TOEIC参考書おすすめまとめリーディング編【最新版】

english

TOEICリーディングの参考書で迷っている人は多いのではないでしょうか。TOEICのリーディングスコアはただ機械的に問題を解いているだけではスコアが上がらないからです。機械的に解いていて、リーディングスピードが速くなってもリーディングの正確さが損なわれている可能性があります。そこで、ここでは英文の正確な読み方をするための参考書と、問題の傾向を把握する参考書、最後に上級者向けの参考書を紹介したいと思います。

記事内広告



TOEICリーディング参考書レベル別&目的別おすすめ

TOEICリーディング初心者用参考書おすすめ

TOEIC初心者はまず英語が読めるようにならなければなりません。またTOEIC中級者でも読み間違えが多い人はかなり多いと思われます。
まずは次の参考書を使って英語の正しい読み方を学びましょう。

この本は大学受験用の参考書ですが、英文の基本的な読み方について学ぶ本として定評があり、僕も大学受験のときにはお世話になりました。
主語・述語の発見から、分詞構文の訳し方まで本当に詳しく書いてあります。受験生の疑問に先生が答えるスタイルの参考書になっているのですが、受験生の疑問がズバリ英文解釈のポイントにピンポイントで合っているので、この参考書さえ読めば英文解釈のコツやポイントはマスターできるようになっています。

TOEICでは英語を日本語に訳さずに理解していく力が必要になりますが、まず英文が読めないというレベルの人ははこの参考書から始めると後の英語力の伸び方が違います。
ぜひ参考にしてみてください。

TOEIC中級者用のリーディング参考書おすすめ

PART7というと、長文問題が延々と続くので、長文が得意でない人はTOEICリーディングPARTの中で特にここを苦手とする人も多いです。そこで提案したいのが、まずは正答率を上げるということです。TOEICの点数は正答数の数で決まります。速く読むことに重点を奥前に、まずは正解することを目標にしましょう。その時に使えるのがこの参考書です。

究極のゼミシリーズの1冊です。
この参考書は本当によく出来ていて、ボリュームも満点ですし、解説もわかりやすく素晴らしい内容になっています。よく、PART7は1問を一分で解くのが理想だ、と言われていますが、最初のうちは一分半かかっても良いので、できる限り考えて問題を解くようにしましょう。それでも、わからないときはこの参考書の解説を読んで、なぜ正解なのか、どうして不正解なのかを理解してください。この正解を導く思考のプロセスがTOEICでは大切になってきます。

PART7は難しい問題もありますが、ほとんどが標準的な問題です。標準的な問題をどれだけミスなく解けるかが、PART7で高得点を狙うカギです。この参考書には問題の難しさや正答率なども書いてありますので、それも参考にしながら進めていきましょう。そして、ある程度正解の根拠をつかむコツがわかってきたら、速く読むことを心がけてみましょう。ポイントはその際に問題の正答率を落とさないことです。

この参考書の勉強法は以下のリンクを参考にしてください。

TOEIC参考書おすすめ 究極のゼミPart 7リーディングの効率的な勉強法
TOEICリーディング参考書の中でも評判の高い究極のゼミPART7を紐解いていきます。 非常に使いやすい参考書なので、ぜひ参考にして試して...



スポンサーリンク

TOEICのリーディングスピードを高める参考書おすすめ

TOEICである程度以上の高得点を狙うにはリーディングスピードを上げることが必要になってきます。その時に有効な参考書がこちらです。

TOEICの参考書で有名な朝日新聞出版から出ている読解特急シリーズの最新版です。読解特急にしては難易度は高いほうです。この参考書の有効な使い方は、まずは時間を計りながら問題を解いて、復習します。この次が大事なのですが、自分が頭の中で理解できる限界のスピードで英文を読むトレーニングをするのです。これをしないとリーディングスピードはいくら経っても中級者レベルで止まってしまいます。頭から読んで頭から訳すのをハイスピードで行う練習を行うのに最適な参考書です。

TOEIC900越えを狙う上級者用のリーディング参考書おすすめ

TOEIC900点を狙うにはリーディングPARTで450点近い点数が欲しいところです。そこで難易度は高いですが次の参考書をおすすめします。

この本は僕がTOEIC対策の一番最後に解いた本で、実はまだ解ききっていません。それほどボリュームがあり消化するのに時間が掛かります。また、出てくる単語や文章も難しくて長くPART5の文章すら読むのに苦労してしまうほどです。基本的な方針はリーディングを7つの面から見て解くということで、普通のTOEICには出てこないような負荷の高い問題も出題されます。しかし、僕の場合はこの参考書の最初の3章を解いたところで一気にリーディングPARTの自信が付き、旧式の公式問題集ではリーディングで満点が取れたこともありました。速読+精速読を学ぶ本としてとても良い本ですので、ぜひ参考にしてみてください。


スポンサーリンク

TOEICリーディングが一気に得意に!

この記事に書いてある参考書を一通りこなせば、TOEICリーディングでは敵なしの状態になります。難しい参考書も入っていますが、ぜひやり通してみてください。一気にリーディングが得意になるはずです。

Amazon Unlimited

シェアする

フォローする