【時間がない】TOEICの目標スコア達成に必要な勉強時間と短縮する方法を解説!

TOEICの目標スコア達成に必要な勉強時間と短縮する方法
  • URLをコピーしました!

TOEICで目標スコア達成に何時間勉強すればいいか知りたい人は多いと思います。

勉強時間の目安が立てられないと、目標スコア達成に要する期間もわからないですからね。

必要な勉強時間がわかったとして、その時間をどうにか短縮する方法も知りたいと思う人もいるはずです。

そこで、この記事では以下の内容について解説していきます。

この記事でわかること
  1. TOEICの目標スコア達成に必要な勉強時間の目安
  2. 通常より短い勉強時間で目標スコアを達成する方法
目次

TOEICで目標スコア達成に必要な勉強時間の目安と対策方法

TOEICの目標スコア達成に必要となる勉強時間の目安は、以下の表から算出できます。

TOEICのスコアと勉強時間の関係表

この表は、イギリスのオックスフォード大学出版によって作られた資料を訳したものです。

「現在のスコア」と「目標スコア」のそれぞれのスコアが交わったところにある数字が必要な勉強時間です。

例えば、現在450点の人が650点になるには450時間の勉強が必要になるといった読み方をします。

この表からは、TOEICでスコアを100点上げるには200時間から300時間程度の勉強が必要だということもわかります。

ここからはより具体的なスコアを挙げて、達成に必要な勉強時間と対策方法を解説していきます。

TOEIC400点から500点を取るための勉強時間と対策方法

TOEIC400点からTOEIC500点を取るためには、どのくらいの勉強時間と対策が必要でしょうか。

以下で詳しく解説していきます。

必要な勉強時間

TOEIC400点からTOEIC500点を取るには、200~250時間の勉強が必要になります。

大学受験などで一度英語学習をしたことがあって、英語をやり直す場合には勉強時間はもっと短くなります。

おすすめの対策方法

このレベルの人はまず中学レベルの英語を覚えましょう。

中学英語は英語の基礎です。基礎ができていないと、今後応用を勉強する時に支障がでてしまいます。

まずは中学レベルの英語から勉強しましょう。

TOEIC500点から600点を取るための勉強時間と対策方法

TOEIC600点を取ると履歴書に書けるようになります。

TOEICを学習するならTOEIC600点は最低限取りたいレベルです。

必要な勉強時間

TOEIC500点からTOEIC600点を取るにはおよそ200~250時間の勉強が必要です。

集中して勉強すれば、1ヶ月から2ヶ月で取れます。

おすすめの対策方法

TOEIC600点を取るには中学英語をマスターしましょう。

中学英語をマスターするとかなりのレベルになります。

関係代名詞など、日本語で表しにくい文法項目もしっかり覚えるようにします。

TOEIC600点から700点を取るための勉強時間と対策方法

TOEIC700点というと、英語中級レベルにあたります。

中学英語はできているが、高校レベルの英語には穴があるレベルです。

必要な勉強時間

TOEIC600点からTOEIC700点を取るには、200~250時間の勉強が必要です。

ただし、正しいやり方で勉強しないと思ったより時間がかかってしまうこともあります。

おすすめの対策方法

おすすめの対策方法は、高校英語を少しずつ覚えることです。

高校レベルの英文法と語彙を覚えることで、リスニングやリーディングの地力が付きます。

ここで基礎をしっかりたたき込んでおくと、その後の英語力の伸びが良くなります。

TOEIC700点から800点を取るための勉強時間と対策方法

TOEIC800点はTOEIC中級者から卒業といえるレベルです。

TOEIC800点取得は簡単ではありませんが、しっかりと学習時間を確保して正しい勉強法を実践すれば、誰もが取れるスコアです。

必要な勉強時間

TOEIC700点からTOEIC800点を取るには、250~300時間の勉強が必要です。

TOEIC800点以上のレベルになると、スコアの壁を感じることがあります。

TOEIC800点の壁というと、スコアが700点台後半で行き詰まってしまうといった感じです。

ただし、これも勉強法とスコアアップの戦略がしっかりしていれば問題ありません。

おすすめの対策方法

TOEIC800点を取るためのおすすめの対策方法は、高校英語をマスターするです。

高校英語をマスターすると言っても、高いレベルでマスターするようにします。

大学受験レベルの英語であれば、どの大学でも差し支えなく合格できるレベルです。

その上で、TOEIC用の問題集や参考書を解いていきましょう。

詳しい対策法に関しては、以下の記事で詳しく解説しています。

TOEIC800点から900点を取るための勉強時間と対策方法

TOEIC900点というと、完全に英語上級者のレベルに達します。

ただし、TOEIC900点とはいっても、勉強法などが間違っていなければ誰もが達成できるスコアです。

では、どの程度の勉強時間が必要で、どのような対策をすれば良いでしょうか。

必要な勉強時間

TOEIC800点からTOEIC900点を取得するには、300~350時間の勉強時間が必要です。

他のレベルより必要になる勉強時間は長くなりましたが、勉強の質も当然高くなければいけません。

TOEIC900点がなかなか取れない人は、勉強の質が問題になっていることが多いように感じます。

やみくもに350時間勉強しても、TOEIC900点は取れません。

おすすめの対策方法

TOEIC900点を取るためのおすすめ対策法は、難易度が高めのTOEIC参考書・問題集を解くです。

TOEIC900点を取るには勉強の質が必要と言いましたが、難易度が高めの参考書を解くことで教材の質は担保できます。

さらに、シャドーイングや音読などで声に出す勉強をすることで、勉強法の質も向上します。

以下の記事で、TOEIC900点獲得におすすめの教材を紹介しているので、参考にしてください。

TOEICで目標スコア達成に必要な勉強時間を短縮する方法

TOEICのスコアアップに必要な勉強時間を上で述べました。

では、勉強時間を短縮するにはどうすれば良いでしょうか。

ここでは以下の5つのアプローチを紹介します。

目標スコア達成に必要な勉強時間を短縮する方法
  1. 学習初期に発音を勉強する
  2. 勉強方法を工夫する
  3. アプリを最大限活用する
  4. TOEICテストの解答力を高める
  5. TOEICオンラインテストを受ける

学習初期に発音を勉強する

一つ目は学習初期での正しい発音の習得です。

発音を学ぶと主に以下の点で勉強の効率が向上します。

  • 音読学習の効率アップ
  • リスニングが聴き取りやすくなる
  • 英単語が覚えやすくなる

発音が良くなることでのメリットはまだまだありますが、TOEIC学習では特に上記の3点が大きいでしょう。

発音学習には、「英語耳」という参考書がおすすめです。1ヶ月で発音の向上が期待出来ます。

勉強方法を工夫する

勉強方法を工夫して、集中力を長時間維持できるようになると勉強効率が上がります。

その結果、勉強時間が短くてすむようになります。

ここで紹介するのは、「ポモドーロ・テクニック」と呼ばれる勉強法です。

やり方は以下の通りです。

ポモドーロ・テクニックのやり方
  1. 25分勉強する(タイマーで時間を計る)
  2. 5分休む(ここもタイマーで時間を計る)
  3. 1に戻る

ポモドーロ・テクニックを活用すると、集中が継続するようになります。

スキマ時間の学習や、模試を一気に解くようなときには使えませんが、普段の学習にはポモドーロ・テクニックを積極的に取り入れてみましょう。

アプリを最大限活用する

TOEIC対策アプリの活用は、TOEICの勉強効率を上げるのに非常におすすめです。

アプリは後述するスキマ時間での勉強に向いているためです。

TOEIC対策アプリは数多くあるので選ぶのが大変という人は以下のリンクが参考になるはずです。

デメリットは有料のアプリが多いことですが、参考書などで勉強するときにもお金はかかりますよね。

必要経費を惜しまないのも勉強効率を上げるコツです。

TOEICテストの解答力を高める

TOEICテストの解答力を高めると、実際の英語力以上のスコアを出すことができます。

実際の実力以上のスコアが出れば、勉強時間は短縮することができますよね。

TOEICテストの解答力を高めるには、テストの解答方法や解き方のコツを身に付ける必要があります。

TOEIC全力特急」は、旧形式の参考書ではありますが、TOEICの理想的な解答方法を解説している参考書として有益です。

著:濱崎潤之輔, 著:キム・デギュン
¥979 (2024/05/22 10:45時点 | Amazon調べ)

TOEICオンラインテストを受ける

  • TOEICの本試験を受けるタイミングがない
  • TOEIC本試験では緊張して実力が出ない

という人にはTOEICのオンラインテストを受けるのもおすすめです。

実は僕も、TOEIC本試験では緊張しすぎて実力が出せないタイプでした。

そこで、当時所属していた「」でTOEICオンラインテストを受けて、TOEIC930点を取ることができました。

TOEICオンラインテストに関しては、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

時間がない人がTOEICの勉強時間を確保する方法

忙しくても勉強時間を確保する方法を4つ提案していきます。

TOEICを受けるのは、

  • 大学生
  • 社会人

が多いと思います。

大学生も社会人も時間はないかもしれませんが、特に社会人は忙しくて勉強時間がない人が多いと思います。

忙しい人は必見です。

時間がない人がTOEICの勉強時間を確保する方法
  • TOEIC学習をルーティン化する
  • スキマ時間を活用する
  • 朝の時間を活用する
  • 夜は単語を暗記する

TOEIC学習をルーティン化する

TOEIC学習の勉強時間を確保する1番のコツは学習のルーティン化です。

TOEIC学習を日常生活に組み込もう

毎朝顔を洗うように、TOEIC学習を日常に組み込むのです。

そうすると、時間があるないに関わらず勉強が自動化するので、苦労することなく勉強時間が確保できます。

例を挙げると、朝起きたらすぐに前日の復習をするなどです。

ルーティン化するまでに時間は掛かるかもしれませんが、確実に勉強時間を増やすことができます。

スキマ時間を活用する

スキマ時間を活用すると、勉強時間は自然と増えます。

スキマ時間とは、

  • 通勤通学時間
  • 昼休みの時間

などの、細かい時間のことです。

ちりも積もればで、スキマ時間をTOEIC学習に当てれば、1日1時間程度の勉強時間が確保できるはずです。

スキマ時間には、音声を使った勉強が適しています。

リスニング学習や単語帳の音声を聞くなどです。

上手くスキマ時間を活用して、勉強時間を確保しましょう。

朝の時間を活用する

朝はTOEIC学習に1番向いている時間帯と言えます。

早起きしてしまえば、雑音は聞こえませんし、確実にTOEIC学習ができるからです。

いつもは6時に起きているところを、起床を5時半にするだけで30分の勉強時間がうまれますよね。

朝は疲労感もありませんし、集中して勉強できるのもポイントです。

ただし、朝4時に起きて学習を開始するなどはおすすめできません。

適度な睡眠時間を確保しないと、睡眠不足で学習が捗らないからです。

急に早朝学習をするのは危険

夜は単語を暗記する

夜、眠る30分前に単語を覚えるのは理にかなっています

寝る前に複雑なことをすると、脳が覚醒してしまって睡眠の質が悪くなるからです。

単語暗記はやることがシンプルなので、睡眠の質に影響しません。

また、脳は寝ている間にその日の記憶を強化するので、寝る直前に単語を覚えると、勉強効率が上がります。

夜は、眠る準備を早くすませてしまって、単語を暗記しましょう。

工夫すればTOEICのスコアアップに必要な勉強時間は操れる

ここまでの内容を簡単にまとめると以下のようになります。

この記事のまとめ
  • TOEICのスコアを100点上げるには200~300時間の勉強が必要
  • TOEICの勉強時間は工夫次第で短縮できる
  • TOEIC学習時間の確保にはルーティン化がベスト

TOEICのスコアアップには短くない勉強時間が必要になります。

ただし、上手く勉強すれば勉強時間は短縮できます。

効率化して勉強時間を短くし、TOEICスコアアップを狙いましょう。

TOEICの目標スコア達成に必要な勉強時間と短縮する方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次