TOEICの勉強において英単語の勉強は非常に重要な位置を占めています。
英単語の力がなければ、どんな人でも英文を解釈することは不可能ですし、ましてリスニングを理解することもできないからです。

そして英単語の勉強には単語帳が最も便利です。
そこで今回は、TOEIC(R) L&Rテスト本番そのままプラチナボキャブラリーという単語帳を紹介します。
この記事を読めば、TOEIC(R) L&Rテスト本番そのままプラチナボキャブラリーが非常に優れている単語帳だということがわかるはずです。

TOEICL&Rテスト本番そのままプラチナボキャブラリー

対象レベル

TOEIC500点からTOEIC900点でボキャブラリーを鍛えたい人まで。

TOEIC(R)L&Rテスト本番そのままプラチナボキャブラリーの正しい勉強法

本書の正しい勉強法については実際に書籍のほうにも書いてありますが、こちらでも紹介したいと思います。

スコアが500点未満の人はまずはPART1.2.5などの短文から学習をスタートしましょう。
もしスコアが300点程度だったら、基礎単語から勉強した方良いです。
以下のリンクを参照して、基礎単語から身に付けていきましょう

TOEIC勉強法初心者|基礎英単語を確実に身につける勉強法

スコアが500点~700点の人には、リッスン&リピートという勉強法がおすすめです。

リッスン&リピートは一度聞いた英文を、自分の声で発音し直すトレーニングです。
これを行えば、発音する力が身に付き、英単語の定着度も上がります。
また英語の記憶力=リテンション力も上がるので、リスニングPARTスコアアップの近道になります。

スコアが700点以上の人にはシャドーイングがおすすめです。
特にPART3.4.6.7を使って長文のシャドーイングをすると、英語を理解するスピードが上がり、リスニング力が大きく向上します。

また音読筆写というトレーニングも本書では勧められています。
詳しくは本書を参照していただきたいのですが、英単語の勉強法としてはベストと言える勉強法です。

またTOEIC(R)L&Rテスト本番そのままプラチナボキャブラリーはアプリ「abceed analytics」に対応しています。
合わせて勉強すると、スマホを使ってすき間時間に勉強できるようになるので、非常に便利です。

TOEIC対策支援アプリ:abceed analytics
開発元:Globee.Inc
無料
posted withアプリーチ

TOEIC(R)L&Rテスト本番そのままプラチナボキャブラリーがおすすめできる8つの理由

1.TOEIC満点講師である濱崎潤之輔氏執筆の英単語帳

TOEICの参考書を選ぶ際に重要な点として、著者がTOEICを受け続けているか、ということがあります

本書はTOEIC満点連発講師である濱崎潤之輔氏が執筆したTOEIC単語帳です。
濱崎潤之輔氏はTOEICをずっと受け続けていて、TOEIC講師の中でもトップレベルの知識を誇ります。
当然、その単語帳は完成度が高くなります。

2.350000語のデータベースから抽出した頻出単語を掲載

実に35万語のデータベースから見出し語1444語を抽出して作られた単語帳がTOEICL&Rテスト本番そのままプラチナボキャブラリーです。
見出し語はTOEICに頻出する単語で占められていますので、スコアアップに直結します。

3.派生語などを含むと3000語超のボリューム

見出し語は1444語ですが、派生語を含むと3000語を超える単語帳になっています。
3000語を覚えるのは大変ですが、覚えてしまえば実に心強い武器になります。

TOEICではパラフレーズといって同じ意味の英単語を言い換えて表現することがよくあります。
そういうときに同義語などの派生後を覚えていると、テストで応用がきいてスコアアップにつながるのです。

4.幅広いスコアに対応している

本書は、TOEIC初心者から900点取得者まで幅広いスコアレンジに対応しています。

特に初心者には「プラチナ必須基本単語」というコーナーがありますので、そこで基本単語の確認ができます。

5.PART別でTOEICにそのまま出てくる形式の例文

TOEICL&Rテスト本番そのままプラチナボキャブラリーはPART別に単語を覚える形式になっています。
具体的にいうと、PART1の章だとTOEICのPART1と同じように写真描写問題の形式で例文があります。
PART2の章だと、応答問題の形式で例文がありますので、音声を聞いて勉強すれば、リスニング力も上がります。
また、PARTごとの設問形式がわかりますので、TOEIC初心者はTOEICの形式もわかるようになっています。

6.上級者に嬉しいプラチナ難単語が載っている

TOEIC900点を超える英単語帳というのはあまりありませんが、本書には「プラチナ難単語」というコーナーがあり、そこでTOEIC900オーバーレベルの英単語を学べます。
もちろんプラチナ難単語にも例文が付いていて、音声ダウンロードもできますので、難しい英単語でも非常に覚えやすいです。

 

7.英単語の勉強法がかなり詳しく説明してある

本書の最初の11ページは英単語の学習方法について書いてあります。
基本的なことも書いてありますが、英語初心者だと案外知らないのではないかと思われる内容も含まれています。

また、本書オリジナルの英語勉強の考え方なども書いてありますので、一見の価値があります。

8.様々な無料ダウンロード特典

最近の英単語帳には音声ダウンロードが付いていることがよくありますが、この単語帳も音声ダウンロードつきです。
また、「プラチナ力試し問題」というものもダウンロードできますので、英単語がしっかり身に付いているかどうか確認することができます。

プラチナ力試し問題は3セット426問ありますので、一通り書籍での勉強が済んだら復習を兼ねて使うのにもってこいです。

TOEIC(R)L&Rテスト本番そのままプラチナボキャブラリーのレビュー

ここからは、僕自身のTOEIC(R)L&Rテスト本番そのままプラチナボキャブラリーに対する感想を述べたいと思います。

TOEIC(R)L&Rテスト本番そのままプラチナボキャブラリーは非常に優れた英単語帳であることは間違いありません。

まず、単語の意味がつかみやすい例文を採用しているので、語義が非常に覚えやすくなっています。
TOEIC用の英単語帳で、ここまで優れた例文がついている単語帳はあまり見たことがないです。

そして個人的に良かったと思う点は、サイズが比較的コンパクトで持ち運びがしやすい点です。

TOEICの勉強はすき間時間に行うのが鉄則です。
このサイズだと移動時間などに勉強するのに邪魔になりません。

金のフレーズとどちらが優れているか?

では、金のフレーズとTOEIC(R)L&Rテスト本番そのままプラチナボキャブラリーがどちらが優れているでしょうか?
金のフレーズは言わずと知れたTOEIC英単語帳の鉄板です。

個人的な見解になりますが、語彙が身に付くスピードという点に関しては金のフレーズが優れていて、
最終的な到達点はTOEIC(R)L&Rテスト本番そのままプラチナボキャブラリーが優れていると思います。

つまり、勉強期間が短いなどの制約がある場合は金のフレーズの方がマスターしやすく、
勉強時間は用意できるという場合はTOEIC(R)L&Rテスト本番そのままプラチナボキャブラリーを選ぶと良いと思います。

これは、英単語帳としての収録語彙数の差が大きいことと、金のフレーズの方が例文の定着度が高いと思われることから判断しました。

ただ、実際問題として勉強時間は限られていることが大半だと思いますので、金のフレーズの方が扱いやすいことが多いのではないでしょうか。

しかしどちらもとても優れた英単語帳であることは確かです。

終わりに

ここまでTOEICL&Rテスト本番そのままプラチナボキャブラリーを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。
このTOEICL&Rテスト本番そのままプラチナボキャブラリーは通常の単語帳以上に実戦的な単語帳で、TOEICに即しているのが最大の特徴です。
また、単語が覚えやすいように工夫もしてあるので、勉強効率も非常に良いです。
非常におすすめできる単語帳ですので、もしTOEIC英単語帳で悩んでいたら選択肢に加えるべきだと思います。