本当におすすめできるTOEICリスニング参考書12選

toeic

TOEICのリスニングパートはやっかいなものです。継続して勉強しないことにはなかなかスコアは上がりません。加えて参考書の選び方によっては、遠回りをしてしまって参考書をこなしているのにスコアが上がらないということもあり得ます。

この記事ではTOEICリスニング参考書の中でもおすすめのものを7つに絞って紹介したいと思います。どれもTOEICに有効なリスニング参考書ばかりですので、リスニングパートで伸び悩んでいる人は必見です。

記事内広告



本当におすすめできるTOEICリスニング全般参考書

1.英語耳

タイトルにもありますが、発音ができるとリスニングができるというのは、リスニングの勉強において鉄則とも言えるルールです。

この英語耳は発音にこだわった参考書で、3ヵ月で英語の発音をマスターしてしまうことができる、短期集中型の参考書になっています。1日30分の勉強で成果が出るようになっているので、毎日コツコツ勉強しましょう。

発音が苦手な人はまずこの参考書から始めるべきです。

2.CD2枚付 シャドーイングで学ぶ TOEIC TEST 860突破ボキャブラリー

CD2枚付 シャドーイングで学ぶ TOEIC TEST 860突破ボキャブラリーは本来リスニングの参考書ではなく、英単語帳なのですが、リスニング効果が高いのでおすすめリスニング参考書の1冊に入れました。

タイトルにもあるとおり、ひたすらシャドーイングをして英単語力を鍛える参考書なのですが、英単語を覚えていくうちにリスニングの力が付いていくのです。

シャドーイングの方法についても詳しく書いてありますので、シャドーイング初心者にもおすすめの1冊です。ただし出てくる英単語のレベルが高いので、手を出すのはTOEIC700点くらいになってからにしましょう。

3.TOEIC TEST サラリーマン特急 新形式リスニング

新形式TOEICリスニング参考書を攻略するには必須とも言える参考書です。参考書といっても、TOEICリスニングの勉強法について解説した参考書で、他の問題集の解き方が大きく変わってきます。

詳しくは以下のリンクを参考にしてください。

TOEIC参考書おすすめ 新形式リスニングに立ち向かう
TOEICが新形式になってリスニングパート・リーディングパート共に難易度が上がりました。 特にリスニングパートは問題形式がかなり変わったの...

TOEICが新形式になってリスニングスコアが落ちた人は必見の内容になっています。リスニングの勉強法に迷っている人にもおすすめです。

4.(MP3音声 無料DLつき)TOEIC(R)テスト リスニング プラチナ講義

TOEIC(R)テスト リスニング プラチナ講義は、TOEICリスニングの全てのPARTに共通する、つまづきやすい点を詳しく解説してくれる参考書です。また問題の典型パターンについても詳しく紹介しているので、この参考書一冊で、TOEIC初心者~中級者はリスニングスコアが大きく上がるはずです。この参考書のより詳しい内容については以下のリンクを参考にしてください。

TOEICリスニング参考書おすすめ|全レベルで使える
TOEICリスニング参考書の中でも、初心者から上級者まで幅広い層がスコアアップを目指せる参考書を紹介したいと思います。 TOEICリスニン...

本当におすすめできるTOEICPART1.2参考書

5.TOEICテスト最強攻略PART1&2[MP3音声付]

TOEICテスト最強攻略PART1&2はTOEICのPART1.2を完全攻略する参考書です。

この参考書のおすすめポイントはそのボリュームと、内容の濃さにあります。

この参考書をマスターするには数ヶ月必要なほどの演習量が含まれているので、ボリューム満点です。

また内容も音読を中心とした、様々な音声を使ったトレーニングをするので負荷が高いです。しかし、この参考書をこなしてしまえば、PART1とPART2に関してはほぼ無敵とも言えるリスニング力がつきます。またスピーキング力が副産物として付くので、実際に使える英語を求めている人にもおすすめです。

6.TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 2 & 1

TOEICの参考書として有名な究極のゼミシリーズのPART1.2版です。
この参考書の良いところは、問題数の多さと解説のわかりやすさです。

まず問題数ですが、PART2をメインにほとんど全ての問題パターンを網羅しているのではないかという位の量があります。この参考書を全て解いてしまえば、初見の問題というのはほとんどなくなるのではないかと思います。

また、解説はゼミ形式になっているので、つまづきやすいところをゼミの生徒が先生に質問して、それを先生が答えるという形になっています。

PART1.2を攻略する、初めの一冊に最適です。

7.TOEIC L&R TEST パート1・2特急 難化対策ドリル

こちらもTOEICの参考書シリーズとして有名な特急シリーズの一冊です。

こちらの参考書も、文庫本サイズながら問題数は非常に多く、中には難しめの問題もそろっています。

TOEIC初心者が一冊目に使うには少し難易度が高いですが、上で紹介した最強攻略や究極のゼミを終えてから使うと実に効果的です。

リスニングPARTで高得点を目指す人は必携の一冊です。

本当におすすめできるPART3.4参考書

8.音声DL付 TOEIC(R)テスト Part 3 & 4 鬼の変速リスニング

こちらはPART3.4形式の問題を様々な形で解いていく参考書です。

この参考書の特徴は音声の速さが異なる素材を聴いて、速いリスニングに耐えられる耳を作ることにあります。

またリスニングの問題を解いた後には、音読トレーニングのコーナーがあり、そこでも速度の違う音声を使ってオーバーラッピングやシャドーイングを行っていきます。

解説の音声の中で、発音のポイントなどに触れているのも面白いところです。また音声の解説が関西弁の面白いトークなので、勉強の間にささやかな笑いを誘ってくれるところも個人的には気に入っています笑。

レベルとしては初心者から十分に使えますので、発音の勉強が終わったらこの参考書に手を出すと良いでしょう。地力がつきます。

9.TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミ Part 3 & 4

究極のゼミシリーズのPART3.4対策の一冊です。PART1.2の一冊と同じように、問題数・解説のわかりやすさは群を抜きます。

また、仕上げの模試演習も付いていますので、文句なしに使える一冊です。

PART3.4対策の一冊目として、十分に使えます。

10.TOEIC L&R TEST パート3・4特急 実力養成ドリル

TOEICのPART3.4対策の参考書としては難易度が高めの一冊です。初めてTOEICに挑む人がこの参考書に取りかかるには少し難しいと思います。

ですが、究極のゼミなどを終えてからこの参考書を解くと、高地トレーニングとして実に効果的です。

TOEICリスニングPARTで400点以上の人がより高みを目指す為に使うべき一冊です。

本当におすすめできるTOEICリスニング模試問題集

11.TOEIC(R)テスト 新形式精選模試 リスニング

上で紹介した、各PARTの参考書をある程度終えたら、模試問題集に挑戦しましょう。

この参考書は公式問題集よりやや難易度が高いので、ある程度実力がついてから使うのに向いています。

問題数が全部で500問もあるので、全て解けるようになれば、かなりの実力が付きます。

公式問題集が終わってから、リスニングをさらに強化したい人におすすめです。

12.TOEIC L&Rテスト でる模試 リスニング700問

TOEICリスニング参考書の最終兵器のような存在の参考書です。

通常よりかなり速いスピードで音声が流れ、問題も凝ったものが揃っています。この参考書に手を出すのは、TOEIC800点をコンスタントに取れるようになってからにしましょう。

ある程度のリスニング基礎力がないと、消化不良に終わってしまう可能性が高いです。

TOEIC900点以上を目指す人が仕上げに使うべき参考書です。

終わりに

ここまで12冊のTOEICリスニング参考書のおすすめを紹介してきました。参考書のレベルは様々なのですが、どの参考書を使ってもスコアアップは間違いないと断言できます。

自分のレベルや、弱点に合わせて上記の参考書を選び、リスニングPARTでハイスコアを狙いましょう。

Amazon Unlimited

シェアする

フォローする