TOEIC文法特急の改訂版をレビュー!詳細な内容や使い方まで全て紹介

book英文法
この記事は約6分で読めます。

長らくTOEIC文法参考書の頂点に位置していたTOEIC文法特急が改訂されました。

文法特急は改訂されてさらに内容が充実しました。

そこで、この記事では改訂版文法特急の内容、使い方、他の参考書との比較などをまとめてみました。

この記事の対象読者
  • TOEIC400点~600点レベルで文法問題が苦手な人
  • 文法特急の購入を考えている人
  • 文法特急、文法特急2、でる1000問のどれを使うべきか悩んでいる人
この記事の対象読者
  • TOEIC400点~600点レベルで文法問題が苦手な人
  • 文法特急の購入を考えている人
  • 文法特急、文法特急2、でる1000問のどれを使うべきか悩んでいる人

TOEIC文法特急改訂版の基本的な内容

まずTOEIC文法特急改訂版の内容を紹介します。

旧版はTOEIC文法参考書のベストセラー

TOEIC文法特急の旧版は、TOEIC文法参考書のベストセラーです。

改訂によって、

  • 問題数が118問から153問に増加
  • 問題の一部差し替え
  • 新形式のPART6に対応

と、旧版からパワーアップしました。

解説の詳しさがウリ

TOEIC文法特急のウリは充実した解説です。

文法特急の解説を読めば、1つの問題から数問分の問題解答のエッセンスを吸収できます。

問題自体も良問ぞろいですが、それ以上に解説が充実しているという印象です。

さらに改訂版では、著者の花田先生の解説音声を無料でダウンロードできるのもポイントです。

解説音声ダウンロードはこちらから

全7章で、初級・中級・上級に分かれている

TOEIC文法特急改訂版は全7章で構成されていて、レベル毎に初級・中級・上級となっています。

また、TOEIC文法特急改訂版の問題数は全部で153問です。

レベル問題数
初級編TOEIC550点レベル42問
中級編TOEIC730点レベル64問
上級編TOEIC900点レベル47問
文法特急のレベル別もんだ指数

問題解説の音声が無料でダウンロードできる

TOEIC文法特急改訂版は問題解説の音声が無料でダウンロードできます。

解説を音声で聞くことで理解が深まるのでぜひ入手しましょう。

音声ダウンロードの方法は2通りあります。

  1. abceedで音声をダウンロード
  2. 公式サイトから音声をダウンロード

abceedで音声をダウンロード

スマートフォンなら「abceed」というアプリ内で音声ダウンロードができます。

AI英語教材abceed(エービーシード)

AI英語教材abceed(エービーシード)

Globee.Inc無料posted withアプリーチ

公式サイトから音声ダウンロード

PCで音声をダウンロードする場合は、公式サイトにアクセスしてダウンロードします。

公式サイトはこちらから

注意!購入する際は「L&R」が書名に入っているものを選ぼう

紛らわしいのですが、

「1駅1題 新TOEIC TEST文法特急」

は旧版の文法特急です。

改訂版は、

「1駅1題! TOEIC L&R TEST 文法特急」

というタイトルになっています。

「L&R」を購入する際の目印にしましょう。

中古の文法特急を買う際にも「L&R」が付いているか、チェックしてから購入するようにしましょう。

TOEIC文法特急改訂版の使い方・勉強法

TOEIC文法特急改訂版の使い方・勉強法を掘り下げていきます。

以下の順番で勉強すると、効果的です。

1.問題を解く

まずは問題を解きます。

文法が苦手な人はあまり長い時間をかけずに、サッと解説に移りましょう。

2.答え合わせをし、解説を熟読する

次に、答え合わせをして解説を読みます。

重要なのは、答えが合っているかどうかではなく、答えの導き方が正しかったかどうかです。

TOEIC文法特急改訂版の解説には、

  1. 解答の導き出し方
  2. 関連事項や発展的な内容

が載っています。

すべて理解して、身に付けてしまいましょう。

3.復習時は頭の中で解説をリピートする

復習で問題を再度解く時には、その問題の解説を思い浮かべながら解いてみましょう。

もちろん、本番では時間がないので解説を思い出す必要はありませんが、学習中は別です。

解説が思い浮かべられれば、その問題は理解できているということになります。

復習には音声を使うのも効果的です。

解問題文の音声を聞くとリスニング力も上がりますし、復習時間が短くて済みます。

4.最終目標は、英語を英語のまま理解し解けるようになること

最終的には、英文を日本語に訳さずに英語のまま理解して解けるようになることが目標です。

英語を英語のまま理解して解けるようになると、TOEICの文法問題が非常に素早く解くことができるようになります。

そうするとPart7にまわせる時間が増えるので、リーディングパート全体のスコアが上がります。

文法特急の評価・口コミ

Twitter上の評価・口コミ

Twitterでの評価は高く、文法特急を愛用している人が多いようです。

ただ、中には文法特急が難しいという意見もありました。

文法特急 文法特急2 でる1000問 どれを選べばいい?

結論から言うと、まずは文法特急1から始めるべきです。

それでも、目標スコアに届かない場合だけ、でる1000問に着手しましょう。

文法特急から、でる1000問に進めば、文法特急2はあまり必要ないと思います。

文法特急には、TOEIC文法問題の解法のエッセンスが凝縮されていますが、問題数が少ないところが短所です。

TOEIC600点台なら文法特急だけでPART5とPART6の対策は十分ですが、それ以上のスコアを目標とするなら問題演習が足りません。

そのため、文法特急の問題数の少なさを、でる1000問で補完する形です。

でる1000問を解く時は、文法特急で覚えた解法のポイントを実践するようにしましょう。

文法特急と「でる1000問」だけで、TOEICの文法問題は9割以上解けるようになるはずです。

まとめ

ここまで文法特急を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

文法特急は初心者~中級者に向いた参考書で、マスターすれば、TOEIC600点台レベルに到達します。

文法特急は、TOEIC初心者を抜け出すためには最適の文法問題集です。

ぜひ上手く活用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました