。しかし、これらの問題を繰り返し解くことによって、TOEICスコアをさらに上げることができるようになっています。

TOEIC800点以上の人におすすめの参考書です。

また難易度は多少落ちますが、こちらの模試本もおすすめです。

でる模試2冊は、難易度が比較的高めで、そして何といってもビックリするほどの問題数が魅力の模試問題集です。問題数が多いと言っても、水増しでできているわけではなく、リーディング編にしろリスニング編にしろ、問題の完成度が非常に高いです。

これまでに紹介してきた各パートの参考書をやり終えた後に、高いレベルの問題の演習量を増やしたいときにピッタリです。

もちろんこの模試問題集をこなすときも、復習までしっかりおこなって、何度も繰り返し解き直しましょう。ある程度の実力がないと使いこなせない参考書ですが、TOEIC900点を目指すにはもってこいの内容になっています。

苦手分野対策のアプリ

ここで紹介するスタディサプリENGLISH TOEIC対策コースは、基本的にはTOEIC900点以下の人を対象としているアプリです。

しかし、このアプリの強いところとして、映像授業が見られるところがあります。しかもその映像授業がとてもわかりやすいので、文法を中心とした分野に関していえば、今まで苦手だったものをある程度得意に持って行くことができます。

スタディサプリENGLISHTOEIC対策コースに関しては以下のリンクが詳しいです。

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースのレビューと正しい使い方
スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースの話を聞くことが多くなりました。 TOEIC対策アプリは数あるのに、なぜこのアプリに人気...

終わりに

TOEICで900点をいかにして取るかについてここまで書いてきましたが、TOEIC900点の最後の一押しはいかに演習量・実戦経験を積むかで決まります。

それまではPART毎に苦手分野をつぶしていくことが大事になってきます。

TOEIC900点は独学でも十分可能な点数です。努力さえ惜しまなければ、大抵の人が達成出来る点数です。

ただ、TOEICだけでしか使えない英語力を身につけるというのは実にもったいない話です。TOEICでハイスコアを取ったら英会話など、実践に移しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする